FC2ブログ

クルマのある風景(660)= フレンチブルーミーティング 2019

 2019-10-08
フレンチブルーミーティングは今年も車山で行われた。

660-01.jpg


660-02.jpg


660-03.jpg


660-04.jpg


660-05.jpg


660-06.jpg


660-07.jpg


660-08.jpg


660-09.jpg


660-10.jpg


660-11.jpg


660-12.jpg


660-13.jpg


660-14.jpg


660-15.jpg


660-16.jpg


660-17.jpg
渋滞なしで会場に着けるルート。塩尻峠ー和田トンネルに抜ける道の途中から一気に霧ケ峰に抜けられる。ただし狭く急坂でもあるので低い車や大きな車はムリ。おすすめはしません。古いナビには載っている県道194号です。

660-18.jpg


660-20.jpg
シトロエン100周年の記念にあたり限定で記念モデルが作られた。もう全部売り切れかなー・・・と思っていたら、CARBOXでそのうちの一台を譲ってもらえた。9800円はちょっと高いとも思ったが、ま、今までの付き合いを考えればやはり買っておきたい一台。
スポンサーサイト



カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景 [659]=ダンパー交換

 2019-10-08
パーツが入荷したのでRPにてダンパー交換。

659-01.jpg
朝早くレッドポイントへ。代車のイプシロンと乗り換え。RPの面々は午後からFBMの会場へと移動。イプシロンはイイクルマだった。このままあと10万㎞乗り続けてもいいナと思った。借用中の横浜往復等で1023㎞走行の平均燃費は17・4㎞/L。

659-02.jpg
今度のダンパーは中身だけの交換でビルシュタイン製。赤座さんによれば純正より安いとのこと。

659-03.jpg
リアは機械で計測の結果まだ使えると判断され、取り付け部のインシュレーターとゴムブッシュ部分のみ交換。


659-04.jpg
ダンパーが抜けた原因は、ピストンロッド部分にこんな樹脂が噛みこんでしまったようでシールが切れていた。ダストブーツをタイラップで止めてくれた。

659-05.jpg
FBMへはR19で松本へむかう。木曽福島で朝食。ここは御嶽海の出身地に近くごひいきさんも多い。

659-06.jpg
帰路は麦草峠を越えて八方の湯で一風呂浴びて帰る。清里ー韮崎ー南アルプス市ー若彦トンネルー河口湖ー籠坂峠ーR246横断ー乙女峠ー箱根湯本ー西湘BP-大磯ー藤沢ー横浜と抜けて車山から283㎞。いつもなら12時過ぎるところを10時前には帰還。
パンダ君快調・快適。30万㎞まで乗れるかなー・・・。FBM会場で原さんに会ったときにムルティプラは32万㎞まで走ったと聞いた。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(658) = 朝市とマゴの運動会

 2019-10-02
黒川の朝市と蘇原小学校の運動会

658-01.jpg
開催は隔月になってしまったので次は11月の第三日曜日。この日が今年の最終日。

658-02.jpg
ナオさんの五平餅もちゃんと予約されていた。ベンチャーズのエレキバンドも健在。

658-03.jpg
校庭は広いのに生徒の数は少ない。

658-04.jpg
父兄の見物席にもテントが張られ日陰で座ってみることができる。

658-05.jpg
父兄も参加したボール運び。親子で腰の高さが異なるのでなかなか難しい。

658-06.jpg
集団行動。旗を持って動くのでわかりやすい。

658-07.jpg
紅白リレーはやはり盛り上がる。軍ではなく赤団/白団と呼ばれる。

658-08.jpg
この日の天気予報は午後から雨となっていたが、雲が出て涼しかったし雨は降らなかった。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(657) = 岐阜へ 

 2019-10-02
レッドポイントでダンパー交換

657-01.jpg
岐阜往復の楽しみの一つ、今回の温泉は久しぶりにゼロ地場の入野谷へ。

657-02.jpg
孝行猿伝説の彫り物がある。

657-03.jpg
おなじみレッドポイント。代車はクライスラー・イプシロン。

657ー04
帰りには高山にちょっと寄る。残念ながら朝市は終わっていた。

657ー05
ここは道の駅「うえの村」。御巣鷹の尾根はこの近くにある。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(656) = 大菩薩の湯

 2019-09-08
エアークロス試乗会が終わってから、ちょっと寄り道して大菩薩の湯へ。

656-01
下の方に見える町の灯は塩山か。御坂みちを下りてR411を少し登れば大菩薩の湯に着く。

656-02
ここの湯はギシギシした洗う感触があり汗もすっかり流されて、湯上り後はさっぱりする。畳の休憩所もあり30分ほどウトウトしてから帰る。帰路も同じく御坂から河口湖ーR138-籠坂峠ーR246-大井松田ー大磯ーR1で9時過ぎには帰還。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫