FC2ブログ

クルマのある風景 (752) = シトロエン・ベルランゴ

 2020-06-30
シトロエン・ベルランゴ 
752-01.jpg


752-02.jpg


752-03.jpg


752-04.jpg

整備は3時間程度と聞いて待ってようとも思いましたが、吉田さんからシトロエン・ベルランゴにちょっと乗ってみませんか?という話があり近隣を短時間試乗。1・5リッターのガソリンですがトルクはあるし結構速い。これはATだったが近くMTも入荷するらしい。価格は400万円くらいだから7人乗れる大きな車を欲しい家族に最適。ウチもマゴ達と一緒に乗るにはとってもイイと思う。パンダはあとまだ30万kmを目指すので・・・・。といった状況。グラン・カングーDの6MTも魅力的だが、ベルランゴもいいなー。運転席が高いので狭い道でのすれ違いなどさほど気にならない。また左ハンドルゆえ大きなサイズでも歩行者や路肩の確認が容易。そしてもちろん最大の魅力はLWBによるフラットで快適な乗り心地。これはもうシトロエンに期待する全てが叶います。個人的にはDEの6MTでもっと簡素な仕様でさらに安ければ願ったりかなったりですねー。このクルマ自体は吉田さんの通勤車でもあり、ドラコンの記録では11・6㎞/Lの数字が残っていたから、通常での実用燃費も悪くない。でもDEはもっといいんだろうな・・と期待できます。

スポンサーサイト



カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(751) = 20万km点検

 2020-06-30
CARBOXで20万㎞点検(12か月点検)とT/Mギアボックス、デフオイルの交換をやってもらいました。

751-01.jpg


751-02.jpg
やはり内外共にショルダー部が摩耗することは変わりありません。タイア圧は2・5barいれてますから、真ん中だけ減らないのはちょっと原因が思い当たりません。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

クルマのある風景 (751)=20万㎞点検

 2020-06-30
20万km点検という項目はありませんが、通常の12か月点検の他にT/M・デフ・オイル交換とか、燃料フィルターの交換などをやってもらい、タイアはリアが偏摩耗してショルダー部が内外共に摩耗してきたので、2本をシーズン前に交換したときに外しておいたノーマルのミシュランに替えてもらいました。これで次のシーズンに備えて4本新品にすれば、うまく使い切れます。
751-03.jpg
数字はあとちょっと。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(750) = 肘折ほか山形へ

 2020-06-28
肘折温泉へ行ってきました。
今回は都心を抜けずに、16号から町田ー川越ー古河ー日光ー会津若松ー米沢ー山形へと入りました。東横インに連泊。

750-01.jpg
寒河江ルートはまだ工事は進んでおらず、また戻って新庄側から最上川沿いに入る。


750-02.jpg
山形は今まさにサクランボの季節。

750-03.jpg
コレを見逃すわけにはいきません。

750-04.jpg
やっぱりサクランボは山形ですね。今回ウルシヤマへは寄れず。沢山買ってマゴ達に届けねば・・・でも岐阜はちょっと遠い、今回はゴメン。

750-05.jpg
肘折温泉は今回カルデラの湯に入れた。満足。腕や肩、腰などの痛みはこれですっきり取れます。温泉の効用って不思議。

750-06.jpg
次は酒田へ。うまく兵六玉がみつからず、港の方へいったら食材の市場のようなエリアがあった。で、海鮮丼を食べる。ふたつほど食べてから、あ、写真だ・・・。

750-07.jpg
また最上川を見ながら天童経由そして13号で山形へ。

750-08.jpg
この山と雲の景色がイイ。

750-09.jpg
肘折温泉に入ってもやはり山形にきて蔵王温泉は外せません。山形市内を通過して蔵王へちょっと登り、それから戻る。やはり我々は温泉宿ではなくホテルの方が気遣いなしで休まる。


翌朝5時に早立ちして戻り。サクランボを都内で届けて帰宅。あー疲れた、けれど気分は充実。また温泉に入れば身体はすぐ回復します。若いころなら岐阜まで回って帰れたのに・・・またコンド。岐阜の孫たちになかなか会えないけどゴメン。明日はオイルとタイア交換で予約してあるんだ。

今回は往復で1246kmと思ったほどではなかったが、20万kmにはもう少し。山形は軽油の値段が高く128円ほど。関東は100円ギリ。それでも3日あれば往復できるんだから、また山形へ行ってみたくなります。今年は夏の盛岡行きはありません。50回忌は中止で来年51回忌となります。


カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(749) = 芹の湯へ

 2020-06-24
自粛解除となりやっと芹の湯へ。
749-04.jpg
これは県内のフラワーセンターへ行ったときです。水連や菖蒲がきれいでした。

749-02.jpg
ここは上の村を過ぎて下仁田へと向かう途中にある川の駅です。雨続きで清流は濁っていました。

749-03.jpg
で、やっと夕方になって芹の湯着。久しぶりです。やっぱりここの温泉はイイ。疲れがとれます。
それでもまだ20万kmは超えません。12か月点検の通知もきているし、20万km点検としてデフやギアボックスのオイルを交換してもらおうとCARBOXに予約を入れてます。


カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫