クルマのある風景(566)=梅林散歩

 2018-02-13
小田原のフラワーガーデンに行ってきました。

566-01.jpg
ネットで見てそろそろ梅の花が咲いている頃だと・・・ちょっと散歩してきました。

566-02.jpg
咲き初めていました。

566-03.jpg
庭園の中には小さな滝もあって渓流が作られています。梅の一本一本に名前が付いていて種類はたくさんあるんですね。

566-04.jpg
この梅林は山の斜面を利用して作られていて、その奥にはこんな長い滑り台がありました。ローラースライダーということでパイプが回ります。お尻の下に敷くボードも用意されてます。

566-05.jpg
全長169mとかなり長い。スピードも出るので前のヒトと間隔をとらないと・・・追突しないように注意。
今度はマゴを連れて来てやろう。広大で傾斜もあるので、我々シニアにとってはフーフー息が切れるほどの運動になる。木道の空中歩道からは大井松田の町並みが眼下に広がる。丹沢の山並みも見えます。駐車場はアチコチにあり無料。


スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(565)=道志の湯

 2018-02-12
雪道のドライヴが嫌いなわけではないんですが、ブログ更新が滞っていることもあり、岐阜まで行かず道志で間に合わせている日々です。
565-01.jpg
道志周辺も雪景色です。

565-02.jpg
道志みちの途中にはこんなシャーベットやアイスバーンの箇所あり。チェーンを巻くほどの状況でなくとも4WDは頼もしい。

565-03.jpg
宮が瀬ダムの貯水量は十分。

565-04.jpg
中華街へ。関帝廟も春節で賑わっている。

565-05.jpg
この日は万来亭でランチをたべる。

565-06.jpg
道志みちの途中では路肩でみかんを買って水分補給。

565-07.jpg
今月、道志の湯へは3往復。1度目は工事で臨時休業、やむなしUターン。3度目は2度目に行った翌々日に忘れ物をとりに・・・。片道2時間のみちのりは退屈しのぎの適度なドライブとなる。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(564)=ワイパーブレード交換

 2018-01-17
京都の帰り、雪道でワイパーの拭き残り箇所が発生。

564-01.jpg

564-02.jpg

取り付け中央部が切れていた。凍結防止の袋タイプなので高価なのかなー・・と思ったらフィアット純正は意外と安かった。左右セットでCBでは3000円にしてくれた。コレはフィアット500用でパンダ専用より少し短い。切れた箇所を見ても想像できるがブレードそのものが大きく重いので取り付け中央部に力が集中するようだ。今までの経験では動きの速い先端がやられる例が多いところから見て、やはり慣性重量は軽いほうが有利と考え、パンダ用より若干短いチンクエチェント用にしてみた。払拭面積は少なくなるものの実用上問題ない。やはり軽いことはイイことだ。
このワイパーブレードは新車購入時からのもので、まったく交換していない(!)。実に3年以上、距離にして12万8000kmもったということは最長記録。今までは毎年交換するのが常だった。実はバッテリーも新車時のままでまだ一度も交換しておりません。いつまで持つか心配しつつ見守っています。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(563)=京都へ

 2018-01-10
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
新年の初ドライヴは京都へ。

563-01.jpg
タイアが新しくなり静かで乗り心地がよくなった。ミシュランはトレッド面のゴムの厚みがあり剛性感と接地感は上々。

563-02.jpg
久しぶりの夜間走行です。もちろん下道で東海道1号線を走る。ここは横浜を発って最初に止まった道の駅・掛川。トイレ休憩だけですぐ復帰する。

563-03.jpg
次は四日市の関宿で休もうと思っていたがうまく見つからず、R25の「針」までのつもりが、古いガルミン・ナビに入れていた大山崎へのガイドで伊賀の信楽を抜け宇治着。コンビニでコーヒー。そこでウトウトしようとしたが眠れず天王山の入り口まで来てしまった。せまい山道の連続は眠気を寄せ付けない。ドラコン数字は平均速度60km/hに近い。

563-04.jpg
信長が本能寺で自刃したのち、光秀と秀吉が戦ったのがこの天王山。天下分け目の峠道は結構きつかった。

563-05.jpg
ここにサントリーの山荘美術館がある。ちょっと歩いて見てみたかった場所で、ここが今回の目的地。

563-06.jpg
池も庭も一見の価値あり。

563-07.jpg
この方角が京都の町なのだろうか?。サクラが咲くのを見たら帰ります・・・といって出た長女はそのまま住みついてしまい、十何年たっても帰ってこない、で、ココが今回の現地集合の場所。ま、我々はそのたびにいろいろ違った京都を見ることができます。

563-08.jpg
参道の途中に賽積寺という寺があり、ココに数奇な運命を辿った末に安置されている閻魔大王の像があります。これも必見。とても怖い顔をしていますが、私は悪いことしてませんからまったく怖くありません。

563-09.jpg
京都市内の繁華な場所に引っ越した今度のマンションまで送って、この日は京都に宿がとれず大津の東横インに泊まり、次の日は彦根ー関が原ー岐阜へと抜ける。ここは彦根城を正面にみる古い町並み。

今回はあまり写真撮る機会ありませんでした。、岐阜から郡上に向かい美並の温泉に入って、各務原のレッドポイントで年賀の挨拶をして白川町へマゴの顔を見に寄る。翌日は恵那市内へ七日市を見に行く。新学期の朝の通学を見送ってから帰ろうと思ったが、また寒気がきていて雪がふりそうなので1日繰上げ翌朝に戻ることにした。木曽福島で朝食を食べ、権ベイ峠に雪はなく、越えてナガタの湯で温泉につかり、有賀峠を越えて茅野ー白州ー南アルプス市ー精進湖ー富士吉田ー籠坂峠ー御殿場ー藤沢とつつがなく通過して、自宅には8時に帰還しました。青木が原樹海付近ではちょっと吹雪いていましたが路面に積雪はなく淡々と帰ってきました。今回の京都往復は5日で1128km。燃費は混雑した京都前後では14km/L台まで落ちましたが、平均すると20・5km/Lとなり購入以来の12万8000kmの総平均は21・5km/Lを維持しています。京都往復で燃料代が6000円ちょっとというのはやはりDEのメリットですね。


カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(2)

クルマのある風景(562)=年越し

 2018-01-09
大晦日は除夜の鐘の代わりに、横浜港に寄港している船の汽笛を聞いてきました。

562-01.jpg
まず中華街へ行って、温かい中華饅頭を買って・・・。
562-02.jpg
元町のネオンを見て・・・。
562-03.jpg
中華街には人通りもまだありましたが。元町はまったく人気なし。
562-04.jpg
フランス坂を上って港の見える丘公園へ。ブルーにライトアップされているベイブリッジは、12時になった途端真っ暗に・・・。

562-05.jpg
マリンタワー周辺や山下公園辺りは明るいまま。船の汽笛は期待したほどの音量はなく、2度聞こえたものの雰囲気だけ。

562-06.jpg
フライス盤は配線を繋いで、一応作動確認だけ済ませた。PCキーボードの矢印でXYZ3軸の動きを確認。
特に問題なさそう。モーターは15分のナラシを要求する。お楽しみはもう少し先に・・・。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫