クルマのある風景(498)=孫娘の誕生日

 2017-02-28
孫娘は6歳になった。あの震災時都内に住んでおり満足に水の供給もえられず、子育てに不安を覚えた娘は旦那の故郷へ避難してしまった。以来マゴの顔を見られなくなった我々は足しげく岐阜通いを続けている。

498-01.jpg
プレゼントやケーキを一緒に買いに行ったりする、そんな日常が楽しい。ローソクの火を消す口先が可愛いい。この瞬間に歳がひとつ加わったことを自覚するのだ。これに立ち会うため岐阜を往復する価値はある。

498-02.jpg
このワイパーブレードは10万キロ/3年もった。たいしたもんだ。

498-03.jpg
帰路はまた二本木温泉に寄る。今回は10時頃と早い時間なので一番かと思ったらさらに早いヒトもいた。

498-04.jpg
この日は曇っており河口湖大橋から富士山は見えず。

498-05.jpg
帰宅してもまだ距離計は6桁に達せず。今回の横浜ー岐阜の往復は730kmと最短。燃費は給油所までの多少前後の距離も含まれるが24・6km/Lと優秀。購入以来の全平均燃費では21・6km/Lとなる。


スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(497)=10万km

 2017-02-24
各務原のレッドポイントで10万km点検整備をやってもらう。

497-01.jpg
今回はブレーキ関連の整備が主。

497-02.jpg
フロントのディスクローターは新品に交換。前回6万km時点で赤座さんが研磨してくれた。減りは綺麗に進行しているが、もう2度目の研磨はムリ。

497-03.jpg
アレから4万キロ走行している。もう少しはこのまま走れると思うが、次の10万キロを考えるとメンテのスケジュールとして適切。大きなほうが前輪。小さなほうが後輪用。リアは事実上の限界。

497-04.jpg
そして赤座さんから言われて心配していたダイナモベルトも交換。RPのほかのユーザー例からの情報で一緒にパーツを確保してもらっておいた。バルブ開閉の方は金属ベルトになっているが、ダイナモベルトは歯付の樹脂ベルトで、従来のようなクラックは入らず溝の奥が磨耗する傾向にあるらしい。テンショナーが自動で張ってしまうので、磨耗が進行すると一気に切れてしまうかもしれない、それが外観からは判断できない・・・ということで、10万キロで交換してもらった。これで安心。

497-05.jpg
レッドポイントではアバルト124スパイダーのオリジナルチューン仕様を開発中。楽しみ。

497-06.jpg
今回の帰路は清内路峠を越えて昼神温泉に寄る。峠の茶屋はまだこんなに雪があって閉店。

497-07.jpg
グリーンファームにも寄る。この店は何度来てもヘンな店だと思う。

今月は月末に3度目の岐阜行きを予定している。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(496)=味噌造り

 2017-02-24
季節の風物詩・味噌造り。

496-01.jpg
味噌造りが始まるというので岐阜へ。庭先にしつらえた鉄釜に薪をくべて燃す。薪の火力は絶大。ガスの比ではないという。背景の田んぼには昨夜の雪が残る早朝からはじめる。

496-02.jpg
時々ふたをずらして泡の吹き零れるのを防ぎ温度調整。豆の煮えたイイ香りがしてくる。

496-03.jpg
豆の品種や獲れた場所などでも違うが、コレは粒も大きく旨そう。指でつぶれる加減が潮時。

496-04.jpg
電動の粉砕機で細かくする。

496-05.jpg
麹菌と混ぜる行程。この辺の温度管理や混ぜ具合などは経験者の領域。

496-06.jpg
コチラは昨年作ったもので味見を兼ねて攪拌の後エアー抜きをきちんとやってまた冷暗所で寝かせる。
新種の麹を試した試作品の成果は上々。試食してみる。

門外漢というか野次馬として見ていてもなかなか面白い。おにぎりにつけて食べた試食もまた美味い。少しもらって帰ろう。
今年もヒト樽造ってもらう予定だが、豆や麹菌などの材料原価でも1万円以上かかるんですよ・・・。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(495)=岐阜へ

 2017-02-11
雪の情報を気にしながら岐阜へ

495-01.jpg
白川町中心部に最近できたカレー屋さん。スリランカから来ている現地スタッフで運営されている。3種のカレーが味わえるしスープやスイーツもついてランチが800円。R41からだと白川町のトンネルを抜けてすぐ左にみえる。

495-02.jpg
この日は二本木の温泉に入って帰る。ツララがすごい。

495-03.jpg
この郵便ポストと馬が目印。グリーンファームに寄る。

495-04.jpg
R20を走っていて、八ヶ岳のふもとをから八つの頂きが数えられないこともある。道の駅蔦木宿の駐車場の看板で山の名前がわかった。手前の山がわかりにくい。

495-05.jpg
韮崎から甲府に至るR20号線から見える富士山がイイ。まさに霊山という感じがする。雪を頂くとさらに高さが強調される。

  ちょっとご無沙汰気味でしたが、PCの具合に問題があり写真が用意できませんでした。パソコン名人の親友にたのんで解決。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(494)=JAIA試乗会

 2017-02-04
新春恒例の輸入車協会(JAIA)試乗会がありました。

494-01.jpg
大磯プリンスホテルの本館は改装中で、試乗会の基地は海岸よりの駐車場が使われた。

494-02.jpg
順番にはこだわらず空いている試乗枠で予約。最初はプジョー2008となった。グリルなど顔のお化粧が変わった。

494-03.jpg
1・2リッター3気筒は滑らかでパワフル。新しいATとの組み合わせに初めて乗った。変速に節度感があってギアポジションを認識しやすいしスリップ感は無い。好感度高い。

494-04.jpg
お馴染みのハンドルの上から見るメーター類は視線の移動が少なく読みやすいし、着座が正しくなるのもイイ。

494-05.jpg
2番目に乗ったのはVWティグアン。このちょうどいいと思わせるサイズ感がいい。

494-06.jpg
ゴルフワゴンともちょっと違って、目線の高さがあって眺めがいい。

494-07.jpg
エンジンは1・4リッター。

494-08.jpg
内外のフィニッシュは上々。

494-09.jpg
3番目はルノー・カングー・ゼン。

494-10.jpg
コレにノートe-Powerの中身をそっくり移植して電気自動車仕様を作ればいいのに・・・。フランスでも受けるのでは。

494-11.jpg
リアシートに子供を乗せたときなどの監視用ミラーが備わる。

494-12.jpg
ルーフラックの白く見える部分は片側を外して横木になるので積荷によっては重宝。

494-13.jpg
この試乗会で楽しみにしていた車。アバルト124スパイダー。

494-14.jpg
シートはアバルト製。

494-15.jpg
エンジンはジュリエッタ用のイタリア製が載る。クルマそのものはご存知のようにマツダが担当するので単体で送られてくる。

494-16.jpg

494-17.jpg
ターボユニットは真上にあってよく見える。ストラットタワーバーは追加されたものかオリジナルなのか不知。

494-18.jpg
5段MTのギアボックスはマツダ製

494-19.jpg
ルーフの脱着は片手でシートに座ったままで可能。操作も軽くオリジナルが良く考案された。

494-20.jpg
ハンドル上端を赤で巻いたり、正面のタコメーターを赤く処理したりするのはイタリアらしい箇所だが・・・・なんとも処理が貧弱。

494-21.jpg

494-22.jpg
大磯周辺だけの短時間試乗ではあったが、期待したほどのものではなかった。アシの設定にアバルトが関わっているとは思えない。楽しみにしていただけに全体としてちょっとがっかり。

494-23.jpg
自分の試乗枠では4台だったが、会場であった伊東さんの隣に乗せてもらったのがポルシェ・ケイマン。エンジンは4気筒ターボになった。

494-24.jpg

494-25.jpg

494-26.jpg
そしてアウディS4にも隣に乗せてもらった。コレ1000万円近くするんですね。

494-27.jpg
コレは番外ながら、ルノー広報佐藤さんがアシに乗ってきたトゥインゴの5MT車。ちょっと乗せてもらいました。コレ、イイナー・・。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫