FC2ブログ

クルマのある風景(642)=ブレーキは強く・短く

 2019-06-11
AT車のA・Bペダル踏み間違え事故が増えている。
ブレーキの踏み方の原則は「強く」「短く」だ。
事故の多くはBと思い込んでいてAを踏みっぱなしにしている。離せないのだ。

頭の中に常時、「強く」「短く」を意識しているとイイ。
反対の「弱く」「長ーく」踏んでいる人をたまに見かける。
「長く」踏んでイイことは無い。ブレーキは熱が発生する。
Bペダルを離した瞬間に、ディスクとパッドの間に空気が流れて冷却される。
長い坂道を下るような時を考えると、「長く」踏んでいるとフェードしてBは効かなくなる。

「短く」踏んですぐ離す。減速力が足りなければ、すかさずまた踏めばイイ。
それを繰り返すことにより必要な減速は確保される。
「強く」というのは強さの程度を問題視するかもしれないが、踏み過ぎと感じたら離せばイイ。
そうして何度も踏むことにより、ブレーキランプも点灯し後続車への注意も促す。
減速Gの発生を時間軸で見ると、最初にGの立ち上がりを早めることが効率的。
右足でブレーキを踏む人も左足で踏む人もそれは同じだ。

そうやって踏むことを習慣化すれば、長く踏む「愚」を自覚する。
同乗者は減速Gを嫌うかもしれない。しかしその都度シートベルトの有難味を自覚する。
習慣化することにより、踏み加減も次第に洗練されてくる。
前を見ながら踏んでいるのだから、必要な時にはGを感じたままさらに踏み増すこともできる。

「ブレーキは強く・短く」これを頭に入れておくとイイ。

スポンサーサイト
カテゴリ :雑記 トラックバック(-) コメント(2)

クルマのある風景(641) = ことりの巣箱作り

 2019-06-05
ウチの孫娘は大工さんになりたいという。
誕生日に少量ながら大工道具をプレゼントした。
で、何か作ってみたい・・・というので小鳥の巣箱を作ることにした。

641-01.jpg
小1の女の子でも教えればできる。ノコギリで木も切るし、ハンマーで釘も打てる。
3cm位の長く細い釘でも曲げずにちゃんと打てるし、ノコギリも断面直角で切断面も滑らか、ウマい!

641-02.jpg
鉛筆で下書きして、キリで穴をあけ、回し引きのノコギリで線に沿ってちゃんと切る。小鳥の出入り口を開ける。
中に一本止まり木をつける。これはパパのアイディア。

641-03.jpg
身の回りにあった端材をつかった。.屋根は竹。直接は固定せず、防水のアクリルを貼って、さらに明り取りのために少し浮かせて固定する。

641-04.jpg
最終的には桜の木の枝にセット。カラスやリスなども来るので、外敵から守るために細い枝が密集する場所を選ぶ。
スズメとか小さな鳥用。気に入ってくれるかなー・・・。この近くにある金木犀の木にはもう何年か前から山鳩が棲みついており、何世代か継続していたが、ある時リスにやられてしまった。でも親鳥は生き残ったようで、また近くまできているようだ。野生の台湾?リスから守ってやる方法を考えねば・・・。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景 (640) = 右折可矢印信号の改善提案

 2019-05-29
最近の右折事故に思う。
悲惨な事故が増えています。何か改善の余地はないか考えてみました。

ヒトに聞いてみた話。
① 警察の人 : ぶつかると判っていて、或いはぶつかると予想できたにも関わらず、交差点に侵入するのは危険運転に相当します。危険運転は信号無視より罪が重い。
②公安委員会の人 ; 右折可青色矢印信号の意味するところは、交差点中心部まで進んで「一旦停止」、前方の安全を確認してからススメ。対向してくる直進車の中には小さな2輪車や遅いクルマもあるから、確実に通過を見届けてからススムこと。
③ 裁判所の人 ; 人は死んでもイイ、信号を守れ、これが法を守らせる立場にいる者の信条である。
④一般ドライバー ; 今の矢印信号は青色矢印に従って、そのまま進んでイイように見える。直進矢印と同じ意味と錯覚する。
〇 私の提案 ; 矢印の根本に赤いLEDを加えて点滅させる。またはシンプルに青色矢印のまま点滅させる。点滅させることにより、「一旦停止」という意味を自覚させ、習慣として安全確認を励行させる。今のままでは意味と信号表記が一致していない。

このような改善提案をしたいと思います。亡くなられた方々のご冥福お祈りします。  
カテゴリ :雑記 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(638)= つちのこフェスタ

 2019-05-08
今年もGWは東白川のつちのこフェスタに行ってきました。30周年になります。

638-01.jpg
つちのこ探索隊の出発。参加パスポートは売り切れ状態。現地へは行かず基地で留守番。

638-02.jpg
新しいアトラクション。おおきなトランポリンといった感じ。

638-03.jpg
あなごの手掴み。この帽子は30周年記念で配られたもの。

638-04.jpg
早めに家を出て、パンダ君は会場内駐車場に無事とめられた。でも帰りの渋滞を考えると道路わきの方がよかったのかなー。

638-05.jpg
ウコッケイは22匹にも増えたので新しい鶏舎をつくり、その周囲の草むらに囲いをつけて遊び場を確保しつつ草の処理も依頼したのだが・・・・。

638-06.jpg
野生の動物はこんな柵など簡単に飛び越えてしまい、宿舎の下からもぐってきて襲ったようだ。帰る日の朝鶏舎から出してやろうと思って行ってみると、羽が散乱していて・・・・全滅!。野生の狐かなにかに襲撃されてしまった。可哀想!。数匹の屍骸は残っていたがほとんど全部持ち帰ったようだ。怒りよりも悲しみが大。

638-07.jpg
今回は行きに二本木の温泉へ。花が綺麗。

638-08.jpg
帰りは御嶽山の麓のやまゆりの湯へ。御嶽山はちょっと噴煙もあがっていた。

638-09.jpg
河口湖から見た富士山。籠坂峠は順調に流れたが、R246は途中から渋滞1時間20分ほどロス。


カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景 (637) = 塩の沢峠

 2019-04-25
冬季閉鎖されていた塩の沢峠が通れるようになったので早速行ってきました。

637-01.jpg
秩父を過ぎて志賀坂峠に向かう道の辺りは桜を初め黄色や赤い花が満開。志賀坂峠はミレミリアのフータ峠を思わせる。

637-02.jpg
もう一匹、恐竜を見つけました。道の下にいて、ふだんは手前の道路脇の木の枝や葉っぱで見えなかったのかもしれない。

637-3.jpg
そして塩の沢峠の入り口。ふだんはトンネルを通ると5分程度で抜けられる。峠道はゆっくり走るから30分はかかる。

637-04.jpg
峠の頂上付近から浅間山方向を望む。塩ノ沢峠の道は正丸峠のような感じで、思ったほど道幅は狭くは無い。すれ違いができないほどの区間もあるが。この辺で標高は1000mあるかな。

637-05.jpg
今まではここから閉鎖されていた。

637-06.jpg
宮室の逆転層も気になっていたものの一つ。駐車場があったのでちょっと行ってみる。下仁田への手前。

637-07.jpg
この橋を渡ってから川原に下りるところに標識あり。マムシに注意と書いてある。

637-08.jpg
地層が逆転した経緯が説明してある。

637-09.jpg
秩父街道は桜が満開。高低差でアチコチどこも満開状態。芹の湯はこの先にあり、このところ毎月行っているような気がする。
往復でざっと400km。朝出て夜に帰る一日ドライブ。まさに老後の楽しみ。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫