FC2ブログ

クルマのある風景 (752) = シトロエン・ベルランゴ

 2020-06-30
シトロエン・ベルランゴ 
752-01.jpg


752-02.jpg


752-03.jpg


752-04.jpg

整備は3時間程度と聞いて待ってようとも思いましたが、吉田さんからシトロエン・ベルランゴにちょっと乗ってみませんか?という話があり近隣を短時間試乗。1・5リッターのガソリンですがトルクはあるし結構速い。これはATだったが近くMTも入荷するらしい。価格は400万円くらいだから7人乗れる大きな車を欲しい家族に最適。ウチもマゴ達と一緒に乗るにはとってもイイと思う。パンダはあとまだ30万kmを目指すので・・・・。といった状況。グラン・カングーDの6MTも魅力的だが、ベルランゴもいいなー。運転席が高いので狭い道でのすれ違いなどさほど気にならない。また左ハンドルゆえ大きなサイズでも歩行者や路肩の確認が容易。そしてもちろん最大の魅力はLWBによるフラットで快適な乗り心地。これはもうシトロエンに期待する全てが叶います。個人的にはDEの6MTでもっと簡素な仕様でさらに安ければ願ったりかなったりですねー。このクルマ自体は吉田さんの通勤車でもあり、ドラコンの記録では11・6㎞/Lの数字が残っていたから、通常での実用燃費も悪くない。でもDEはもっといいんだろうな・・と期待できます。

スポンサーサイト



カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(751) = 20万km点検

 2020-06-30
CARBOXで20万㎞点検(12か月点検)とT/Mギアボックス、デフオイルの交換をやってもらいました。

751-01.jpg


751-02.jpg
やはり内外共にショルダー部が摩耗することは変わりありません。タイア圧は2・5barいれてますから、真ん中だけ減らないのはちょっと原因が思い当たりません。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

クルマのある風景(729)= ジャスミン

 2020-05-27
家の中でのPC作業にけして飽きたわけでもないのですが、そろそろ外に出たいですね。

729-01.jpg


729-02.jpg


729-03.jpg

赤っぽいジャスミンもあります。パンダ君の走行距離は未だ20万kmを超えていません。もう少しなのに・・・。

以前イタリアのスペッロでジャスミンの生垣を紹介しました。当アーカイブ2015年6月をご覧ください。我が家のジャスミンも綺麗に咲き誇り芳しい香りを届けてくれるようになりました。でも、広い公園にでも散歩に行きたい。

 このまま、チンクエチェントと2馬力、エクサンティアの車旅、106のある風景などの中から順繰りに話題を探していけば、いくらでも続けることは可能です。でもみてくださる読者の方々もそろそろ違う展開をお望みなのではないでしょうか?。もう少し待ってください。PCの調子も少し狂ってきているようで遅くなっています。いろいろ状況も変わってきていますが、とりあえず心配していたイタリアの友人知人たちの様子が判り、みんな元気であることがわかりました。ご協力くださったブログ読者の方々有り難うございました。御礼申し上げます。


カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(721)=人魚姫

 2020-05-20
コペンハーゲンではこれを見ただけ。そのまま夜汽車でミラノへ。

721-01

721-05.jpg

1970年に撮影。
写真を見ていると悲しい出来事も思い出されますが今では綺麗に修復されているようです。数十年後に行ったときは遠くの方からそーっと眺めてきました。この写真は事件前のオリジナルです。2枚の写真は保管方法が違うところから見つけました。HDでもこんなに画像劣化が異なる場合があるんですね。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景 (705) = デジカメの話題

 2020-05-06
デジカメの続きです。

705-01


705-02
この二つのデジカメはよく使いました。海外出張などでもコレ一つで間に合いました。

一眼レフのように大きく重くないので、ポケットに入れてどこにでも持ち運べました。今現在はもっと小さなCASIOで全て賄っておりますが、信頼性はあるし画像も十分ですからコレ以上高級なカメラは必要としませんが、しいて欲しいなと思うとすれば、昔のファインピクスとかこのCONTAXですね。アイホンはどーもシャッターの感触がカメラらしくありません。ですが液晶画面を見て撮ることに違和感はありません。それはもうここに載せたデジカメ時代に慣れ親しんでしまったのでしょうね。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫