FC2ブログ

クルマのある風景〔599〕=いろいろ壊れた夏

 2018-08-17
夏の暑さだけが原因ではありませんが、いろいろ身の回りのものが壊れています。

599-01.jpg
枯葉マークですがこれで二つ目です。マグネットタイプをボンネットに貼り付けたのですが、このように熱で反り返ってしまい、ある日突風の横風をうけて飛んでいってしまいました。二つ目は両面テープでしっかり糊着けしたのですがコノ通り。

599-02.jpg
30年くらいで設置費用が回収できるという触れ込みでしたが、我家の太陽光発電装置(シャープ製)は20年持ちませんでした。
黒い受光パネルそのものは今でも発電しているのですが、配電盤の配線が壊れたようです。修理用のパーツはもう無くなってしまってダメ。最新のものをつかって補修は可能なようではありますが、数十万の出費をこれから回収するのは・・・と思って諦め、熱などで火事になるのを恐れて配線を止めてもらいました。社会貢献も少なかったようですが、ま、こんなものという日本電気業界の実力も判りました。

599-03.jpg
小型車一台分ほどの設置費用の回収もできませんでした。あちこちに増えている電気畑のように大規模にやらないとムリなんでしょうか。売電用のメーターも外してもらいました。

599-04.jpg
次は家庭用のエアコンが壊れました。これも17年か18年たちますので寿命なんでしょうね。

599-05.jpg
リモコンの表示数値をみると、外気が21度を表示してますが、そんなわけありません。だからもう設定数値はクリア・・と本体は判断しているのでしょうか?。クルマのACなどはガスが抜けたりするんでしょうけど、家庭用のACはそんなこともないと思うんですが。電気屋さんに行ったら新しいものの取り付けは2週間待ちで受付ということでした。

599-06.jpg
ウチの中の温度表示はマチマチです。温度計自体の表示誤差も3度や5度はありそうです。

599-07.jpg
これは比較的正確な表示と思われる2階サンルームの温度計です。

かくして今年の夏は扇風機とシャワーですごしています。ま、風が入るので何とか・・・でも、暑いなーと思っていたら、そこになんと宅急便でアイスクリームが届きました。ーーーUさんあなたは神様です。何もかもお見通しなんですね。ありがとうございます。
  水害に遭われて難儀なさっている皆さん方のことを思えば、この程度のことは軽微な体験です。耐えることはできます。シャワーを何度も浴びて扇風機の風を受けて昼寝できる環境もまた得がたい気持ちよさです。

PS・・・・とこれで終わったわけではなく、実は盛岡行きの前にもうひと騒動。ブレーキパッドの交換とオイル交換をレッドポイントで済ませてもらって、快調になったとよろこんで帰宅した翌朝、今度はクラッチがダメに。ペダルがスコーンとフロアに届いてそのまま戻ってこない!。CARBOXに連絡し積載車で運んでもらう。これでクラッチは2回目、今度はレリーズピストンのオイル漏れらしくシリンダー毎交換。この修理が終わったのが盛岡行きの前夜。いろいろ各方面にお世話になりました。そして更にエンジンをおろしたついでというのも何ですが、バッテリーもそろそろ・・・(新車時のままで未交換)、というわけでまだ請求書は届いていませんが、いろいろ出費の多い夏になりました。早く涼しい秋が来るとイイナ。でも落ち着いて考えると経年変化は当然のことで、たまたま時期が一緒になっただけで、またこれまで通りに乗れるのだから車一台買うよりは安いと思います。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(2)

クルマのある風景〔579〕=ジャガー E-PACE

 2018-04-18
ジャガーE-PACEの試乗会が鎌倉でありました。

579-01.jpg
パッと一目見てジャガーとわかる最近の顔は、まずジャガーのエンブレムが利いている。

579-03.jpg
サイズ的に適度な使いやすい大きさのジャガーだろう。背も高く上から目線ゆえ状況をつかみやすい。

579-04.jpg
試乗会場は交通繁華な湘南の道路事情だったが、材木座裏通りの狭い道路でもすれ違いにそれほど気を遣わなかったのは意外だった。写真を撮る場所は限られた。

579-05.jpg
エンジンは今のところガソリン、2リッター4気筒のみ。もう気筒数だとか排気量で選ぶ時代ではなく、必要なパワー/トルクはスロットル開度で決めるだけでなくTMとのマッチングもあり、文字通りAペダルの踏み方次第で如何様にでもえられる。

579-06.jpg
いずれはディーゼルも加わるが、その先は電気モーターになるのだろうか。

579-07.jpg
MTの設定はない。

579-08.jpg
パドルでシフトすることも可能。Bペダルを踏むまでもない緩制動が必要な時など、エンジン・ブレーキを掛けるのに便利。

579-09.jpg
内装はジャガーに求めるものが満たされる。

579-10.jpg
ノブ先端のスイッチを押しつつレバー操作しなければならなかったりやや煩雑ながら安全性では初心者にも対応。

579-11.jpg
リア・トランクにはちゃんとスペアタイアが入ってます。

579-12.jpg
トランクの内装もジャガーのクオリティー。タイア交換などはもう奥様の仕事ではない時代なのだろう。

579-13.jpg

579-14.jpg
価格の幅も大きく、いろいろな選択が可能。ローバーにするかジャガーにするかは好みで選んでくださいということだろうか。
  
 個人的には手の届かない価格帯ではあるが、裕福なヒトにとってはXC40といいこのE-PACEといい、いろいろ魅力的なクルマが登場してきました。その中でも実際に実用に供するならばこのサイズ感はイイですね。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(2)

クルマのある風景(567)=パンダとサクラ

 2018-04-07
我が家のサクラも咲きました。

576-01.jpg
この家が出来たときに友人がお祝いにプレゼントしてくれたものです。当時B110サニーのトランクの中に入ってきた苗木の大きさだったものが、今ではこんなに大きくなりました。八重なので少し遅れて咲くから、周囲のサクラが散ったころが見ごろです。

576-02.jpg
XC40の試乗会で箱根にいったとき、大涌谷の近くではこんなにまだケムリが噴出しているところもありました。

576-03.jpg
久しぶりに箱根を楽しみました。試乗の枠が遅いグループだったので、少し早めについて昔よく走ったところなど懐かしく駆け巡ってきました。観光客は外人客があんなに多くなっているんですね。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(575)=ボルボXC40

 2018-04-05
  欧州カーオブザイヤー2018を獲得したXC40が日本でも発売になった。が、すでに予約完売状態。プレス試乗会は桜満開の箱根で行われた。
575-01.jpg
スカイラインは全面的に濃霧で覆われ、試乗枠は最後の夕暮れ時だった。ボルボは不思議なクルマだ、走行条件が悪くても泰然自弱としていられる安心感がある。

575-02.jpg
XC40は新世代ボルボのプラットフォームが採用され、今までのようなサイズ感ではなく60や90シリーズと大差ない感じ。しいて言えば全長は確実に短い。

575-03.jpg
高く座るSUVの恩恵で視界がいいし、狭い箱根の山道でも取り回しは良好。すれ違いも気にならない。

575-04.jpg
乗ると、コレイイナー・・・とちょっと欲しくなってしまった。

575-05.jpg
全長に対して前後オーバーハングは短くソリッドな感覚で、動きは大きさの割りに敏捷で軽快。

575-06.jpg
顔はボルボそのものスッキリしている。

575-07.jpg
ボルボは4気筒ターボ2リッターで全車両域をカバーする。が、本国にはある1・5リッター3気筒が加われば更に軽快な感じになるのだろうか。それに6段MTなんかが組み合わされればちょっと欲しくなってしまいそうだ。現実にはボルボは高価で私のような年金生活者にはムリ。宝くじ当たらないかなー。

575-08.jpg
Rデザインの限定特別仕様車にはこんなスウェーデン国旗がつく。

575-09.jpg
いろいろ細かな点でXC40はよく考えられて使いやすさを増している。ティッシュペーパーの箱が入るコンソールだのゴミ箱などは日本人も共感。試乗後ひとつ聞き忘れたのは濡れた雨傘などは何処にしまうのだろうか?。これ以外、収納にかんしてほぼ完璧。北欧のヒトはあまり傘をささないからなー・・・。

575-10.jpg
走り出す前にリセットするのを忘れた。ドラコン数字は本日のプレス連中に酷使された通算ながら、山道を駆け巡った1・7トンの重量車で全線ほぼ急坂の130kmの平均が9・1km/Lならば、相当イイ結果だと思う。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(3)

クルマのある風景(564)=ワイパーブレード交換

 2018-01-17
京都の帰り、雪道でワイパーの拭き残り箇所が発生。

564-01.jpg

564-02.jpg

取り付け中央部が切れていた。凍結防止の袋タイプなので高価なのかなー・・と思ったらフィアット純正は意外と安かった。左右セットでCBでは3000円にしてくれた。コレはフィアット500用でパンダ専用より少し短い。切れた箇所を見ても想像できるがブレードそのものが大きく重いので取り付け中央部に力が集中するようだ。今までの経験では動きの速い先端がやられる例が多いところから見て、やはり慣性重量は軽いほうが有利と考え、パンダ用より若干短いチンクエチェント用にしてみた。払拭面積は少なくなるものの実用上問題ない。やはり軽いことはイイことだ。
このワイパーブレードは新車購入時からのもので、まったく交換していない(!)。実に3年以上、距離にして12万8000kmもったということは最長記録。今までは毎年交換するのが常だった。実はバッテリーも新車時のままでまだ一度も交換しておりません。いつまで持つか心配しつつ見守っています。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫