クルマのある風景(564)=ワイパーブレード交換

 2018-01-17
京都の帰り、雪道でワイパーの拭き残り箇所が発生。

564-01.jpg

564-02.jpg

取り付け中央部が切れていた。凍結防止の袋タイプなので高価なのかなー・・と思ったらフィアット純正は意外と安かった。左右セットでCBでは3000円にしてくれた。コレはフィアット500用でパンダ専用より少し短い。切れた箇所を見ても想像できるがブレードそのものが大きく重いので取り付け中央部に力が集中するようだ。今までの経験では動きの速い先端がやられる例が多いところから見て、やはり慣性重量は軽いほうが有利と考え、パンダ用より若干短いチンクエチェント用にしてみた。払拭面積は少なくなるものの実用上問題ない。やはり軽いことはイイことだ。
このワイパーブレードは新車購入時からのもので、まったく交換していない(!)。実に3年以上、距離にして12万8000kmもったということは最長記録。今までは毎年交換するのが常だった。実はバッテリーも新車時のままでまだ一度も交換しておりません。いつまで持つか心配しつつ見守っています。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(562)=年越し

 2018-01-09
大晦日は除夜の鐘の代わりに、横浜港に寄港している船の汽笛を聞いてきました。

562-01.jpg
まず中華街へ行って、温かい中華饅頭を買って・・・。
562-02.jpg
元町のネオンを見て・・・。
562-03.jpg
中華街には人通りもまだありましたが。元町はまったく人気なし。
562-04.jpg
フランス坂を上って港の見える丘公園へ。ブルーにライトアップされているベイブリッジは、12時になった途端真っ暗に・・・。

562-05.jpg
マリンタワー周辺や山下公園辺りは明るいまま。船の汽笛は期待したほどの音量はなく、2度聞こえたものの雰囲気だけ。

562-06.jpg
フライス盤は配線を繋いで、一応作動確認だけ済ませた。PCキーボードの矢印でXYZ3軸の動きを確認。
特に問題なさそう。モーターは15分のナラシを要求する。お楽しみはもう少し先に・・・。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(560)=タイア交換

 2017-12-27
年内にタイア交換できました。

560-01.jpg
年末でどこも忙しいようでしたが、何とかタイア交換をすませてもらいました。フェラーリやマセラティーに囲まれたココはCARBOX協力工場のTESです。

560-02.jpg
前側のフレームをジャッキで上げれば前後両輪が同時に交換できます。

560-03.jpg
夏ならばあと5000kmくらい走って持たせたかったのですが、向寒のおり大事をとって早めに換えました。4WDはノーマルでも雪上は走れてしまうし、チェーンはいつでも巻けますが一般的な速度はちょっときついので遅いと迷惑をかけてしまいます。要はトレッド部にかみこんだ雪を排除する性能が重要で、前後の駆動制動力はゴムのエッジが効きます。それには溝が深い方が有利。
チェーンは1993年にドイツで買ったものですが、106で走った欧州での84000km区間も含めてまだ未使用新品です。

560-04.jpg
スリップサインまではこのくらい残ってますが、ま4万5900km走れば納得できます。ミシュランはこのパンダ4WDで使ったタイア4セットの中で一番長持ちしました。最短寿命はオールシーズンの1・8万kmでしたから倍以上もったことになります。トレッド部分全体の剛性が高いのでショルダー部の偏磨耗が格段に少ない。

560-05.jpg
パンダ近影。泥だらけで汚いままです。年末に一度位洗ってやりますか。

2017年の集計。まだ数日ありますが、今年の集計走行距離32,730km。燃料は1571Lを消費して平均燃費は20・8km/L。
1Lあたりの単価は98円。購入以来12万6972kmの総平均燃費は21・5km/L。岐阜往復は24回と少なく、都内や横浜市内でうろうろしていた区間が多かったためか平均するとかなり低下している。平均移動速度が20km/h以下になると、14~17km/Lまで落ちてしまうからやむなし。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(559)=フライス盤

 2017-12-17
銀細工職人の息子が時計を作るんだ・・・と言って三次元のフライス盤を買った。コレはPCで操作するもので組み立てキット。
3時間くらいだろうか、二人でじっくりPCの説明を読みながら組み立てた。

559-01.jpg

559-02.jpg
プラモデルより面白いね・・・と言いながらニコニコ。今日は本体の組み立てまで。夜遅くまでかかってしまったが、あとは配線(コネクター繋ぐだけ)と作動確認が残っている。
ゼンマイを巻く機械式の時計を作るつもりで、歯車など細かなパーツをこれで製作する。うまくいくかなー・・・遊び道具としては高価ながらいろいろ楽しめそう。でも操縦はPCでやるので、そっちの方は息子まかせ。外側のケースだけ自分用のものを作ろうと思う。

この機械部分だけで13kgの重さ。サイズはテーブルに載るほど小さいが、振動しないような剛性のある台も用意するつもり。ちょっと楽しみ。
昔作ったプラモデルの紛失したパーツなども削りだせるだろうか。遊んで欲しくてくっついてくる孫娘を膝に抱っこしながら、息子と二人で組み立てて行く行程もまた楽しい。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(2)

クルマのある風景(557)=VW試乗会

 2017-12-13
VWオールラインナップ試乗会があり e-GolfとArteonに乗ってきました。

557-01.jpg
試乗を待つ間に自動操舵システムの縦列駐車を試す。結構ぎりぎりのスペースへ入ってゆく。自分でも出来そうではあるがココまできっちりと一発で停めるのはミラーを見ているだけでは難しい。

557-02.jpg
最近の前傾姿勢の強い車や丸いボディの車を、キッチリ枠内に平行に停めるのは苦手で、どうしても少し曲がってしまうことも多く、何度か切り替えして停めなおすこともある。一発で決めるコレには負ける。でも、なー・・・・。

557-03.jpg
e-Golfに乗るころはもう少し暗くなりかけていた。新型Golfの顔はライトを点灯するとこんな顔になる。

557-04.jpg
VWの電気自動車は前にe-UPがあったが、アレはサンプル程度の紹介で結局量販はされなかったようだ。

557-05.jpg
コレの一充電走行距離ーJC08モードは301kmと発表されている。

557-06.jpg
外観は新型Golfと同じ。車検証重量は1590kg(前880/後710)

557-07.jpg
ボンネットを開けるとこんな電気部品がぎっしり。

557-08.jpg
Arteonは新型車で日本市場におけるVWの最上級車。パサートの4ドア・クーペ的な位置にある。

557-09.jpg
内装の仕上げも高級。

557-10.jpg
全車4WD・4モーションとなる。JC08モード燃費:13・3km/L。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫