クルマのある風景(535)=ご先祖さまのお墓参り。

 2017-08-18
ウチのお墓は横浜霊園にありますが、久しぶりにご先祖様のお墓参りに行ってきました。

535-01.jpg
お盆のウィークデイということもあって都内は比較的空いておりました。言問橋あたりから見たスカイツリー。

535-02.jpg
道路から結構したの方まで見える場所があるんですね。私はまだ登ったことがありません。

535-03.jpg
正面に見えるのが筑波山。ここは霞ヶ浦の湖岸です。ウチは鎌倉の笹目谷あたりが苗字発祥の地で、源氏に追われて相模湾を北上し利根川の渡しである美女木に、一部のヒトが一旦落ち着き(橋や通りに名前が残ってます)、さらに下って霞ヶ浦の北岸、小川町・倉数というところに落ち着いたようです。丸に九枚笹の紋章を着けた家が数軒今でもあります。

535-04.jpg
帰りの都内通過は渋滞なし。思ったより早く帰れました。往復の6号線もまずまず流れており、約300kmの平均燃費は18・3km/Lでした。DC平均速度は26km/h。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(533)=高遠と和田峠

 2017-08-14
今月は黒川の朝市がないので月末は行けそうもない。で、ちょっと顔を見に・・・。
往路はR153で飯田に回って昼神温泉、復路はR19で塩尻から和田峠を越えて、佐久の近くにある春日の湯へ。

533-01.jpg
高遠から県道19号で天竜川に沿って下るとこんな田園風景の中を走る。ヨーロッパの風景とも違ってこの水田の広がりはイイ。

533-02.jpg
青い空、白い雲、田んぼの緑が映える。

533-03.jpg
火山峠も久しぶり。

533-04.jpg
帰路は連休の渋滞も予想されるので早朝にでる。朝もやで山が見えない状況もイイ。山村の朝は実に気持ちイイ。

533-05.jpg
木曽福島でいつものように朝食。いつもと違うのはヒトとクルマの数が多いこと。座る席がなくて相席になるほどだった。でR19の途中からGPSに誘導されて塩尻峠の方へ。中仙道の旧道と思われるところを抜ける。

533-06.jpg
クネクネの和田峠を越えてビーナスラインとクロス。ここも昔の中山道。

533-07.jpg
こんな茅葺の家も残っている。昔の茶屋か?。

533-08.jpg
八ヶ岳のふもとをグルーッと回って韮崎にでて、R20をクロスして南アルプス市ー精進湖ー河口湖町・・・・この辺りからパタッと止まって流れない。R246の渋滞を避けて山中湖から道志みちに抜ける。もう暗くてよくは見えなかったが、宮が瀬ダムの水はこのところの雨で水位は回復しつつあるように見えた。よかったー・・・。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(532)=宮が瀬ダム

 2017-08-13
宮が瀬ダムの水位、その後。横浜市の水がめが気になってまた見に行ってきました。

532-01.jpg
もう底が見えるほど水位は下がってました。

532-02.jpg
ダムが出来る前の道路も見えてきました。

532-03.jpg
この道路も本来は見えないはず。

532-04.jpg
道の駅「道志」で久しぶりに道志カレーとクレソンそばを食べる。カレーもおいしいし蕎麦もつるつるして食べやすい。

532-05.jpg
ついでに道志の湯へ。その先にも道は続いているのでちょっと探検。こんな滝がありました。ヤビツ峠までは繋がってなさそうなのでここでUターンして帰る。



カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(531)=雫石・慰霊の森

 2017-07-31
今年はコレだけで往復。1泊2日、連続する51時間で1350km走りました。

531-01.jpg
29日深夜零時頃出発、都内を抜けて4号線を走り、盛岡の東横インには4時半頃着。盛岡へ戻っている友人と夕飯を食べる。
30日は朝早く慰霊の森へ登り、皆さんが集まるころには下山。数年前に土砂崩れで流れてしまって登り口も草が生え揃って旧に復している。

531-02.jpg
名前が刻まれている向かって左手の黒い大理石は新しくされていた。重みに耐え切れず亀裂が入ってしまい危ないので新しくされる・・・と昨年聞いていた。

531-03.jpg
上り口からの階段は552段ある。72歳になるのでフーフー・・・。来年また登れるのかなー・・・とここ数年毎度思う。管理していてくださる顔見知りになっている地元の婦人会の方とも、毎回同じ老人の会話をする。

531-04.jpg
4号線は信号機も多く遅いので、帰りは県道で湯田にでて、R13で帰る。道の駅「さんない」で休憩。

531-05.jpg
ここはR13号線の山形の手前、道の駅「天童」へは3時前に着。秋田の雄物川周辺は数日前に水害を受けたが、道路からみる限りでは被害状況はよくわからなかった。

531-06.jpg
将棋駒の形をした足湯に浸かる。

531-07.jpg
この道の駅は広々としており、遊び場もある。下からの噴水とミストが涼を呼ぶ。

531-08.jpg
そのまま米沢に向かったが、熱い小野川温泉よりもやはり蔵王温泉に入って行こうということになり、イチバン上にある露天風呂へ行く。ここの醤油で煮た玉コンニャクは絶品。しばらくこなかったら、やや味が変わっていて砂糖で甘くした味付けにガッカリ。甘くしちゃあダメ。もとの醤油だけの方がいい。

531-09.jpg
露天風呂にはまだ明るいうちに着く。パンダの正面にみえる草原は冬には雪の斜面となりリフトが設置されている。ここは強酸性の湯なので洗い場はない。タオルでこすっただけでもヒリヒリしみるから、かけ湯して静かに浸かるだけ。しかし強いので長湯は禁物。ずーっと前だが湯当たりして倒れた経験がある。

531-10.jpg
そして横浜の自宅には3時過ぎに帰還。次におきたのは昼過ぎ。スーパーに買い物に行く。今回は1353km走って61・03Lを消費、22・2km/L。そして燃料代は5916円しかかからず、4・37円/km。二人の盛岡往復の移動費用としては格安。道路代もかからないし、移動速度が遅いことは結局疲労度も少ない。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(530)=黒川の朝市

 2017-07-25
黒川の朝市は毎月第四日曜なので今月は24日。で、8月はお休みなので次回の朝市は9月の24日となります。


530-01.jpg
何とパンダが2台(!)孫娘が先に目ざとくみつけた。「おんなじだー・・・」で、記念撮影。黒川の朝市で始めてのできごとだろう。

530-02.jpg
静岡のブログ読者の方で、新車の慣らし運転を兼ねて寄り道してくださった。コレは日本に7台しかない限定車とのこと。イタリアのサッカー・チームのステッカーが貼ってある。

530-03.jpg
内装もシートベルトがトリコロールだったり、シートの織り地はゴールネットだったり・・・、こうしてみると赤もイイですね。ボクの車はもう11万3000km超えました。「車検だったんですね・・・」とかお話する。先月の朝市ではシトロエンC4に乗った読者の方とお話する機会がありました。わざわざ来てくださって有難う御座います。

530-04.jpg
チラシが置いてありました。この農家レストランまんまにはまだ行った事がありません。こんどチャンスがあったら行ってみましょう。

530-05.jpg
この卵とこんにゃくを買いました。このヒトが作るものはオイシイんです。

530-06.jpg
黒川産は無農薬のものが多いです。

530-07.jpg
今回もナオさんの五平餅は無事マゴの口へ。私も2本いただきました。マゴを娘のところに送り届けて、そのまま横浜へ戻る。
月末は盛岡行きなのでまたしばらく会えない。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫