FC2ブログ

クルマのある風景(642)=ブレーキは強く・短く

 2019-06-11
AT車のA・Bペダル踏み間違え事故が増えている。
ブレーキの踏み方の原則は「強く」「短く」だ。
事故の多くはBと思い込んでいてAを踏みっぱなしにしている。離せないのだ。

頭の中に常時、「強く」「短く」を意識しているとイイ。
反対の「弱く」「長ーく」踏んでいる人をたまに見かける。
「長く」踏んでイイことは無い。ブレーキは熱が発生する。
Bペダルを離した瞬間に、ディスクとパッドの間に空気が流れて冷却される。
長い坂道を下るような時を考えると、「長く」踏んでいるとフェードしてBは効かなくなる。

「短く」踏んですぐ離す。減速力が足りなければ、すかさずまた踏めばイイ。
それを繰り返すことにより必要な減速は確保される。
「強く」というのは強さの程度を問題視するかもしれないが、踏み過ぎと感じたら離せばイイ。
そうして何度も踏むことにより、ブレーキランプも点灯し後続車への注意も促す。
減速Gの発生を時間軸で見ると、最初にGの立ち上がりを早めることが効率的。
右足でブレーキを踏む人も左足で踏む人もそれは同じだ。

そうやって踏むことを習慣化すれば、長く踏む「愚」を自覚する。
同乗者は減速Gを嫌うかもしれない。しかしその都度シートベルトの有難味を自覚する。
習慣化することにより、踏み加減も次第に洗練されてくる。
前を見ながら踏んでいるのだから、必要な時にはGを感じたままさらに踏み増すこともできる。

ブレーキを踏む原則は「強く・短く」これを頭に入れておくとイイ。

スポンサーサイト



カテゴリ :雑記 トラックバック(-) コメント(2)

クルマのある風景 (640) = 右折可矢印信号の改善提案

 2019-05-29
最近の右折事故に思う。
悲惨な事故が増えています。何か改善の余地はないか考えてみました。

ヒトに聞いてみた話。
① 警察の人 : ぶつかると判っていて、或いはぶつかると予想できたにも関わらず、交差点に侵入するのは危険運転に相当します。危険運転は信号無視より罪が重い。
②公安委員会の人 ; 右折可青色矢印信号の意味するところは、交差点中心部まで進んで「一旦停止」、前方の安全を確認してからススメ。対向してくる直進車の中には小さな2輪車や遅いクルマもあるから、確実に通過を見届けてからススムこと。
③ 裁判所の人 ; 人は死んでもイイ、信号を守れ、これが法を守らせる立場にいる者の信条である。
④一般ドライバー ; 今の矢印信号は青色矢印に従って、そのまま進んでイイように見える。直進矢印と同じ意味と錯覚する。
〇 私の提案 ; 矢印の根本に赤いLEDを加えて点滅させる。またはシンプルに青色矢印のまま点滅させる。点滅させることにより、「一旦停止」という意味を自覚させ、習慣として安全確認を励行させる。今のままでは意味と信号表記が一致していない。

このような改善提案をしたいと思います。亡くなられた方々のご冥福お祈りします。  
カテゴリ :雑記 トラックバック(-) コメント(1)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫