クルマのある風景(029)=キャデラックATS

 2013-03-29
注目の一台、キャデラックATSの試乗会は大磯起点で行われた。

029-01
大磯の桜は満開。ハラハラとちょっと散り始めて最高。キャデラックATSも桜がよく似合う。

029-02
スリーサイズは4680×1800×1410㎜。このサイズでもキャデラックらしさが充分に表現されたグッドデザイン。

029-03
このエンジンは私がこれまで経験した中で最良の4気筒エンジン。2リッター直噴ターボで276㎰と35・9mkgのパワー/トルクを発生する。ギアボックスは普通のトルコン6AT。パドルシフトあり。フロントアクスルのほぼ真上に縦置きして後輪を駆動する。

029-04
キャデラックらしく華やかで豪華な室内。光り物もあるにはあるが比較的嫌味はない。

029-05
キャデラックの安全対策のひとつ。10㎞/h程度の低速でうっかりスルスルと動き出したのに気づかずにドスンとぶつかる事故はありそうな気もする。これはバックでも自動ブレーキが作動する。40、50㎞/hで走行中に居眠りをするとかよそ見で踏み忘れる、というのは運転者として論外と思うが、メーカーとしてはそこまでやってくれる装置を開発する必要性を感じているのだろう。途中で気が付いてBペダルに触ってしまうと、システムとしてはキャンセルされるが、それでもシッカリ自分のアシで踏めば止まってくれるから、最後まであきらめずに踏むことを忘れてはならない。

029-06
18インチの大径タイアながら、サスペンション系の足元は頑丈に作られている。サイズや重さを持て余すことなく、車体との間でしっかり仕事をしている。大径タイアらしいロール感も上々。

029-07
4・68mの全長に対して2775㎜とホイールベースも長く、ヨー慣性モーメントもしっかりチェックされており動きはスポーツカーのようにソリッド。

029-08
乗り心地は微小ストローク域でちょっと粗いのが玉に瑕。この点はキャデラックらしくない。西湘BP名物の目地段ハーシュネスは許容。

 このエンジンがなぜそんなにイイのか説明しましょう。箱根ターンパイクの下りの急坂ではブレーキが心配になる。もし失陥したら、またフェードしてフートブレーキが効かなくなったら・・・、そんなときにはエンジン・ブレーキに頼ることになる。そのエンジン・ブレーキが使えないとしたら、最悪の事態を覚悟しなければならない。
 エンジン・ブレーキも3速ではほとんど減速しない。昔から職業上の習慣で2速に何キロ以上で落とせるかをチェックしている。80㎞/h以上で落とせれば一応合格点を与える。もちろん加速時には2速で80㎞/h以上だせる例がほとんどだ。だが日本車の多くは落とせない車も多い。ドイツ車とて全車が可能だとは限らない。
 ATの設定がそうなっているからで、エンジンの保護を優先した結果だ。裏返せばエンジンを高回転域で回し続けられる自信がないからともいえる。ヘッド回りの上は立派でも、シリンダーブロックの剛性とか、ベアリング周辺の支持剛性とかクランクシャフトそのものやコンロッドなど、腰下が貧弱では安心して回せないのが実情。このキャデラック・エンジンはソコが頼もしい。2速には100㎞/hからでも落とせるし、1速には60㎞/hで入る。
 このように安心して高回転域を維持できるところが素晴らしい。またこのエンジンはまるでチューニングされたエンジンのような感触があり、回転バランスよくすべてが1点に集約された楽器のように調律されている。フォーンという金属的な高音はメカニカルな音であり、排気音でごまかしている例とは根本的に異なる。エンジン自体が素晴らしい快音を奏でる。
 もう一つ、ローバー/ジャガーの2リッター・エンジンもいいエンジンだと思う。あちらはまだじっくりチェックする機会が与えられていない。この2例を見るかぎり、日本製エンジンにはもっと頑張ってもらいたいと思う。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(028)=ボルボV60T4RD・PPP

 2013-03-28
ボルボはこのところニューモデルや車種の追加やら活発な動きがみられる。
今度は「ポールスター・パフォーマンス・パケージ」というコンピューター・チューンが導入された。これはT4エンジン搭載車に対応するもので、これまでの180㎰から200㎰にアップされる。作業はボルボの正規販売店で行われ、新車時の保証その他も継続される。費用は20万円。WebCG枠で乗せてもらったのでインプレッションや詳細はあちらをご覧ください。

028-01.jpg
このブルーはピンクの桜をバックにしても映えますネ。

028-02
エンジンルームの眺めは変化なし。

028-03
スッキリ系でごてごてさせずに高価格車であることを実感させるのがスカンジナビア・デザインの真骨頂。

028-05
新しいV40はこの後ろ姿を発展させたものであることがわかる。

028-04
このブルーの四角いオーナメントがポールスター・チューンであることの証。

 WebCGの記事は今日あたり上梓されるはずですからチェックしてみてください。 
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(027)=美濃白川の山村暮らし

 2013-03-26
本格的な生活は4月からになります。今回は荷物運び。
027-01
美濃白川は木材の産地でもあり、家の内外にはふんだんにヒノキなどの無垢材が使われている。これが意外や思ったほど冷たくない。子供達は素足のままで遊びまわる。「木のぬくもり」とはよく言ったものだ。この借家そのものは築3年くらいはたっているらしいがきれいなまま。もちろん保温材なども使われているのだろうけど、表面が冷っとしない。

027-02
近くまで押しかけられては娘夫婦もほんとうは迷惑かもしれない。その辺をよく自覚しつつなるべく邪魔にならないよう暮らすつもり。近くとは言っても山ひとつ越えたところで歩いてはいけないしクルマで20分くらいの距離。孫と遊ぶことが目的の第一ではあるけど、岐阜は面白いところがいっぱいある、そんなところへの探検も欠かせない。これは最近できたトンネルで、農道のトンネルとしては日本最長とか。2㎞以上ある。

027-03
山また山の景色の中にはこんなカッコイイ岩場もある。箱庭の盆景ではなくフルサイズの風景がふんだんに楽しめる。

027-04
白川茶屋の野菜かき揚げ茶そば。お茶の香りがあって美味。美濃白川は食べ物もおいしい。

027-05
その白川茶屋の壁にかかっていた絵。東白川は「ツチノコ」でも有名。どこに行くのにもデジカメは離せない。この伝説上の生き物の写真にたいしても懸賞金がかかっているという。

027-06
近くで温泉を探したら、付知(ツケチ)峡温泉というところが見つかった。大人600円。小学生未満は無料。
下呂温泉にもそう遠くない地域ゆえか、湯質は似たようなトロトロした濃い温泉でよく温まる。

027-07
ここは「おんぽいの湯」という。その名前の由来。

 美濃白川はいろいろ楽しそう。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(026)=美濃白川の山村暮らし

 2013-03-25
孫のそばにいたいという想いから、岐阜で山村暮らしをはじめます。

026-01
朝早く出ると、朝焼けが富士山を照らす時間に立ち会える。ここはR1道の駅富士。

026-02
この日は美濃白川町の黒川というところで朝市が開かれる、というので見にゆく。この神社の杜の境内に市がたつ。冬の間を除いて春から秋まで毎月開催。

026-03
まだ開店間際で人はすくない。だが〇〇さんの五平餅はもう予約で残り少ない・・・とか、ご近所でも評判のお店はすでに完売状態。もともと用意された数が出てしまえばおしまい。

026-04
で、食べてみると確かに「ウマい!」。

026-05
手作り弁当のようなものも売っている。桜の花の塩漬けがほんのりと香り付けにのっている。朝ごはんを用意できなかったのでまずはこのようなもので腹ごしらえ。梅のジュースも本物でウマい。

026-07
孫達と朝の散歩。クルマも通らないし、あぜ道も安心して駆け回れる。コレがジジババにとって至福のひと時。

026-08
ネットで見つけた「農園付きコテージ」というこんな小さな家を借りることにしました。

026-09
足回りの整備をたのんだついでにクリエンで夏タイアに交換してもらった。

 今回は前日にちょっと日野まで用事があって、その往復もふくめてしまって、往路の666㎞の平均が13・7㎞/L。復路は中津川から横浜までの342㎞の平均が19・2㎞/L。往復の総平均は15・2㎞/L。

 もう何度も往復しているのでまったく億劫とは思わないし、これでむしろ往復する頻度は増すだろうが、やはり近くに出城を設けたほうが何かと便利。歩き初めて、おしゃべりもするようになり、学校にいく前のこの一番カワイイ時期に一緒にいられないのは耐えられない。それにもう重くなってしまうと抱っこしてあげることもできない。ま、今しかないという一番大切な時期ゆえの決断。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(025)=ムルティプラ

 2013-03-21
花々が一斉に咲き乱れる季節になりました。
025-01
ムルティは元気に走りまわっていますが、パーツがそろったのでそろそろ交換した方がいいかなー・・と判断して足元の重要パーツを交換してもらいました。栗チャンの手隙なころあいを探るのが難しい。

025-02
今回交換したパーツ一式。ボールジョイント類を・・・と思っていたのですが、主治医栗山先生のおすすめで前回の車検でやらなかったドライブシャフトのブーツ、そしてブレーキホースも交換した。

025-03
ロアーボールジョイントは単品では部品が出ない、鋳造製のガッシリしたアーム自体に組み込まれた状態でしか出庫されない。もちろん高価。SEVもちゃんと着いていたので、両面テープをはがしてまた同じ場所に貼りつけるつもり。部品代と工賃で20数万円。でも新しいクルマを買うより安いし、これで安心して乗り続けることができる。

025-04
キャンバーを測定する栗山君。やはり23万㎞の疲れはでており、ドライバーの乗る左側の方が車高は落ちている。

025-05
そのクリエンのガレージに深夜遅く「ヘンなクルマ」が運びこまれてきた。機会があればオーナーの許可をもらってこのクルマの正体をお知らせしましょう。その奥にもヘンなクルマが・・。チューニング車や輸入車の中にはデタラメな仕事をして法外な料金をとる例もあるようで、そんなワルイ業者もかなりいるようだ。で、技術は無いし知識も無いからどうしようもなくなって、ココを頼ってくる。ココロ優しい栗山君とその周辺の仲間は、そんなクルマ達も暖かく迎える技術も知識も豊富にある。時間はあまりナイのかな・・。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(024)=スズキ・スペーシア

 2013-03-17
スズキの新しい軽乗用車スペーシアの試乗会は舞浜で行われた。

024-01
薄いピンクっぽい色やグリーン系などソフトなパステルカラーがよく似合う。ルーフが白のツートーン車が試乗会ではターボ仕様だった。

024-07
このNA仕様の方がよい印象。スロットルを開けた瞬間の自然なレスポンスや乗り心地の良さでターボ車に勝る。いろいろ便利な物入れやティッシュ取り出しなどみていると、軽を買うならコレだな・・と思ってしまった。

024-02
立体的な造形の中に、いろいろ便利な仕掛けが盛り込まれている。室内は外観から想像される以上に広々としている。ルーフも高い。フロアは低く、横方向にウォークスルーして直接歩道側に降りることもできる。

024-03
助手席のクッションを持ち上げると、こんな隠しトレイもあって便利。さらにこの下にはリチウム・バッテリーが納まっている。

024-04
後席は両面スライド・ドア。ボタン・プッシュで開閉は全自動。実に広い空間が確保され、さらにシートをたためば広大な荷物室にもなる。

024-05
軽自動車の寸法枠を最大限に利用したデザインながら、単なるハコではなく自動車らしさが表現されたグッドデザイン。短くともノッチのあるノーズはAピラーを後方に下げて、室内からの眺めを良好にしている。ウィンドスクリーンを無用に前出しすると、直前が見えない不安に襲われるし、傾斜はダッシュボードの映り込みも増える。そうした実用上のデメリットをさりげなく排除した知的処理に拍手。

024-06
醜悪で凶暴なギラギラ光る風貌がまた流行りつつあるが、このスペーシアの顔立ちは子供にも安心して見せられる公共デザインの中でも秀逸。大歓迎。かわいらしさは重要。

024-08
後ろ姿は完全なボックス型ながら、微妙な腰のふくらみなど健全な精神が感じられる。

○ アルト・エコ
試乗会場には33.0㎞/Lというモード燃費No.1を誇るアルト・エコも用意されていた。
024-09
スペーシアは120~150万円の価格帯に属するが、アルトは100万円以下で買える。アルトの商用車版は68万円。先にスペーシアに乗ったらよく考えられた装備に感心、軽自動車を買うならコレだなと思ったが、アルトに乗ったらウ~ン・・これで十分じゃないか、と考えなおした。価格を聞いたあとではなおさら・・。

024-10
アルトの室内も広い。子供が立てるルーフの高さはないものの十分。シートは見た目には簡素なデザインながら、座面の後傾斜角とか、背面のランバー部の張り出し形状とか、クッションのコシと表面のソフトな硬さ配分とか、横方向のサポートとかのフィット性、サイズなどもコレでまったく問題なし。よく考えられた設定である。

024-11
実用車としての堅実な造形以上に、多少の遊び心もあるグッドデザイン。サイドブレーキもちゃんと手動レバー式が採用されている。もちろん廉価版には5MT仕様もあるし(スペーシアにはMTなし)、初心者の教習車としても最適。我々シニア世代にとっても、ATのルーズな発進時の挙動はペダルの踏み間違い事故の原因でもある。クラッチの存在はきちんと動力を断続できる安心感につながる。ペダル踏力も軽いんだから足腰の健康維持のためにもMTはおすすめ。


カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(023) = プジョー306

 2013-03-17
車検から上がってきたので、スピードメーターの作動確認を兼ねてちょっと散歩に連れ出す。
本当は生協へ買い物にでたんですが、先に給油したら、ついでに現状の燃費でも計測してみようかということになる。306は乗り心地の良さでパンダを大きくしのぐ。天気もいいし、ちょっとそこまでドライヴは家内が言い出した。

023-01
厚木を避けて七沢を抜け、虹の架け橋を渡って道志道に出る。道の駅「道志」で昼飯。適度にワインディングの連続するこのルートは2輪車も多く、気持ちよさそうにリーンさせて走っている。

023-02
道志名物のクレソンを使った料理が多い。これはクレソンつけ麺。ボソボソしていないし固くもなくつるつるしていながら柔らかすぎない。クレソンの香りがイイ。

023-03
これもクレソン添えの道志カレー。肉片は少ししか入っていないけど辛み具合が良好。まずまず。

023-04
クレソン・ケーキ。皮はパリパリサクサク。甘さ適当でうまい。そしてクレソン・サラダも食べる。時期があわないと食べられなくて、この日やっとココのクレソンを食べた。

023-05
食欲が満たされれば、次は温泉ですね。「道志の湯」は前にも紹介したが、リニューアルなって館内はきれいになった。580円で、横浜市民は特別料金。住居証明必要。さっぱりした湯質でよく温まる。ソファーで30分ほどうとうと眠ってしまった。そのまま山中湖に出て明神峠を越えてR246へ。

023-06
明神峠越えはちょうど富士山の向こう側に夕日が落ちる時間で、立派なカメラを三脚に載せて、その瞬間をねらう人たちがいっぱい。クルマもたくさん道端に停まっている。ボクもそのずーっと上の方で1枚撮っておく。みなさんのような高価なカメラはもっていません。これは最近のお気に入り、Casio Exilimという名刺サイズの小さなコンパクト・デジカメで撮りました。

 この日の走行距離は190㎞ほどで、平均燃費は16・2㎞/Lと上々。306まだまだ乗ります。
目的地の生協SMには8時頃について、無事夕飯の買い物ができました。



カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(022)=306車検 

 2013-03-16
13年前に買ったプジョー306はまだ身近にあって、今は息子が乗っている。で、車検を機に少しの間パンダと交換して乗ることにした。

022-01.jpg
スピードメーターの針が時々休む・・・という症状が出ていたらしく、今回スピードセンサーを交換。パーツそのものは6000円程度で交換工賃は2000円位。

022-02
タイアはBSレグノを装着しており、まだまだ使えるので前後の入れ替えだけ。ローテーションはしない。

022-03
ブレーキはディスクローターとパッドを前回交換しているのでそのまま。これはリアの写真で、もともとパッドはそれほど厚くはない。

022-04
スピードセンサーは10㎜のボルトを外せば簡単に抜ける。パルスを拾う配線のコネクター周辺のハンダ付けがあまりよくない例もあるそうだ。

 今回はエンジンオイルの交換程度で、あまりお金はかからなかった。壊れたり調子の悪いところだけ、その都度診るような使い方をしている。車検だからといって予防の意味で、どんどん部品を交換したりしないから車検費用は10万円程度と安く済んだ。
 もう11万㎞を超えている(メーターが休止していたからもっと走っている)がエンジンは快調。なによりも乗り心地がいいのが306の特徴。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(021)=ボルボV40のベースモデル

 2013-03-14
ボルボの試乗会で、V40の何もオプションのつかない素のモデル(269万円)に乗るチャンスがありました。

021-01
パッと見た目の外観はV40そのもので、顔だけみたら上級の60シリーズと瞬時には見分けがつかないほど。

021-02
内装やハンドルなどからやや光物が少なくなった感じもするが、詳細に見比べないと違いは分からない。パッと見にはコレの方が黒っぽい感じでむしろ落ち着くし好ましい。

021-03
見た目は変わらないがヘッドランプ球がキセノンからハロゲンに換わっている。タイアは205/55R16になるが7Jアルミは標準。

021-04
外径は変わらないが、アルミ部分が16インチになったことで足元が軽るく見え活発に動く感じがする。大きなボルボより確実に外寸が小さいだけ取り回しはラクで、しかも中にいれば大きなボルボと変わらない安心感に包まれる。


021-05
真鶴のゆめ公園はもう満開を過ぎて葉桜になりつつある。あの辺は伊豆半島の中でも暖かい斜面なのかな。

 ボルボV40の中でも、この269万円で買える素のモデルには個人的に興味があった。今の生活の中ではそう簡単に新車を買うことはできないから、「欲しいクルマのリスト」に気持ちを登録してある。コレで6MTがあり、さらにディーゼルでもあればかなり惹かれますね。
 内装も違いはよくわからないけれども、黒っぽい感じはむしろ歓迎。タイアは挙動が軽快となり乗り心地もさらに改善されている。相対的にパワーアップした感じで、ちょっと砂利が浮いているような低ミュー路面ではホイールスピンさえ起こせる。コレ、イイナー・・・。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(020)=クラウン

 2013-03-07
クラウンのプレス試乗会は横浜で行われた。

020-01
14代目のクラウンは顔が大きくなった。基本骨格は前代とほぼ同じ。

020-02
今回のMCの目玉。2・5リッター4気筒エンジンとモーターによるハイブリッドで3リッターV6に匹敵する動力性能とモード燃費23・2㎞/Lを実現。

020-03
エンジンとモーターとジェネレータの3要素をプラネタリーギアで結ぶ基本構造に変わりはないが、モーターのリダクション部分が2段から1段へと単純化された。最高速度は一応180㎞/hが想定されており、日本市場では十分な高速性能も確保されている。

020-04
何も知らずに乗っていていい後席住人にとって、活発な動力性能と静粛な走行空間さえあれば、ほかにはそれほどほしいものはないだろう。シリーズ中の約7割が法人需要となるクラウンにとって、このハイブリッド仕様がメインになることは喜ばしい。

020-05
ハイブリッド仕様は410万円~543万円と比較的安い価格設定。そして大胆なデザインなどユーザー層の若返りを図ったのが今度の開発意図。

020-06
試乗車中一番不人気だった4WD仕様にも乗る。エンジンは2・5リッターV6。380万円~513万円。山間部や降雪地方の業務使用車に最適か。フルタイム4WDではあるが、・・・うーむ、全体の洗練度は今ひとつ。

020-07
4台のった中で個人的には一番クラウンらしい仕様に思えたのが3・5リッターV6+8AT仕様。グリルのデザインが異なるアスリートにのみ設定あり。497万円~575万円。アイドル・ストップも無く、特別な手助け装置はないけど、普通に気兼ねなく使える。4気筒でも止まっているエンジンは当然静かではあるが、回っていても静粛な回り方をすると「いいエンジンだなー」と思う。

020-08
この角度からみると基本骨格は先代と同じことがわかる。アスリートの方が少し抑揚が加わり若向きとなる。

020-09
今回はインターコンチから首都高経由で大黒パーキングを往復したあと、MM21の市街地をのろのろ這い回って計21kmのルートを同じように走った。ハイブリッド車は給油後トータル(試乗会モード)の平均燃費が12㎞/L台であったが、返却するときには13・6㎞/Lまで上がっていた。ドラコンの操作がわかってきた最後の車は単独の平均燃費で15・8㎞/Lを記録。1660㎏の重量車の燃費としてかなり良好。3・5リッターV6は7・2㎞/Lであったが、コレだって昔にくらべれば格段に良くなっている。

020-10
話題を提供している「ピンクのクラウン」。これも販売に向けてメーカーとしての責任上の確認作業に入っており、本気で売るつもりらしい。

 トヨタのように膨大な車種を抱えるメーカーにとって、クラウンのような車種は難しい存在でもある。たとえばキャデラックの場合には「先進性」をうたってFWD化したことで一応の成功を見た。それでも今ではまたRDWに戻してしまった経緯もある。4WDにすれば究極か、というとそういうものでもなさそうだ。理論的に推し進めていくことも大切ではあるが、クルマは個々の魅力が好まれる部分も多い。ハイブリッド技術はその辺の部分を適当に塩梅したオモシロい商品ではあると思う。だから時代性とか職業上の意見を言えば、もちろんお勧め商品ではあるけれども、改めてフツウのV6クラウンに乗ってみると、やはりそれが一番魅力的に思えたのも事実。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫