クルマのある風景(176)=アウディA3 気筒休止

 2014-01-31
アウディA3の気筒休止エンジン車に乗りました。

176-01.jpg
負荷が軽くなるなど、条件が整えば4気筒のうちの2番3番を休止させて、燃費を軽減させるという機構をもつエンジン搭載。休止と言ってもピストンは動いておりブルブル振動するわけではない。ドライバーがまったく知らないうちに行われる。

176-02.jpg
1・4リッターエンジンは通常は140PSを発生する。

176-03.jpg
ギアボックスはDSGで、変速パドルはステアリングホイールにも着くが、固定されたものではなく一緒に動く。

176-04.jpg
フロアのレバーは前が+、後ろに引いて-。

176-05.jpg
横浜磯子付近から大黒ふ頭を往復した程度のドラコン区間燃費は13・6㎞/Lと優秀。アイドルストップ機構も自然な操作の中に隠されていてまったく気にならない。

176-06.jpg
ボディサイズを感じさせない軽快な動きがアウディの美点。
  詳しいインプレはWebCGをご覧ください。先月の取材でしたがコチラは遅くなってしまいました。4気筒の気筒休止機構は三菱自動車が20年ほど前にやっていた記憶があります。その後継続されてはいないようですが、燃料経済性の追及は日本ではハイブリッドの方に流れているようです。論理的に納得できる技術としてドイツ人にはコチラの方が受け入れやすいのでしょうか。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(175)=ルノー・キャプチャー

 2014-01-30
ルノー・キャプチャーのプレス試乗会が横浜でありました。
175-01.jpg
ブルーのツートンカラーはどことなくアヴァンタイムを思い出させる。遠目にはちょっと背の高い5ドア・ハッチバック。SUVというほどの大きさ感はなく、まさしくお手頃サイズのちょっと背の高い乗用車。

175-02.jpg
ボンネットまでのノーズの厚みはただのセダンやハッチバックとも思えない雰囲気を漂わす。地上高の高さをみるとやはりSUVっぽいカナー。

175-03.jpg
プレゼン資料から。地上高200㎜あればかなりの不整地や雪道での走破性の高さを期待できる。

175-04.jpg
エンジン排気量は1・2リッターながら、乗れば2リッター並の動力性能が確保されている。ギアボックスはゲトラークの6段ツインクラッチ式AT。

175-05.jpg
生産地はスペイン・ヴァラドリド。

175-06.jpg
価格は日本車に対抗できる設定で内容に対するお買い得感あり。日産のデュアリスやジューク、そして欧州ではダチアサンデロやクロスポロなどと同じ仲間か。、

175-07.jpg
視点が高めでよく見える。試乗コースのベイブリッジでは海も見えた。

175-08.jpg
普通のポジションではボンネットは見えないが前方路面はまずまず見やすい。

175-09.jpg
試乗コースのMM21を起点に山下から高速道路に乗り大黒ふ頭のパーキングまで、そこまでの平均燃費は車載ドラコンに寄れば6・5L/100㎞と優秀。

175-10.jpg
ここは元町の商店街。小奇麗な街並みの景観にもよく溶け込む。

175-11.jpg
狭い場所への駐車も視点の高さを利して取り回しまずまず。

175-12.jpg
リアシートは160㎜も前後移動可能。チャイルドシートを使うママにとっては運転席から子供に触れられる距離に引き寄せられる。操作はレバーで簡単に行える。

175-13.jpg
シートの表皮は部分的にジッパーで取り外し可能。ということは汚れたら洗濯機で洗える。溝にぴったりはめ込まれるヒモ状のトリムもあって表皮はズレにくい構造。デザイン上のアクセントにもなっている。

175-14.jpg
リアシートはトランクからも中央のレバーで前に押し出すことが可能。ここでも160㎜の移動量はトランクスペース拡大に効果的。

175-15.jpg
スペアタイアはテンパー。パンク修理剤とエアーポンプで済ませるようなことはしない。トランクフロアーは丈夫なボードで2段階に高さを選べるし、上下に分離積載可能。

175-16.jpg
下道で横浜市内うろうろして起点に戻ったら、ドラコン数字の燃費は9・1L/100㎞まで下がったが、アイドルストップ機構がないにも拘わらず10㎞/Lを割らなかったのは立派。

175-17.jpg
4WDだとかディーゼルでなくともこんな感じのクルマはとても魅力的だ。セダンが衰退してミニバンが流行り、その次はこんな形体が主流になるのかもしれない。個人的にはもっと光りものを少なくした簡素な外観とか、MT仕様があればなーと思う。普段の一般道での乗り心地であるとか、運転性は申し分ない。ちょっと外観は派手だが実用性は高い。標準のルーテシアもイイけど択一を迫られればキャプチャーを選ぶ。もちろんおすすめクルマ。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(174)=大井川の蓬莱橋

 2014-01-23
帰りの寄り道。今回は大井川に架かる世界一長い木造歩道橋を見てきました。

174-01
朝陽の当たるちょっと前のムルティプラ。ボンネットの補強リブのままに雪紋ができている。

174-02
遠ヶ根峠の入口はこんな感じ。枝についた雪で木々は花が咲いたように綺麗。そこに朝日の逆光があたる。思わず止まってデジカメのシャッターを押してしまった。この程度の勾配でももう坂道発進はムリ。少しバックして平地で発進してから進む。

174-03
雪道はソロソロと2速/3速のアイドリング付近で止まらないように走る。1速は遅すぎるし回転を上げると瞬時にホイールスピンする。でもトルクがないと走行抵抗に勝てないからエンストしてしまう。ある程度の速度を維持して惰性を利用しつつ少ないトルクで進むには高めのギアポジションを選んだ方が得策。だから1000rpm前後のトルクは重要。MTはこの辺の微妙な操作を楽しめる。

174-04
R257沿線の喫茶店は軒並み定休日。この日もめぐみでモーニングサービス。

174-05
引佐付近でみかんを見つけて買ってみる。この辺はポンカンが獲れるようだ。ボソボソして味がない。でも買って食べてみないとわからない。中にちょっと酸っぱいけど味の濃いウマいみかんもあった。

174-06
今回は定点観察の掛川をパス。R1バイパスで大井川を渡ってから島田の方に下りて、大井川に架かる蓬莱橋を見にゆく。この橋は世界一長い木造歩道橋としてギネス記録に認定されている。897mだったかな。有料で一人100円。

174-07
渡りきるのはムリと判断。水の流れているあたりで引き返してくる。

174-08
橋脚ももちろん木材が使われているが、さすがに流れの中はコンクリート製になっている。

174-09
そしてまた東海道1号線を淡々と進む。

 レッドポイントで燃料ポンプを交換してもらって、燃費もまた復旧したように感じるが、トータルでみると変わらない。そこで区間燃費で比較するため中間の浜松で給油。浜松ー横浜間の226㎞の平均で19・4㎞/Lと19・2㎞/Lという値を先週と今週で確認した。浜松ー岐阜ー浜松の区間は路面状況や山間部ゆえのアップダウンもあり12・9と13・0㎞/L。それで往復の総平均では14・5と14・6㎞/Lとなった。給油場所の路面傾斜や、給油機の表示誤差などもあるからそれほど正確ではないが、データをとると面白いもんです。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(173)=美濃白川の山村暮らし

 2014-01-21
雪景色

173-01
夜のうちに降ったようで、朝起きると周囲は真っ白。

173-02
ムルティを後ろから見るとこんな感じ。

173-03
黒い点々は動物のものか?、猫や犬ではなさそう。

173-04
こちらはマゴの足跡。シッカリ荷重がかかってます。

173-05
峠道はこんな感じ。岩肌のツララはこんなに大きくなった。

173-06
この日は吹き矢の練習日。上達はしないが呼吸法がイイのか喘息が少し軽くなっているような気がする。

173-07
帰りはR41号線にある道の駅ピアチェーレへ。麦飯石の温泉で温まってからたくみ鮨でランチ。

 拍手の数が本日で20000回になりました。ご愛読ありがとうございます。
当ブログはほぼ1年前にリニューアルして、孫と遊ぶ老人の日常生活などを主体に、純粋に個人的な行動の記録を綴っております。ですから親しい友人や親戚関係者が見ていてくださると思っておりましたが、そんなに数は多くありません。一般の方にも見ていただいていることに驚いています。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(172)=美濃白川の山村暮らし

 2014-01-19
三日間だけ横浜、でまた黒川へ。

172-01.jpg
用事が済んでしまうとすぐまた黒川に行きたくなってしまう。夕方4時を回っていたがサッと支度して出る。
  掛川に着いた頃にはもう暗くなっていて人影もすくない。黒川には0時半に着く。途中のR257は所々積雪があったけど60㎞/h前後で流せる程度。遠ヶ根峠手前の蛭川では猛烈な風で吹雪いて視界を遮られたが、峠道そのものは積雪も少なくまだ轍の跡もない新雪の上を気持ちよく走る。動物の足跡はちょっと不気味。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(2)

クルマのある風景(171)=美濃白川の山村暮らし

 2014-01-19
歯医者さんの予約があって一度横浜にもどる。

171-01.jpg
黒川は思ったほど雪は降らないが、路面が冷たく乾いているとこんな粉雪であっても道は白くなる。

171-02.jpg
こんなプラスティックの三角板が役に立つ。お湯をかけても溶けるがすぐワイパーを使わないとその溶けた水が凍ってしまう。お湯より水の方がイイらしい。

171-03.jpg
県道70号線はこんな感じ。路面は雪や氷の粉が吹き荒れた跡があるけど別にスリップするほどのことはない。
遠ヶ根峠は日蔭のコーナーなど一部に少し積雪あり。

171-04.jpg
この日の朝もR257のコーヒーショップでモーニングサービス。ここめぐみも前から一度入ってみようと思っていた店。

171-05.jpg
ジャム・トーストとサンドイッチがウマイ。コーヒーはまずまず。ちょっと店内はタバコの匂いがして長くはいられない。

171-06.jpg
お馴染み道の駅掛川。仙の坊オジサンの像に触るとご利益があるらしい。

171-07.jpg
この日の富士山は山頂付近に雪はすくない。山の上にこんな風に見えると本当に高い山であることを実感する。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(170)=美濃白川の山村暮らし

 2014-01-19
吹き矢ーお蕎麦ー温泉

170-01.jpg
今年初めての吹き矢。これは7mの遠い方の的。うまく意識を集中するとこんなもんです。

170-02.jpg
昼食はR256付知付近のお蕎麦屋さんへ。ここは信州そばがメインのようですがラーメンもうまいし麺類全部がうまい。白い蔵のような外観も綺麗。

170-03.jpg
餅を一度揚げて柔らかくしてそこに大根おろしを加えて、食感だけでなく香りもいい。

 この日はそのまま明るいうちにおんぽいの湯にも入ってのんびり。老後生活にどっぷり。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(169)=美濃白川の山村暮らし

 2014-01-12
各務原のレッドポイントへムルティ引き取りにゆく。

169‐01
おがせ町にある自然公園はハイキングコースにもなっており山頂からの眺めは絶景という。まだ登ってみたことはないがクルマで行ける道をたどってゆくとこんなトンネルに至る。

169-02
トンネルを抜けると関の方へ下る道にでる。ムルティプラはかってないほどピカピカ光っている。レッドポイントでの修理を終えて洗車だけでなく室内も綺麗になっていた。感謝感謝。

169-03
その近くにある迫間不動の前にある峠の茶屋、そこの田舎メシ(300円)が実にうまい。初めて行ったのは赤座社長に連れていってもらった時で、その後3回目で家内も気に入っている。コレと麺類を一緒に頼むひとが多い。ラーメンもうまい。

169-04
そしてオデン(一串80円)がこれまた絶品。味噌ダレが秘伝の味。

169-05
そして黒川に戻るとイルミネーションがまだ光っていた。こちらは12日まで。ムルティにとっては今年初めての黒川で、そうした意味ではこれで振出に戻った。自分のブログを読み返してみると、昨年初頭の記録では17㎞/L台の燃費を記録していて、最近は14㎞/L台に落ちていた。そうした性能低下からも燃料ポンプなどの劣化を察知していなければならなかったのかもしれない。

  借用した206は京都往復などで結局530㎞ほど走って平均燃費は17・4㎞/Lと優秀。国道8号の渋滞や京都市内、そして雪道走行も含めてだからかなり優秀。動力性能もまだ11万㎞しか走っていないが快調。ヨーロッパの小型車は耐久性も良好。でもハンドル表面はかなりすり減っていたから、それなりにハードに使われた跡もあった。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(168)=京都へ

 2014-01-12
京都へ。

168-01.jpg
昨夜は引佐からレッドポイントの206で黒川へ。外を見るといつもはムルティがある場所に206が朝日を浴びて光っていた。昨夜は-4度Cまで下がったが乾燥していたのか霜はナシ。

168-02.jpg
胡麻草峠の森を抜けて反対側に出ると、岸壁に滴る水が凍ってツララとなりそれが逆光を反射してキラキラ綺麗。でも手持ちのデジカメではウマく撮れないかもしれないと思いつつ一応シャッター押しておく。

168-03.jpg
各務原のレッドポイントへ行くともう早速作業は進められていた。やはり燃料ポンプが動いていなかった。で、なんと在庫アリとのことですぐ交換OK。ラッキー!。ムルティの燃料ポンプはあまり耐久性がないといわれている。レッドポイントでも新型(顔が変わった型)ムルティのポンプを最近交換した例があるという。26万㎞も走ったウチのムルティは長寿記録かもしれない。

168-04.jpg
交換作業は大変。シートを外しフロアマットも剥いで、全部外に出して中から取り出す。タンクの中にあるタイプだ。とにかく、ヨロシクお願いします・・・。ということでそのまま京都へ代車の206で向かう。

168-05.jpg
各務原のおがせにある迫間不動にちょっとお参りして、ついでにこの峠の茶屋で昼食。

168-06.jpg
R21号線。関ヶ原付近から雪が降ってくる。その辺も見越して赤座さんはちゃんとスタッドレス着きの206を貸してくださった。愛情さえ感じます。

168-07.jpg
この日は5時に約束があったが15分ほどの遅着で間に合う。R8号線で米原から彦根・大津と抜けたのがマチガイ。信号が多くて渋滞がひどい。宝ヶ池付近で食事して四条まで送ってから、せっかく来たんだから・・・と京都駅に寄ってみる。実は京都駅に入るのは初めて。家内は新幹線で来たことがあるらしく案内してもらう。

168-08.jpg
駅ビルの内部はスゴイことになっていた。階段のイルミナーションがいろいろ変化する。馬になったり謹賀新年になったり・・・。駅には駐車場もあって1時間600円。

168-09.jpg
屋上から京都の象徴、コンニャク・タワーも見える。このタワーの下に京都駅があるとばかり思っていた。JRの駅はもっと南にある。

168-10.jpg
で、帰路はもう1号線で山科を越えて大津にでる気も失せて、大原に出て途中ー琵琶湖西岸ー湖西周遊道ー長浜ー関ヶ原ルートを採る。写真は長浜あたりのコンビニ。こちらは道路にも雪があって真っ白。もう暗いので写真はムリ。奥琵琶湖から関ヶ原あたりまで、木々に雪や氷が付着して樹氷が綺麗だった。あとで考えると写真撮っておくべきだったと思うが、もう外は寒いし路肩には寄れないしトラックも怖いのでムリだった。

 この日の京都往復で480㎞ほど走行。でも面白かったナ。206はイイクルマだ。やはりMTはイイ!。 
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(167)=美濃白川の山村暮らし

 2014-01-11
岐阜行き。

167-01.jpg
今年初の岐阜行き。この日寒波襲来のニュースあり。箱根は霧で真っ白それでも車少なく頂上まで65分。次のチェックポイント道駅富士までは55分と挽回。東海道1号線は黒雲。でも掛川に着くころにはちょっと晴れ間も見えてくる。朝9時に出てここまで3時間だから順調。

167-02.jpg
いつものように天竜川を渡って右折。浜松郊外から三方原にでてインド人の作るカレーで昼食。浜松は横浜とあまり変わらないのでガソリンを補給。岐阜はリッターあたり15円くらい高い。

167-03.jpg
すべて順調で、さあR257のワインディングを楽しもう・・・と山間部へ登りはじめたら、まったく予兆もなくスーッと失速。エンジンが吹けなくなってしまった。ですぐ前に見える路肩のスペースへ惰行して入る。エンジンはすぐ掛かったが続かないで止まってしまう。あーコレは燃料ポンプだな・・・。と故障の原因は推測できたが、さて困った。

167-04.jpg
迷うことなく各務原のレッドポイントへ電話。赤座さんに新年の挨拶と共に、早速、今年もよろしくお願いします・・となる。赤座さんは救援を快諾。持つべきものは友。幸い新東名の引佐ICの出口から4㎞ほどの地点。なんと2時間ちょっとで急行。その間牽引フックを取り付けて待つ。赤座さんはなんと、プジョー206(5MT)の代車まで用意してくださった。感謝感激。赤座さん、あなたは神様です。

  26万㎞走った大古車にとって故障はありうることだが、それでも今回はまったく予期していなかった。ムルティプラは山中鹿之介かもしれない。我に七難八苦を与えたまえ・・・。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(166)=箱根駅伝・復路

 2014-01-03
箱根駅伝は東洋大が優勝。
166-01
中継所付近での観戦。スタートしてゆく人よりも、走りきって入ってくる選手の方をみたい。けど人ごみで近寄れない。

166-02
トップで走ってくる選手の前には先導のパトカーや2台の白バイ。それで少し手前からわかるが、はっきり見えるのは数m手前で雑草が邪魔。

166-03
カメラカーの取材陣も今日は寒そう。

166-04
ビッシリ並んだ観客の中ゆえ、トナリ人が振る応援旗に遮られないで撮るタイミングが難しい。

166-05
白バイと選手の距離もマチマチで両方入れるアングルもなかなか上手くはいかない。

166-06
手前からは合わせられないので、目見当でカメラを動かすが小さなコンパクトデジカメではシャッター・チャンスが意志通りには選べない。

166-07
中継点をパスするために白バイ隊は追い越し車線側のアウトに移動。スっとリーンさせて車線変更するのも手慣れたもの。

166-08
この旗で遮られてしまうこともあり、一応きた順番ではありますが抜けもある。

166-09
この選手は両足が地についてない。飛んで走っている。

166-10

166-11

166-12

166-13

166-14

166-15

166-16

166-17

166-18

165-20

  もう結果はみなさんご承知と思います。国道1号線沿線に並んだ1観客として見た風景を載せてみました。TVで見ていると編集されているから詰まっているけど、次の選手がやってくるまでは結構「間」がある。先頭の東洋大は相当に速いペースであることを実感。報道用カメラの望遠性能はすごい進化を遂げている。例年は上空を飛ぶヘリコプターの爆音で、・・ああ来たなと判断して家を出ても間に合ったが、最近はずーっと上空を飛ぶので音が聞こえにくい。それだけ遠くからでもあんなに鮮明に映ることに感心。TVでみている方が全体のストーリーは判るが、実際に現場を見ることもそれなりに興味深くオモシロイ。競技の前後にはビッシリクルマの列ができるが、案外地元ナンバー以外のクルマも多く、かなり遠方から来ているクルマもあって日本の活力を知る。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(165)=箱根駅伝

 2014-01-02
今年も正月恒例の箱根駅伝を見ました165-01
戸塚中継所あたりの風景。信号で止められるもののクルマは比較的流れている。

165-02
箱根駅伝の街宣車。

165-03
神奈川県警の白バイ。

165-04
目の前をスッと通過してしまうので撮りにくい。日大?の選手。

165-05
日体大?の選手でしょうか。

165-06
背中の文字、よく読めません。手を伸ばしてデジカメを適当に流して撮るだけです。画面内に入っていればOK。

165-07
東海大のようにも見えます。

165-08
脇腹を抑えているようですが、もうすぐだガンバレ!。

165-09
もうすぐ中継所、タスキをはずして手にもってます。

165-10.jpg
白に赤は中央大でしょうか?。

165-11
神奈川県警白バイ隊のおまわりさんでした。

165-12
カメラカー。今日は比較的暖かくてよかったですね。ご苦労様です。

165-13
東農大でしょうか?。

165--14
「解除」のパトカーがくればまもなく白バイ集団のあとから一般のバイクがやってきます。

165-15
TVでの中中継もやってます。上空には3台のヘリが滞空してます。付近住民への騒音対策のためか、かなり上の方で飛んでます。

往路は東洋大学が制する。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(164)=謹賀新年

 2014-01-01
謹賀新年

164-01
 
今年も横浜と岐阜の往復です。花が一斉に咲き始める4月が楽しみ。
よろしくお願いします。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫