クルマのある風景(267)=美濃白川の山村暮らし

 2014-08-31
ムルティプラとパンダ

267-01
8月は横浜と岐阜の往復が5往復半。やはり経済的なパンダの圧勝。

267-02.jpg
ムルティはラジェーターを交換してからは、オーバーヒートの心配もなくなり、電動ファンもちゃんと回ってます。で、今回は娘夫婦に手伝ってもらってムルティも岐阜へ持ってきました。

267-03
今年の夏は雨が多く日照時間が少ないせいか稲の生育は芳しくありません。こんな風にビョウキを患っている稲も散見されます。

267-04
晴れ間をみてマゴとの散歩も久しぶり。雲があって暑くないのは有難いのですが、いつ雨が降ってくるかわからない雲行きです。

267-05
そのせいかアジサイがいつまでも咲いてます。フツウはこの季節はドライフラワーになってしまうようですが・・・。

267-06.jpg
ヘチマとキュウリも育ちは順調。キュウリはもう獲って食べてます。

  さてムルティとパンダです。パンダは確かに経済的で快適なアシではありますが、マゴ達とみんなで出かけるときには乗り切れず2台になります。ムルティの6人乗りは価値ありです。だからズーッとムルティに乗るつもりではいたのですが、この1年の間に3度もレッドポイントの積載車に載せられる事態にいたり、長距離はちょっと不安になってきました。とはいえ、問題があればキッチリ修理ないし部品交換をし、不足分はチューニングして対処しており、現状ではむしろ新車時よりも快調といえる状態にあります。それでも29万キロ近い老体にとっては、都会の渋滞路での発進停止の連続よりも、空いていてトップギアで走れる時間も多く、更にコーナーやアップダウンではエンジンも高回転まで回せる状況のほうが好ましいことは言うまでもありません。で、岐阜で余生を送らせてやる方がイイのかなーと考えたわけです。残る問題は税金や保険などの経費がかさむことで、家内からは年末で切れる車検を機会に廃車して、パンダだけの生活にしましょう・・と通告されてます。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(266)=美濃白川の山村暮らし

 2014-08-21
連日雨模様で涼しいのはいいんですが・・・。今年の夏休み、子供たちは遊びに来ず。ちょっと寂しい。

266-01
NARDIは無事装着。親指の腹の部分などやはりコチラの方が握り心地がいい。ナシ地仕上げのスポークもパンダの内装に合っている。ムルティの例同様に操舵フィールは大きく改善された。小型軽量スポーティーカーのような繊細な操縦感覚を持つにいたった。

266-02
作業はレッドポイントでやってもらった。その往復のR41号線はちょっと飛騨川がコワい。前日には上流の高山で史上最多量の雨が降ったばかり。川幅いっぱいになって濁流が暴れて流れる様は恐怖。

266-03
今年もラジコンヘリによる農薬散布の時期がやってきた。でも散布する場所はすくなくなった気がする。マメの栽培が少なくなったのだろうか。

266-04
ヒマにまかせてNAVIの台を作ってやった。ダッシュの上に乗せるよりも、この中に設置するほうが邪魔にならない。この高さを調整するために木材の厚みを選んだ。あとは両面テープでポリカーボ板を固定しナビは吸盤で止める。取り付け剛性はバッチリながら、首振りと回転だけの方向性ある調整機構は微少の角度に対処できない。またそのうち・・・。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(265)=R418

 2014-08-16
またちょっと用事で戻る。今回は時間に余裕があってR418に踏み込む。

265-01.jpg
平谷峠、標高1160m。峠の頂上付近は道幅も広いが途中は狭くクネクネと曲がっている。対向車はまばらだがすれ違いには注意。減速または停止して譲り合う場面もある。

265-02
道の駅・信州新野千石平。立派な建物。野菜や果物、漬物にジャムなどの農産物が主体だが品数豊富。

265-03
秘湯もたくさんありそう。まだ試したところはナシ。

265-04
滝もあります。小規模でも姿かたちのいいカメラに収めたくなる滝が所々にあります。

265-05
トンネルもあります。

265-06
台風11号の通過直後だったせいか、倒木や折れた枝などで道がふさがれている個所もあった。

265-07
枯枝や落石などもアリ。ヘアピン・コーナー出口付近などにあって突然目に入る場合もあるから要注意。

265-08
枝の陰には落石や崩れた岩などもあるから踏まない方が賢明。タイアのサイドウォールを切らないように注意。

265-09
ダムの水は泥で汚れていて満々とたたえられた水量は動かなくとも不気味。この周辺の林道や山道はガードレールの無いところや、木々もなく直接眼下に渓谷や湖がみえるような水際を通るところもあるからくれぐれも注意。インもアウトも攻めてはいけない。路肩を示すペイントが無いところは陥没したり崩れていて土の無いところもある。、

265-10
初心者は踏み込まない方が賢明。お進めしません。速度を落とせば個々には対処可能ではありますが、区間が長いので集中力が持続しないと思います。2時間連続のスラロームとかジムカーナとか、そんな感じで走らされてしまうんです。

265-11
写真の左側、水窪方面から出てきたところに通行止めの看板あり。浜松側からきたら引き返すポイント。

  こんな林道を使ったこともあり、いつも寄る道の駅掛川まで7時間もかかってしまった。パンダはもう7000㎞走った。一泊ののちまた岐阜へ。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(264)=横浜往復

 2014-08-12
ちょっと用事があって一人で戻り、またすぐ岐阜へ。

264-01.jpg
道の駅掛川にて。

264-02
そのすぐ先から渋滞してしまいBPをでる。しかしどこも渋滞。その原因は花火大会の準備のようで、大井川を渡るだけで1時間以上かかってしまった。

264-03
1日たったその翌朝、台風11号がきていたが待ってもきりがないと判断して出る。大磯で西湘BP通行止め、で、R246に回り御殿場から精進湖にぬけ諏訪からR152で飯田方面へ。ここは天竜川。かなり水嵩はましている。

264-04
新しいナビ誘導で横浜ー白川ルートの一般道。しらずに従って走っていたら、県道8号線にでてそのまま行くと木の小枝や葉っぱが散乱しているひどい状況となる。

264-05
そのまま進むと飯田峠という看板がでてくる。標高1235mもある。周囲は真っ暗闇で雨は小降りだが風がつよくとにかく不気味。

264-06
大平峠だったか大平街道だったかの石碑。とにかく真っ暗でフラッシュを焚いても光ってよくわからない。こわいので長居は無用ととにかく先を急ぐ。この手前で1台の自転車に追い付いた。ちゃんとした自転車乗りの格好をしており、この先の道はどうなっているか尋ねる。と、国道が走ってますよ・・・イベントをやっているので・・・という返事だった。でも後にも先にも誰にも会わなかった。あの人どうしたかなー・・・。

264-07
やっと国道R256に出てほっとする。中津川にでて付知おんぽいの湯に入ってから黒川には10時ごろ無事に到着。ん?あとで冷静にみれば、飯田からR256に出ればよかったんだ。県道8号は飯田ー南木曽を結ぶ最短ルートとはいえ、南木曽は少し前に土石流が発生した地域だしヤバかったんだ。あの自転車のヒトはもっとはやくR256に抜けたんだと思う。無知はすくわれない。ナビに頼らず地図をもっと活用しなければ・・・反省。

264-08
翌日の白川の流れはこの程度。いつもより水量は多いが水自体は澄んでいて、石にぶつかってできる波は白い。

264-09
県道70号線と白川の流れ。

 甲州ルートは時々通る。R19からは権平峠(新しくトンネルができている)を経て伊北に出るのがフツウで、天竜川沿いに飯田に出てみようかな・・と思ったのがいけなかったようだ。でも秋にもう一度行ってみたい林道。天気がいい日には自転車集団で混みあいそう・・・。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(263)=パンダ4D

 2014-08-08
午前中寝ていて、午後レッドポイントへ行く。

263-01
ムルティでNARDIの操舵フィールになじんでしまったので、もう気になってしょうがない。パンダにも装着できますかねー・・・と相談すると、赤座さんはすかさず「ちょっと外して診てみましょうか?」イイヒトですねー、赤座さん大好きです。

263-02
昔は下から覗くとビスの穴なんかがすぐ見えたんですが、今のクルマは外し方がわからないほど巧妙になっている。でもさすがプロは違う。ちょっと触ってパッパッと簡単に取り外してしまう。そしてエアーバックやホーンの配線まで瞬時に判断。

263-03
外側のハンドルそのものは太い外観の割に軽いが、中心部の火薬が納まっているエアーバック部分が重い。

263-04
この次に・・・と長期戦を想定してNARDIは持ってこなかったが、せっかく外したんだから・・・と赤座さん秘蔵のMOMOのウッドリム、そしてコレは1個しかない貴重なものです、というFIATのホーンボタンも全部セットで貸してくれた。そして取り付けのセンターずれがないかどうかチェックするため試運転にでる。

263-05
実はNARDI専用の取り付けボスはなく、MOMOのボスを加工してつけるしかない。6個の固定ビスの位置が60度ずれているためそのままではつかない。

 借り物とはいえ、細身のウッドリムの感触はよろしく、R41号飛騨川沿いのワインディングはご機嫌で走れた。やはりステアリングホイールそのものの慣性モーメントが小さくなって、路面から加振されてそれが増幅して振れることがなくなり、ピシー・・と直進する。だからいままでのように直進を保つための保舵力が必要なくなり、指をかるく添えているだけでいい。走りの精度が確実に上がった。今までのデコボコに回る様や雑でいい加減だった路面感覚とは縁が切れて、しっとりと落ち着いていて高級な味わいが出てきた。ハンドルの向こう側もよく見えて、ワイパーやウィンカーレバーの文字も読めるしキースイッチも常時見える。この景色がイイ。

263-06.jpg
モモとナルディの違いはグリップの断面形状。モモはほぼ真円でナルディは楕円。ボクはナルディが好き。写真のNAVIはご近所さんからの貰い物。パチンコでとったそうで・・・よかったらどうぞ・・・ということでもらってしまった。GARMINより薄く軽量。でも文字が小さくて読めない。ま、慣れれば有効。取り付け位置はまだ検討中。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(262)=美濃白川の山村暮らし

 2014-08-08
予定より早く用事が済んだ。涼しい夜中に走ったほうがラク。昼寝すればいい、と判断して岐阜に戻る。

262-01.jpg
朝6時ちょっと過ぎに到着。ラジオ体操に間に合う。窓のそばにクルマが見えると安心。

262-02
冷や飯に暖かい野菜スープをかけて朝ごはん。ご近所でいただいたピーマンやキューリ、ヨーグルトとコーヒーそんな質素な暮らしも定着してきた。野菜スープはカボチャが主体ですがいろいろな種類の野菜が入っていて、これにゴマダレをかければ毎日同じメニューでもOK.

262-03
まったく手伝ってやれないが家内の家庭菜園もかなり整ってきた。ビニール傘はトマトに雨を当てないため。取り立てゆえかウマイ。ご近所からもたくさん獲れたからといって差し入れがある。ピーマンが得意なヒト、ナス・キューリが得意なヒト・・・とそれぞれに違うところが面白い。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(261) = 横浜戻り

 2014-08-07
歯医者さんの予約があって横浜に戻る。

261-01.jpg
この日は一人でもどる。アグリステーションではかかしコンテストをやっていた。

261-02
途中の東海道は清水から富士まで渋滞。自分のクルマを見ながら進むのもいい。

261-03
食事時間も全部いれて約10時間だから遅いほうか。でも燃費は優秀。過去最良の片道16・82リッターで済む。金額にして2355円。ディーゼルにして良かったと思う。ドラコンの数字を信じれば24・9㎞/L。満タン法ではキッチリ計測できていないが区間燃費20・8㎞/Lとなる。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(260)=夏祭り

 2014-08-03
美濃白川町・切井地区の夏祭り。

260-01.jpg
美濃加茂高校のブラスバンドとカラーガード隊の演技は毎年楽しみにしている。今年は最初から見ることが出来た。

260-02
かかとから先に着地する独特の歩き方。楽器が上下に揺れず水平に移動する行進は見事。

260-03
最初は旗振りから始まった。チャンとした名前があるんでしょうね。

260-04
特製の道具を使った演技。門外漢のジジィには何という名前かわからない。ゴメンナサイ。
260-05
大きな旗をきれいに閃かせるのは大変そうだった。曲のリズムにもちゃんとシンクロして完璧!。全国大会も頑張ってください。

260-06
地域の保育園児によるダンス。

260-07
こちらは小学生も数人混じったグループ。

260-08
小学校低学年のグループ。

260-09
子育てママさんチーム。

260-10
どこかのイベントで準優勝を飾ったチーム。さすがにウマイ。
TVの影響もあって、この種のヒップホップ・ダンスなどは小さな女の子の憧れ。

260-11
数百メートル?しか離れていないような至近距離から打ち上げられる花火。音もすごいから大迫力。

260-12
数えてはいなかったが相当数あり、この地区もお金持ちのスポンサーが多いのだろう。

260-13
こんなに近いところで大きな花火を見たのは初めて。マゴは「こわーい」といって最初は目を閉じて耳もふさいでいたけど、そのうちに慣れてきた。

260-14
屋台も沢山でていて遅くまで盛況。ふだんの静けさからは予想もできないほど大量に集まる。クルマもヒトも。この地区にはこんなにたくさんの人が住んでいるんだとビックリした。でも子供の数は減少傾向にあるらしい。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(259)=レンジローバーLWB

 2014-08-03
Web CG の取材でレンジローバーLWBに乗るチャンスがありました。

259-01.jpg
標準型より200mmホイールベースを延長。全長もそのまま伸びているから5mを大きく超える大きなクルマ。この日は大型台風が上陸、ここはまだ雨になっていないが雲行きがあやしい。

259-02
シート背面には後席用の液晶モニターが備わる。

259-03
英国車にしてはウッドパネルは少なく皮革の内装が豪華な雰囲気を作り出している。

259-04
LWBはもちろん後席の足元を広げるのが目的。フツウに足を組んで座れる。

259-05
ドアにはこんなシェードも備わる。

259-06
トランクには標準サイズのスペアタイアが入っている。RRらしいとは言え実際にここまでの出し入れは重くて大変かも。ランフラットが許されるクルマではある。

259-07
LWBの利点やフルタイム4WDについて書いてあります。詳細はWebCGを読んでみてください。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(258)=盛岡・酒田・長岡・白川

 2014-08-02
今年の春、川上完さんが亡くなった。葬式に出られなかったので湯沢のご自宅に伺ってから埋葬されている長岡へ行ってお墓参りしてきた。

258-01
酒田から海沿いのR7で西へ。

258-02
R290五頭というところで昼食に食べたウナギ釜飯。

 途中は写真を撮るチャンスなし。湯沢に着いた時点で4時を過ぎており、そこからまた新潟方向へ1時間ほど戻り、長岡の専福寺に着いた時には7時。もう暗くなっていた。

 そのままR117で長野、R18・R19で岐阜へ。途中は雷の鳴る嵐になったが3時ちょっとには着いた。横浜から白川まで1700㎞。区間燃費はとれなかったが、購入以来4500㎞の通算燃費は20・9㎞/Lとなる。エンジンは慣らしも進行してきて低速トルクが上がってきた。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(2)

クルマのある風景(257)=慰霊の森

 2014-08-02
慰霊の森入口にて。
257-01
33回忌が終わったあとくらいからは公式な慰霊祭ではなくなり、雫石町主催のイヴェントになっている。町会の関係車両や団体のバス、町長の公用車以外は入れてもらえない。言われたとおりに下の湖の駐車場に駐めて歩き始めたが、慰霊の森への登り口までもかなりあるし、その先550段の山道階段の往復をかんがえると、老体にとって体力的にムリと判断。諦めていったん引き揚げ、手作り村で時間調整ののち11時半ごろイヴェントが終わったころに再度訪れる。

257-02
昨年の水害で石碑までも流されてしまったようで、斜面の壁も階段も修復されていた。

257-03
酒田近くで日本海に沈む夕陽を見る。

257-04
4WDの性能を試したかったわけでもないが、砂地での走破性を見せてもらった。埋もれてしまうと非力ゆえに脱出は難しいがクリアランスが十分にあるので大丈夫。

257-05
水平線付近には雲が出ていたが、一瞬だけ真っ赤な太陽を拝めた。

257-06
今年も酒田で岩牡蠣を食べる。焼いて食べることの美味さを理解する人が増えつつあるせいか、焼き牡蠣を注文しても抵抗なし。

257-07
それでも家内は更に「生牡蠣」も食べる。

257-08
この日は酒田のルートイン泊。兵六玉の割引券がフロントに用意されていた。順番が逆で残念。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(256)=盛岡・酒田・長岡・白川

 2014-08-02
今年の盛岡行きはパンダを使う。ムルティでも大丈夫とは思ったが、この暑さゆえに老体をいたわってやりました。

256-01
日本のパーキングには日蔭の部分が少ない。ヨーロッパには日蔭の棚を作ってあるところがいくつかある。

256-02
今回は只見線で会津から米沢に抜ける。早朝の山間部は朝もやが山並みをきれいに見せてくれる。

256-03
冬季の雪崩から道を守るスノーシェッダーが続く。

256-04.jpg
朝飯はなかなか食べられないのがこの時間帯。この道の駅には会津の桐箪笥などの細工ものが飾ってある。

256-05
米沢の上杉神社脇にあるレストラン、今回はパス。

256-06
山形市内の混雑を避けてR112で寒河江へ。看板を追ってソバ屋で昼。かなり固ゆで。でウマい。

256-07
寒河江あたりもそばの産地。手打ちと器械ウチの違いを比べたわけでもないが、人に聞くと「手打ちの店ならね~・・」と教えてくれるから多少遠くとも行ってみる。その価値はアリ。

この日は盛岡の東横インへまだ明るいうちに着。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(255)=オイル交換

 2014-08-01
3000㎞走ったのでオイル交換しました。
255-01
オイルフィルターはエンジンルーム内にあって、上から専用工具で取り外すタイプ。

255-02
オイルフィルターはカートリッジ式のものが多いと思っていたのですが、パンダ4Dでは昔のように中身の濾紙だけ交換する方式を採る。

 ディーゼルエンジンはオイルが汚れやすいので早々と1回目の交換を済ます。アイドル音が少し静かになったような気もする。オイル量は3リッター。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫