クルマのある風景(389)=フレンチブルーミーティング

 2014-10-27
今年のフレンチブルーミーティングは秋晴れの好天にめぐまれ、家族連れでにぎわいました。
289-01
28回になりました。最初は2CVとR4で始まったように記憶してますが、フランス車も様変わりしてきました。

289-02.jpg
今年はクルマの外にでて楽しめました。クルマを写生する子ども達が今年の主役かもしれません。

289-03
クルマの特徴をとらえてうまく描けてます。2CVは子供たちの目にも印象が強いんでしょうね。

289-04
2CVはいろいろな用途に使えますネ。

289‐05
このおもちゃは初めてみました。自分が中に乗り込んで動かすのではなく、外から客観的にクルマの動きをコントロールするのもまた勉強になります。

289-06
どこにあっても2CVは絵になるクルマですね。例年に比べて今年は2CVが多いように感じました。

289-08
クランク掛け競走。エンジンはセルモーターで回して掛けると思い込んでいる初心者にとって、手動で掛けることに新鮮な驚きを与える。

289-09
こうして飾って遊べるのも2CVの特技。2CVはとにかく万能車。

289-10
その昔は「醜いアヒルの子」と称されたこともありましたが、何をやってもオリジナルの品格を隠せるものではありません。

289-11
最近レストアされて綺麗なブルーに塗られた2CV。内装もシートもルーフも新しく作られている。オリジナルのまま経年変化を楽しむのももちろんイイが、こうして新しく生まれ変わるのもまた一興。オーナーの世代交代によって歴史が受け継がれてゆく一つの方向だと思います。

289-12
ステージではライブも行われていた。ヴァイオリンもフランス調になると別の楽器のように感じる。

289-13
このR8は本部テントの前で夜明かししたようで朝露に濡れていたが、逆光を浴びて目を覚ました様はちょっとイイ雰囲気。

289-14
スポール・スピダーも今年は晴天に恵まれ大挙して集合。

289-15
カングーもまた日本におけるフランス車の位置を確立したクルマだろう。黄色いカングーはよく見かける。MTといえば昔はプジョーが多かったが今ではルノーの方が多いのもカングーが増えたあたりからか。

289-16
毎回マニアックで面白いクルマを展示するCARBOXは今年クリオHDiを持ってきた。1・6DEはユーロ6をクリアし静かなDEの新基準。6MT仕様。

289-17
ミシュランTRXは乗り心地をはじめとして新しい時代を開くかと思われたがその後続かなかった。その時代に買った人はメンテが難しく困惑していたが普通のタイアが使えるホイールが登場。少数派を救済する態度は立派。

289-18
ルーマニアのダチア・ロガンも珍しいクルマ。ルーマニアではタクシーやパトカーにも使用されており、さしずめ我が国のクラウンのような立場にある。

  Web CGの方にも写真載ってますので、チェックしてみてください。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(287)=ポルシェ・タルガ4

 2014-10-14
Web CGの取材でポルシェ・タルガ4に乗るチャンスがありました。
もうそろそろ記事が出る頃なのでWebCG を検索してください。

287-01.jpg
ここには顔の写真を載せたいところながら、911はやはり後ろ姿の方が印象が強いですね。

287-02
多勢に無勢かついにイグニッション・キーは右手で回すようになった。でもこれでイイと思う。

287-03
前に押してプラス、手前に引いてマイナス、これは張本人ゆえに逆にするのは難しいでしょうね。

287-04
リアシートの背後にはこんなスペースもある。ジャケットくらいなら十分おける。

287-05
カブリオレ用の油圧ストラット。これでリアウィンドーを持ち上げる。

287-06
エンジン部分はまったく見えないが、通常のメンテ用の給油口などはここにある。

287-07
ルーフを収納するだけのためにリアウィンドーを持ち上げる。

287-08
目元も現代風ロボット的になった。

287-09
ドライバーはWB間の真ん中より少し後方に座る。肩まで潜って首だけ出して運転するのが911の伝統的なポジション。

287-10
WebCGのインプレッションには4駆のことも少し書いてあります。あちらを読んでみてください。

コメント頂いたので少し補足します。911の場合には駆動輪荷重が大きいので、通常の走行ならば後輪駆動だけで十分なのですが、何しろ前後の荷重差が大きくパワー・オン/オフ時のステア特性が極端に変化します。それが911を操る上での面白さでもありました。タックインなどでフロント荷重を確保するのも一つの手ではありますが、前輪(操舵輪)に駆動力を与えれば舵角方向へ引っ張ってもらえるので、USにしろOSにしろ進路を定める助けにはなります。だからカウンターステアで単にスピンを止めるだけでなく、前輪駆動を使ってUSを助けてやれば4輪ドリフトの体制が作りやすくなり、スロットルを開けたままコーナー脱出が可能・・・というのがカレラ4が出現した時の妙味でした。現代の考え方はパワーをどんどん稼ぎ、直線ではスピードの出る高性能車にしておいて、コーナーではトラコンなどで踏めないようにして、速度を落とすことで安全性を確保するという考えのようです。911は量販車であり今や一般人のお金持ちを対象につくられていますから、その点こそ4WDにする重要なポイントなのでしょう。スポーツカーとしての操縦を楽しみたければGT3などに乗ってください、ということなんだと思います。ま、異論もあるでしょうけどボクはそう思ってます。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(3)

クルマのある風景(288)= 美濃白川の山村暮らし

 2014-10-13
京都へ。

288-01.jpg
今回は週末に近いためか東横インはとれず。思い出して、しばらく泊まっていなかった宇多野のユースホステルに投宿。まったく昔の面影はなくなり綺麗で広大な宿舎になっていてビックリ。駐車場も広くてしかも無料。

288-02
YHは京都市の管理するところとなるが、2008年に改築というか新生された。地元の北山杉などの自然木をふんだんに使いガラスを使った明るいモダーンな建物となった。時には修学旅行の団体なども利用するらしく数週間前には170名もとまっていたらしい。

288-03
昔のYHとは大違いで一般客用の家族で入れる部屋もあり、ベッドの骨格には北山杉が使われている。YHで思い出すのは1970年に初めて欧州にいったとき、フランクフルトのYHで部屋に入る前に「ソコに荷物を置いてキッチンへ行け」、といわれてジャガイモの皮むきをさせられたことがあった。今ではそんなこともなさそうだし、若者でなくとも年配者でも泊まれる。

288-04
夕飯も充実していて美味しい。もちろんこれにご飯やみそ汁がつく。

288-05
食後ロビーに行くと、アルバイトの女子大生たちが近隣の観光名所の説明をしてくれる。宇多野のYH周辺だけでも散策やハイキングで時間を過ごせる。鳴滝は秋の紅葉が見事のようだ。

288-06
それから中国茶の試飲というか淹れ方や飲み方の講習もあった。YHでは折に触れていろいろなイヴェントが用意されている。

288-07
細い方の茶わんに注いでもらい、そのうえにオチョコのような茶碗を載せ一気に上下さかさまにする。お湯を冷ます?んでしょうか。ウーロン茶にもいろいろあるんですね。

288-08
お茶菓子かわりに「種」を食べる。白いのがカボチャ、白黒がヒマワリ、黒はスイカです。これを自分の歯でパチッと割って中身を取り出して食べる。参加費無料。

288-09
これは「山かけそば」。YHとは無関係です。昼飯として京大病院の前のソバ屋で食べて、さすが京都と感心した。フツウはつゆそばの上にただ擦った山芋を載せてあるだけだが、残さず食べるには汁を全部飲まなければならない。その点この店では汁を底の方に少なくいれて、山芋にそばを絡めて食べやすくし、山芋もあまり残らない。最後は蕎麦湯で飲み干せるようになっている。

288-10
帰路はちょっと彦根による。安土城跡など史跡を巡るならばこの近江戦国の道がいい。ここはブログ読者の方からR8号線より混まないと教えていただいた県道2号線。R8は3速/4速で走るしかないがココは時折でも5速が使える。

288-11
彦根城の前には駐車場もあり2時間200円と安い。古い町並みの中には土産物屋や飲食店もある。

288-12
散歩道にはこんな像もある。ヒコニャンではなく奈良でみたセント君に似ているような気もする。ヴェローナで見たジュリエッタ像と同じように皆が触るからソコだけ光っているのが面白い。

288-13
彦根城は外堀も内堀もあって立派。近寄ると天守閣は見えない。

  岐阜にちょっと寄って、そのまま夜のウチに横浜へ戻る。今度の台風19号は荒れそうだから横浜も心配。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(286)=美濃白川の山村暮らし

 2014-10-07
台風18号が通過した翌日の木曽川。
御嶽山噴火の火山灰が混じった灰色の濁流。

286-01

286-02

亡くなられた方々のご冥福お祈りいたします。
被災された方々、お見舞いもうしあげます。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(285)=美濃白川の山村暮らし

 2014-10-07
保育園の運動会

285-01.jpg
今年の秋の運動会は保育園児だけでなく、地域全体の大人の人たちも加わった大規模なものとなる。この合同運動会は3年に1度開催されるが前回パスされたので6年ぶり。台風18号の影響で当日は雨、体育館内での開催となった。

285-02
園児全員でこの少人数。子供たちは地域全体の宝物といったところ。皆で可愛がってくれる。

285-03
観客も含め全員でラジオ体操。

285-04
がんばれー・・・、板の上は滑りやすく走りにくそう、転ぶなよー。

285-05
年少組三歳児のリズムの演技。タイコがうまくたたけるかな。

285-06
綱引きは年中年長組の子供たちと自治会長さんとの決戦。もちろん子ども達の勝。大人のグループは東西北の3グループに分かれて地域決戦。大人が本気でやるので間近で見ていると迫力満点。

285-07
4歳児の旗を使ったリズム演技。

285-08
紅白対抗リレー。園児たちは4分の1周。小学生から上は1周ずつで大人まではバトンが受け継がれるが園児は丸い輪が使われる。

285-09
玉入れは籠の位置が高くて旗のロープの上にあり、あそこまで届くのかなー・・とおもったが皆さん上手。3つに分かれた地域住民は誰でも参加できる。小中学生も多かった。

285-10
ひとーつ、ふた―つ、みっつ・・・・北チームは3分間で145個いれて完勝。竹の棒はこんなに長い。

285-11
最後は年長組の鼓隊。

  前日はちょっと用事があって深夜走って朝8時の開始時間に間に合わせる。ちいさな子ども達は大きな大人を動かす不思議な力があるんですね。あーおもしろかった。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(284)=美濃白川の山村暮らし

 2014-10-07
茶臼山。愛知県の最高峰1416m。

284-01
朝早めに出てR257の途中から茶臼山に登ってみる。朝食は久しぶりにらんらんのモーニングサービス。400円と値上げしないのは立派、ながら・・・甘味がミカン1個になってしまった。ゆで卵食べ放題は変わらず。

284-02
アグリステーション道の駅西納庫の交差点から茶臼山スカイラインが始まる。ここはまったくのヒルクライム・コースだけで途中には何もない。パンダ4Dはほぼ4速5速で登れる。クルマで行ける最高地点でも標高1200mはありそう。少し歩けば360度展望が開けるようだ。

284-03
矢作川源流の碑がある。ここには一般車は入れない。

284-04
ワンと鳴くカエルをみたかったがこの日はお休み。ここにはパワースポットがありピリピリくる所がある。

284-05
確かに木や石もパワーをもらっている気配が感じられる。

284-06
この日はそのまま横浜戻り。パンダのドラコンでは26㎞/L以上走っている。
往復5000円で済む燃料代は年金生活者にとってありがたい。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(283)=美濃白川の山村暮らし

 2014-10-07
京都へ

283-01
進進の裏駐車場にて。

283-02
日帰りで京都往復。
写真を撮るヒマもありませんでした。ここは北山の「進進」。市内はクルマを止めてちょっとお茶を飲むような場所が限られるがココは比較的空いているし落ち着ける。コレはなんと「フレンチ・トースト」の新メニュー、美味しそうでしょう。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(282)=美濃白川の山村暮らし

 2014-10-07
稲刈り

282-01
ベージュのパンダ4Dはこんな田園風景にもよく似合う。今日は稲刈りの手伝い。と言ってもボクは刈り残した稲穂を見つけてちぎってくるだけ。いわば落穂ひろい。 

282-02
農業も現代のハイテク化で刈り入れも機械が自動でやってくれる時代だ。刈り取られた稲穂はモミだけ袋にはいって出てくる。しかしここはまだ棚に掛けて天日干ししてから脱穀する。手間暇かかるがこの天日に干すことにより美味しいお米ができるとのこと。

282-03
ローズマリーとかセイジとか・・、野草を干して煎じて飲む。最近は喘息もすこし治ってきたようだ。ドクダミが意外に効いているように思う。

282-04
食事も質素ながら充分。野菜スープはいまでも毎日飲んでいる。とろろと納豆、もらったコンニャクの刺身、メロンも近所の方から頂いた。草取りは苦手で最近のボクの仕事はニンニクの皮剥き。

282-05
ニンニクをアルミホイルにくるんで塩を振って焼くだけ。クリよりほくほくして美味しい。TVCMでよくみかけるクスリの類は一切呑まない。原料をそのまま食べる方がシンプルでいい。このニンニクは黒川の営農組合で買ったもので地元産。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(281)=美濃白川の山村暮らし

 2014-10-07
市の倉ファッションショー

281-01
「・・〇〇チャンのお母さんがおどりをおどるんだって・・・」というつたないマゴの言葉に惹かれて多治見に行きました。市の倉美術館の庭でイッセイミヤケと陶芸家グループのコラボという形でファッションショーが行われていた。聞いていた時間に20分ほど遅れて着いたらもう始まっていた。

281-02
一般市民の方も参加しているようだが、織物なども凝っていてなかなかレベルは高い。写真が下手で恐縮。

281-03
モデルのお嬢さん方もいわゆるプロではなく一般の方らしいが美しい人ばかり。

281-04
アチコさんの踊りに間に合ったが見物する場所をちょっと誤った。〇〇ちゃんのお母さんピョンピョン跳ねていてきれいだったね・・・というのがマゴの感想。

281-05
アチコさんのお祖父さんが陶芸家で人間国宝(!)の方、・・・ああそういうわけですか。園児のママトモと思って気やすくお話させていただいてましたが失礼しました。
281-06
こんな写真じゃ申し訳ない。素材もいいし色もいいしカタチもいい。昔、海外取材などの折にローカルなこの手のショーも何度か見せてもらったが、世界の一流ファッションにまったく負けていないレベルの高さに驚いた。

281-07
若い陶芸家のお兄さん達もモデルとして登場するなどしてショーを盛り上げていた。多治見市長?さんも出演していたようだ。観客動員もこのとおり大勢で素晴らしいショーでした。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(280)=美濃白川の山村暮らし

 2014-10-07
黒川の朝市

280-01.jpg
月に一回の朝市にまにあいました。まだ早い時間でヒトも少ない。

280-02
松茸ごはんが旬ですね。作り立てで匂いがまさに松茸。

280-03
コレは新製品のカボチャ餅のあんこ添え。ま、見た目通りの味です。

280-04
お米の収穫時期なのでオヒツも必要でしょう。木製のキッチリした造りで長く使えそう。

中津川からエレキバンドのグループも参加して祭りを盛り上げていた。マゴ達も前の晩から泊まりにきて一緒に見に行く。まだ早かったようで開店間際でお客さんもまだ集まっていない時間だった。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(279)=美濃白川の山村暮らし

 2014-10-01
パンダとムルティ。

279-01.jpg
なぜか8月9月はいそがしく横浜と岐阜を往復してます。夜間の移動は効率的で、次の日半日寝ていたとしても身体的にはラクです。深夜の道の駅掛川にて。

279-02
各務原のレッドポイントでアライメントなどのチェックをしてもらい、タイアに窒素もいれてもらいました。

279-03
スタッドレス・タイアでもショルダーの減りはこんなもの。新しいパンダのアシは接地性がよく路面と平行にずれる感じでタイアがグリップしていることがわかる。もう13000㎞を後にしている。通算燃費で22㎞/Lと優秀。

279-04
赤座さんから、マフラーの出口にステンレスメッシュの「タワシ」を巻くと抜けがよくなりますよ・・・と聞いて、早速やってみる。コメリで勝ったタワシは145円。効果アリと判定。ムルティとパンダ両方にやってみました。でもねー…もう少しなんとか・・・。

279-05
ムルティもアイドリングがより静かになったような気がします。5速トップギアでの60-70㎞/hのピックアップもよくスッと加速します。

本当はここまで9月のブログに入れたかったのですが何かと忙しくて・・・・。月に10回以上の更新は持続できませんでした。9月最終日は日帰りで京都に行ってきて10時に帰還、やっぱり眠くて間に合わず、残念。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(278)=美濃白川の山村暮らし

 2014-10-01
東座で古舘由佳子さんのヴァイオリン・コンサートがありました。

278-01.jpg
行きつけのENEDSスタンド、ぬいやのお兄さんがこんなビラをみせてくれました。

278-02
ヴァイオリンと歌舞伎舞台のとりあわせは最初ちょっと合わないような気もしましたが、古館さんのお話によればジプシー・ヴァイオリンというのはレストランなどの客席の間を動きながら演奏することもあるそうで、聴衆と身近な距離で演奏することが妙味とか。

278-03

  豊根村から急いで帰ってきてなんとか6時半に間に合いました。
東座では中村勘九郎も見せてもらいましたが、ヴァイオリンを聴くのもまた貴重な体験でした。
ハンガリーの話なども懐かしく思い出しました。「NPOむらざと」はいろんなことをやってくれます。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(-)

クルマのある風景(277)=美濃白川の山村暮らし

 2014-10-01
豊根村に行ってみました。

277-01.jpg
ここはR363沿線の中津川。恵那の近くには大きな川がいくつもある。中津川も大きな川幅をもち綺麗な水が滔々と流れている。こんな滝のような段差もある。R363からR257に出ようとおもったら工事で行き止まり。Uターンして恵那に戻る

277-02
御園という部落でやっと見つけた食堂というかソバ屋「茶禅一」。とにかくこの辺には人家もまばらで食事するにしてもなかなか見つからない。駐車場の前には雄大な山並みが眼下に広がる。

277-03
若い職人さんのようではあったが美味いそばを食べさせてくれる。

277-04
こちらは茶そばなのだが、フツウのそばも交じっている。混ぜないほうがイイんじゃないかと思う。

277-05
こちらはそば搔きぜんざい。お湯はいらない。味がうすまるだけ。

277-06
その茶禅一ですすめられて竹内敏信さんの写真展を見る。廃校になってしまった小学校を「花まつりの館」として利用。竹内さんの写真を常設して飾っている。

277-07
花まつりはこの辺一帯で行われる大規模な踊り主体のお祭り。

277-08
売木にある道の駅「信州新野千石平」にも花まつりのモニュメントがある。

 豊根村に行った目的。親戚の人が田舎暮らしを始めたいという、で、豊根村にいくつかの貸物件を見つけそれをネットで確認。本人の代わりに見に行ってくる。豊根村では愛知県の肝いりで古民家を再生している。これは過疎化を防ぐための一環。付近のヒトに聞いてみた。物件はそれなりに大きな敷地で月に3万円+程度の安価な賃貸料で借りることができて、子育てなどの環境は抜群。喘息も治るらしい。しかし草刈は大変だしイノシシなどの訪問もある。近くにコンビニなどのお店は無い。だから(我々を見て・・・)老人になってからの田舎暮らしはあまりススメられない。若い人たちにこそ合っている、とのこと。中学生以下の子供が同居すると賃貸料はさらに2割ほど引いてもらえる。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(276)=美濃白川の山村暮らし

 2014-10-01
日本一の木造水車

276-02
近隣にはあちこちに道の駅があります。この山岡の大きな水車も見ものの一つ。コレ木造です。

276-01.jpg
おばあちゃん市という名前もユニーク。

276-03
こんな小さな水車もビュンビュン回ってます。

276-04
ムルティ君も快調。この周辺を走っていると14㎞/Lは確実に走る。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫