クルマのある風景(351)=欧州クルマ旅(5)スペッロ

 2015-06-29
ウルビノも気に入ったし宿の人たちも親切.。で、連泊を考える。しかし生菓子のお土産も気になるし・・・先を急ぐことにする。
351-01.jpg
朝日に輝くウルビノの旧市街。コレが宿から眼下に見える。もちろん世界遺産のひとつ。古い情報ながらヨーロッパの世界遺産は400くらいあってそのうちの半分以上はイタリアにある。朝日が先に当たる斜面もイイが、このB&Bは夕日が綺麗。

351-02.jpg
中に入ると迷路のようではあるが丘陵地帯ゆえ登り下りや左右への振り分けで方向を誤ることはない。イタリアの風景は斜めからの光による陰影が実にイイ。

351-03.jpg
そのままアペニン山脈の背骨付近を南下してスペッロへ。ここは家内が雑誌の写真を見てリストアップしていた地点。スペッロは花の町だ。生垣のジャスミンも見事。

351-04.jpg
家々の壁も花で埋まる。

351-05.jpg
たぶんココが雑誌に載っていた写真の場所。

351-06.jpg
日中は結構暑くなりテントで日陰を作ったレストランに入る。こうした外のテーブルで食べる食事は特別にうまい。

351-07.jpg
サラダの定番ながらバジルもポモドーロもモッツァレラもうまい。国旗の色と同じだ、まさにイタリアを食べる感じ。

351-08.jpg
そのまままた山越えを続けてペスカーラ近くのリストランテ・イル・チンクエチェントへ。ここはもう何度かきているがこの日はあいにく休業閉店だった残念。せっかく着たのに。

351-09.jpg
で、また海沿いの一般道を走っていて、B&Bの看板を見つけて入る。

351-10.jpg
部屋は二階にありベランダつきで、外に出てみるとアドリア海に沈む夕日が見える。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(350)=欧州クルマ旅(4)ウルビノ

 2015-06-28
アドリア海に沿って南下。

350-01.jpg
ヴェネチアを過ぎてキオッジアあたりでは両側に海が見えるところがあります。

350-02.jpg
イタリアのみならず欧州でトイレを探すのは一仕事。Barに入ってコーヒーを頼んで・・・というのも手段ですが、マクドナルドで休憩しても綺麗なトイレを借りることができます。

350-03.jpg
OBIという大きなスーパーマーケットで水を買う。1瓶のつもりだったので、パックをバラして取り出していいか尋ねると、全部買ったほうが安い・・・と教えてもらう。コレ6本全部で1・9ユーロ。

350-04.jpg
リミニあたりで昼食にしようと海岸ぎりぎりにある道路に入って、海をみながら食事できる店を探す。手前に見える旗の下のものはシャワー。砂浜で日光浴したあとなどで勝手に使っている。

350-05.jpg
魚介類の煮物。ここは写真のメニューがあり指させばOK。

350-06.jpg
リミニを過ぎたあたりから山に入り、ウルビノ付近で面白そうな旧市街を見つけこの辺に泊まれないかなー・・と宿探し。するとB&Bが見つかる。

350-07.jpg
そこはウルビノの旧市街を見下ろす高い丘の上にあり、太陽が沈むころの夕日は下から光が差すので逆光にあたる花々が綺麗。

350-08.jpg
夜は食事するところを探しながらちょっと旧市街も散策する。アッシジやペルージアと似ていなくもないが、イタリアのこうした古い町中は昼より夜の方がキレイ。

350-09.jpg
夜景を見ながら外のテーブルで食べる。ボクの飲み物はもちろんコーク。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(349)=C4カクタスで欧州クルマ旅(3)

 2015-06-26
経緯は省略しますが、この日のうちにヴェネチア近くのプレチェニッコという村に着かなければならない。数年前に買ったGARMINナビはもう古いモデルではあるが、いろいろなデータも入っているので今回も持参した。そのナビの誘導に従っていたら道は行き止まりとなり、その先はフェリーに乗れと指示される。アルプスを越える手段の一つで鉄道の貨車に載ってトンネルで抜ける。これは初めての経験。ナビ設定は有料道路を通らずに最短距離となっている。

349-01.jpg
道はこのゲートで行き止まり。フェリーといっても船とは限らないんですね。駅舎の中にも周囲に聞く人もおらず多少不安ではあったが、興味津々。

349-02.jpg
数分待つと我々の後ろにクルマの列ができる。知っているヒトは時間を計算してやってくるんだ。反対方向から電車もやってくる。

349-03.jpg
窓口に係員もやってきて料金を徴収。17ユーロだったら峠を越えるガソリン代より安い。これに乗員2人分の料金も含まれる。

349-04.jpg
台車はプラットフォームと同じ高さだから、ハンドルを切ってそのまま横から乗ることができる。そして前につめればOK。

349-05.jpg
クルマに乗ったままは許されず、前方のキャビンに歩いて移動、普通の乗客席に座る。トンネル通過が主体で全部でも30分足らず。景色に見とれているから眠る暇などない。

349-06.jpg
貨車から降りてUターンして駅舎の前で記念撮影。

349-07.jpg
少し行くとコルチナ・ダンペッツオの峻険が目の前に見えてくる。ココはまた帰りにゆっくりと寄ってみよう。

349-08.jpg
1977年にカロツェリアイタリアーナ77というイヴェントがあった。イタリアのカスタムカーが大挙してやってきて晴海で大きなショーが開催された。その仕掛け人がエンリコ・ヤマザキさん。そのヤマザキさんは若くして亡くなり今は奥さんの実家近くで安らかに眠っている。その墓参りをする。この日はヴェネチア近くに泊まる。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(348)=C4カクタスで欧州クルマ旅(2)

 2015-06-26
昼ごろ羽田を発って、ミュンヘン空港には夕方6時頃到着。TTへ電話して迎えにきてもらう手はず。電話器を見つけるのは大変。携帯の普及でココでも数は少ない。カードでもOKだが上手くいかずやはりコイン(ユーロ)が有効。迎えにきてもらって、返却場所が異なるのでそこまで移動。このクルマそのもので迎えにきてくれた。
348-01.jpg
パリからの移動と長期保管によるものかかなり汚い。もともとそんな色をしていることもある。それにしても顔がヘン。

348-02.jpg
教えられた近くのGSで満タンにする。返却時に満タンで返す必要は無い。ゲージ残は4分の一以下。

348-04.jpg
32・02リッター入って48・0ユーロ。自分で給油して4番という番号をレジに言って申告しカードで料金を払う。

348-03.jpg
33kmから開始。

これが一日目のスタート。とりあえずドイツを出てイタリアへ向かう。途中アウトバーンのラストホフで食事。少し暗くなってきてどこでもいいから宿を探す。国境を越えてオーストリアへ入ったあたりの村でホテル見つけて投宿。少し暗くなってきた頃がネオンサインが点灯して見つけやすい。それでも189km走った。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(347)=C4カクタスで欧州クルマ旅(1)

 2015-06-24
シトロエンC4カクタスを借りて、1ヶ月くらいの予定で欧州クルマ旅をしてきました。

347-01.jpg
今回はミュンヘン経由にしました。計画時点での世界情勢により、パリ基点より安全なのかなーという判断です。
この写真は終盤のサン・ベルナルディーノ峠の頂上付近です。

347-02.jpg
ミュンヘンから南イタリアへ降りてミュンヘンに戻り、余った日にちでドイツーフランスースイスーオーストリアも観光して、6500kmほど走った車載ドラコン数字です。通算で5・4L/100kmは日本式の1リッターで何km走るかにすると18・5km/Lとなります。1・2リッター・ガソリンの5MTですが、かなり良好であると思います。

347-03.jpg
この写真はイタリアの南、土踏まずの真ん中あたりで、ルパン三世の漫画にでてきたカリオストロ湾を見下ろす高い断崖の上に立つキリスト像のあるところです。MARATEA?だったかな今回の最南端です。

本日帰国したばかりでまだ整理してません。そのうちもう少し詳細にお話しましょう。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(3)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫