クルマのある風景(421)=ボルボXC90

 2016-02-22
ボルボXC90登場。

421-01.jpg
何もかも新しくなってボルボは新世代に入る。エンジンもシャシーも車体やデザインも・・・・、今後ボルボはこの流れで新型に切り変わってゆくようだ。XC90はとにかく大きい3列シートのボルボを欲しい人に向く。

421-02.jpg
エンジンは4気筒2リッターの新設計。これ一種のみでディーゼルも搭載されない。パワー/トルクが十分に確保されていれば、排気量や気筒数など関係ないという考え。

421-03.jpg
室内のコントロール類、スイッチやレバー操作に至るまで今までとはまったく異なる。結局担当者が新しい人に代わって、全面的にボルボのイメージからして根本的に刷新したかったのだろう。

421-04.jpg
乗り味も変わって、コレまでのボルボとは違って良くも悪くもインターナショナルになった。タイアは20インチを履く。

421-06.jpg
乗り味という意味ではイメージの一新を図ることに成功。ボルボもまたもっと沢山売りたいのだろう。ブランドイメージは継承されているから悪かろうはずはない。市場の反響がどう変わるか、変わらないのか興味あるところ。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(420)=JAIA試乗会

 2016-02-14
今年も新春恒例のJAIA試乗会にいってきました。

419-01.jpg
アウディA-1。
419-02.jpg
一番小さなアウディですが、活発に走ります。
419-03.jpg
1リッターエンジン車の選択肢は実は少ない。

419-04.jpg
カングー・ゼン。
419-05.jpg
6段マニュアル。MTで乗れるクルマが少なくなっていますからコレはねらい目。このMTはシリーズ中の3割を占める。売れているんですね。
419-06.jpg
リアシートに3人しっかり乗れる。たためば広大な荷室となる。
419-07.jpg
エンジンは4気筒1・2リッターで旧カングーの1・6リッターよりパワーも大きく良く走る。
419-08.jpg
リアはスライドドアー。
419-09.jpg
今回の試乗車の中で、個人的に一番興味のあったクルマがこのカングー・ゼン。

419-10.jpg
シトロエンC4ピカソ。
419-11.jpg
この広大なウィンドウーがイイ。上の小さなミラーで後席の様子を見ることができる。
419-12.jpg
シフトレバーは細い棒。繊細な操作を心がけるならこの程度の入力で十分ということか。
419-13.jpg
こちらのリアシートもカングーと同程度か。
419-14.jpg
後姿は顔ほど個性的ではない。

  今年のJAIA試乗会はフォードが参加を取りやめたり(今年いっぱいは販売される)ちょっと寂しい雰囲気でもあったが、やはり個性豊かな輸入車は見ているだけでも楽しい。カングーは大磯周辺の一般道だけでもドラコン数字で11~12km/Lと出た。旧型の1・6はやっと2桁に届いた程度と記憶している。大容量積載車としてはイイ方だと思う。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(418)=シトロエンC4カクタス

 2016-02-05
パンダのクラッチを直してもらう間、カーボックスより代車としてシトロエンC4カクタスを借用することになった。このクルマはデモカーで試乗させてもらうこともできるから、興味ある方は電話かネットで連絡してみてください。(045-913-3566)

418-01.jpg
このカクタスはガソリン1・2リッターの5速マニュアル。昨年初夏にドイツからイタリア南端を往復したときに借りたものとまったく同じ仕様なので興味津々。

418-02.jpg
あのときは約1ヶ月で6500kmほど走ったが、その全平均燃費は20・7km/Lとすばらしかった。それが日本の道路でも再現できるかどうかということに興味があった。結果はほぼ期待とおりだった。これは念のため途中で撮ったものだが、東海道1号線で箱根を超えて静岡県に入りまた同じく箱根を越えて、一般道だけの444kmの平均もこの数字だった。また満タン法では20・5km/Lと、ドラコン表示が正確であることもわかった。

418-03.jpg
これはいつも行く近所のスーパーマーケットの駐車場。一般的なワンボックスより一回り小さくて長さも短い。このサイズ感がとてもイイ。

418-04.jpg
給油して自宅周辺を走った時の表示、ほとんどトップギアは使っていない。ま、渋滞モードに近いものだが、それでも17とか18km/Lは持つようだ。

418-05.jpg
ドアも含めて外装の樹脂パネル部分が多いので、ドアなどをぶつけられてもさして気にならない。

418-06.jpg
カーボックスに返却に行ったら、ディーゼルのAT仕様(白い方)があったので並べて撮る。いずれにせよ面構えは無愛想。

  カクタスはムルティの後継車として有力候補だったが、結果はパンダ4・4Dが勝った。それもあって欧州ではガソリンのMT仕様を試してみたのだが、日本で乗ってもなかなか魅力的。こと燃費だけに限っては、リッター20km/Lもてば十分。そしてエンジン部分のノーズが軽いから操縦性も軽快。もちろん音も静粛。といって今すぐパンダと入れ替えるつもりは無い。パンダで問題になるのは、マゴを乗せるとかふた家族が一緒にのれないことがちょっとネック。他にはカングーの1・2リッター6MTにも興味はあるし・・・、まだまだそう簡単にはことは運ばない。カングーのゼンにはJAIAで乗れそう。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫