車のある風景(428)=レクサスGS-F

 2016-03-28
レクサスGSに5リッターV8を搭載、オプション込みで1200万円の高価格高性能車に乗る。
インプレッションはWeb CG をチェックしてみてください。

428-01.jpg

428-02.jpg

428-03.jpg

428-04.jpg

428-05.jpg

428-06.jpg

428-07.jpg

428-08.jpg

428-09.jpg
 
  直進性と乗り心地に改善の余地あり。また電気接触による各種レスポンスの感触の悪さが顕著。電気の流れを光や音のように速いと思っている人もいるが、クルマの電気は秒間4センチ位しか進まない。ウソだろう!コッチでSW入れれば(離れている)アッチの電気が点くじゃないか・・・と言われるかもしれないが、電圧がかかっているからトコロテンの原理で押し出されるだけ。カミナリ様の閃光だってあんなに電圧が高くても目で見ることができる。電子制御っていうのは途中経過を微細にコントロールするのには便利だがけして作動が速いわけではない。
  このての高性能車の中ではフェラーリ458がまずまずのレスポンスを見せるが、倍額であることを考えればGS-Fは安いともいえる。自分の気に入るようになるまでチューニングしていくと際限なく費用はかかる。全長5mの車が1・6トンにまとめられれば軽い仕上がりともいえるが、やはり軽量小型のライトウェイト・スポーツカーが機敏なのは当然。極論すると軽トラがオモシロく、乗ってタノシイのもまったくムベなるかな・・・。

スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(427)=ボルボS60T3/XC60T6 

 2016-03-26
ボルボに1・5リッターの新T3エンジン登場。

427-01.jpg
外観はコレまでのS60とほぼ同じ。

427-02.jpg
T3といっても3気筒ではなく4気筒。新しいものは3気筒でもスムーズでパワフルな例はいくつかあるが、やはり気筒数に対する信仰?はまだあると思う。排気量は小さくなってもシリンダーの数は多いほうが魅力あり?。

427-03.jpg
内装も変わりなし。

427-04.jpg
1・5リッターでも2リッターでもパワー感は変わりなし。1500~2000rpm付近のトルクを充実させて、あまりエンジン回転を上下させずに、速度変化は文字通りギアボックスの仕事と割り振っている。だから面白味の点ではMTのようなわけにはいかない。

427-05.jpg
それでもT3はノーズが軽いので動きは軽快。

427-06.jpg
S60T3とXC60T6。

427-07.jpg
XC60T6は先日加わったXC90のエンジンと同じ4気筒2リッター。ボルボは今後2リッター以下4気筒以下のエンジンですべてをまかなう方針らしい。必要なパワー/トルクはチューニングの範囲でいかようにでもなるということか。

427-08.jpg
矢継ぎ早にいろいろ出てくるということは、ボルボ自体が元気な証拠なのだろう。
次は電気とDEのハイブリッド車か。詳細はWeb CGをごらんください。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(426)=味噌造り

 2016-03-16
味噌造りを体験してきました。

426-01.jpg
これで7kgほどあります。大釜にいれて水にひたす。

426-02.jpg
今回は2つの釜で同時進行。

426-03.jpg
薪をくべてがんがん火をたいてゆくと白く泡があがってきて、その塊のような灰汁を取り除く。

426-04.jpg
更にがんがん薪を燃して煮てゆく。とにかく焦がすと最悪。それだけ気をつけて水を足しながら2時間から3時間ほど煮込む。

426-05.jpg
ボクの担当はとにかく薪をくべて火を絶やさないこと。これを3杯分続けて行う。

426-06.jpg
茹で上がると網ですくってお湯と分離。その茹で湯もあとで使う。2度目3度目はまた新たに水から始める。この茹で上がりの判断が難しい。指で柔らかくつぶれることは勿論、割った断面が平らではなく少し膨らんだ頃というかベテランの見立てが必要。有機栽培の豆と普通に肥料をやった豆とでは、茹で時間が30分以上違ってくることもある。

426-07.jpg
茹った豆は電動モーターで粉砕する。

426-08.jpg
それに塩とか麹菌を混ぜたりして練りこんでゆく。この辺はよく観察しなかったので詳細不明。塩の配分とか難しい部分がありそう。もう何十年もやっているベテランでもその辺の呼吸で毎回感触が違うらしく、まさしく手作り味噌の妙味?。十分に冷やしてから混ぜないと菌がうまく発酵しないようだ。その辺の温度管理も指の感覚で進行させてゆく。

426-09.jpg
最後に容器にしまうときは、おむすび大の塊をたたきつけて空気を抜く。そしてサランラップでピッタリ封じて空気を入れず、上から重し石を載せて、この先1年とか2年とか・・・もっと先まで風通しのいい冷暗所で保管される。カビは敵。この状態のものを2年ほどまえに譲ってもらったが、そろそろ在庫が無くなってきた。
とにかく手作りで味噌を造るのは、想像以上に手間隙かかることが判明。機械で大量生産するスーパーで売っている味噌でも結構美味いものもあるが、やはり手造りモノは一味違って当然。それも何かの手違いで失敗することもあるという。とにかく大変な仕事であると実感。

426-10.jpg
横浜への帰路はR257-R1経由で、興津からR52号に上がって富士の裾野を通った。写真はR469の十里木あたり。雨は雪に変わって少し降ってきたが、勿論パンダは速度を落としただけで問題なし。この日は10時間で帰ってきた。

  以前ミラノでカルロ・キティさんに聞いた話。日本のスパゲッティ茹で上げマシーンは素晴らしい、温度も時間も管理されているから何時食べても安定して美味い。イタリア人の作るパスタはその時の気分に左右されるから、美味い時もあるが不味い時もある。・・・同じ食べ物でもいろいろあるから美味いか不味いか比べられるんですね。美味いものを食べ続けていると、それが基準になってしまって感激しなくなる、だからたまには別の味で刺激も必要か。いろいろあってこそ微妙な違いがわかってオモシロイ。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(425)=岐阜からの帰り道

 2016-03-04
2月は岐阜往復が2回しか出来なかった。

425-01.jpg
件の「物味湯産」の温泉めぐりはもう10回を超えた。同じところへは2度使えないので二本木の炭酸泉には2冊目を購入した。
そのすぐ近くにある木曽温泉は冬季は不定期営業となっている。そこでちょっと様子を見に開田高原のほうへ踏み込んでみる。
が、やはり休業の看板が下がっていた。

425-02.jpg
その途中に日帰り温泉の幟を見つけたので寄ってみる。ここは400円。今年は暖冬であまり凍っていないようだが、山の斜面に滴る水滴が凍結している場所がある。白川氷柱群として観光名所になっている。

425-03.jpg
温泉に入ったあと、その川の近くまで散歩してみる。

425-04.jpg
白川氷柱をバックに。引きがないのでこんなもん。夜間はライトアップされるようだ。

岐阜白川を朝にでて昼食を日義木曽駒の道の駅ですませたが、ここまでですでに5時間経過。今回の横浜戻りは約400kmを11時間かかってしまった。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(424)=パンダ

 2016-03-04
横浜に戻ってもジッとしているわけではありません。

424-01.jpg
クラッチが直ったので試運転を兼ね宮が瀬のダムを見に行く。つり橋が出来ていました。

424-02.jpg
ついでにアシを延ばして道志温泉へ。ところがこの日はあいにく改装中で休業。残念。

424-03.jpg
部屋の中の掃除をしていて見つけてしまった。「富士に立つ影」はもう茶色にすすけてしまっているが、これは昭和34年に買ったもので私が中学生のときに夢中になって読んだ。主人公の一人である熊木公太郎に大きく感化されたように思う。この単行本が出る前に布表装のハードカバー版を読み始めたのがきっかけ。あれからもうかなりたっているが大筋は忘れていない。今回も読み始めると面白くなってほぼ1週間、他のことが手付かず。それもあって外に出たくなった。

424-04.jpg
成田で行われたボルボXC90試乗会でのツーショット。

424-05.jpg
相模湖で行われたメルセデスベンツGLC試乗会でのツーショット。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(423)=岐阜の冬

 2016-03-04
寒さにも負けずパンダ君は元気です。

423-01.jpg
朝7時頃。正面からピカーッと朝日がさす直前。周囲は霜で真っ白。

423-02.jpg
ガラスはこんな感じで凍結しています。三角プラスティック板でガリガリ掻き落とす作業も久しぶり。ま、横浜でもありますよ。ブレードは凍りつかず、エンジンを回せばDEとしては比較的早くデフロスターが効いてくれて容易に拭ける。

423-03.jpg
この日はマイナス5度Cまで下がったようです。

423-04.jpg
小学校1年生のマゴを送って集団登校の集合場所へ。この左手の谷側にいったん下りて、またほぼ同じ高さまで山の斜面を登ったところに学校がある。ランドセルの中身は想像以上に重くて身体は鍛えられます。帰路の迎えはこのランドセルをジージが持たされることになる。

423-05.jpg
休日に美濃加茂にある前平公園に遊びにつれてゆく。長い滑り台があって、この途中の段差ではジャンプする。お尻が痛いといいながらいつまでもやめない。こうなるともう年寄りはついていけない。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(422)=メルセデスベンツGLC

 2016-03-04
CクラスをSUV化した「GLC」登場。
422-01.jpg
オプションを装備したプレゼン用の車両。使われるであろう状況設定も万端ぬかりなく準備してある。この辺もメルセデスらしい。

422-02.jpg
ハンドル位置は右のみの設定。678万~745万円。ボルボXC90より割安な設定ながら豪華にみえる。

422-03.jpg
GLKは3・5リッターV6だったが、今度のGLCは2リッター4気筒直噴ターボの211馬力。9速ATと組み合わせて動力性能と燃費の高効率化を図る。

422-04.jpg
やはりこの顔の方が威圧感は少ないし、メルセデスらしい力強さにあふれている。

422-05.jpg
「C」とはいえ、全長:4・66m、全幅:1・89m,、全高:1・645mの堂々たるサイズ。日本の生活事情に合致した大きさのように思われる。ご婦人方にとってもCセダンより使いやすいのではないだろうか。

422-06.jpg
フルタイム4WDでもあるし、ファミリーユースにとどまらずすべての実用的な用途に使えそう。

422-07.jpg
もちろん動力性能、操縦性、乗り心地などすべての面でメルセデス基準が満たされている。ステアリング、アクセル、ブレーキ等を制御する安全便利装備は「部分自動運転」を標榜する。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(419)=エンジン大磯大試乗会

 2016-03-02
新春恒例エンジン誌の大磯大試乗会が行われた。順番としてはJAIAより早いが、4月号掲載となるのでブログはこのタイミングにしました。

420-01.jpg
まず最初はロータス・エヴォーラ400。ロータスといえば小型軽量小排気量で機敏なイメージが先行するが、かつてはエスプリのような生産車もあった。最近のモデルにはご無沙汰だったが長さよりも車幅が広い印象。運転席から低いノーズ越に見る景色がイイ。

420-02.jpg
ロータスといえば未だにエリートやエランのイメージが強い。400馬力もあるとスロットルを開けずとも大排気量の強大なトルクで走っていってしまう。しかしもてあまさず微小域の操作からレスポンスよく繊細な動きをするところがやはりロータス。試乗車はATではあったがパドルもあってマニュアル操作も可能。減速操作に便利。馬鹿力を利してただ速いだけではないのが本来のスポーツカー。エンジンよりアシの良さが光る。

420-03.jpg
硬くて野蛮なのがスポーツカーではなく、乗り心地がいいのもロータスの伝統。フラットライドでダンピングよく、太く大きなタイア/ホイールを暴れさせない。軽量ボディと思えない。さすがロータス。斜めに合流する際にやや後方視界に難。

420-04.jpg
次に乗ったのがレンジローバー・スポーツSVR。これはSUVの形をしたスポーツカー。同じく大磯プリンスからターンパイクを往復した。

420-05.jpg
背は高くとも、重心高の高さを感じさせない操縦性が魅力。大きく重い重量もパワーと慣性モーメントを小さくすることで解決。視点の高さはコーナーの先まで読める。

420-06.jpg
大径タイア/ホイールは見た目のバランスからも安定性の高さを感じさせる。ロールセンターを高め重心高に近ずけることにも貢献。

420-07.jpg
3番目はアルファ4Cスパイダー。その昔、フィアットX1/9とかランチア・モンテカルロなど生産車の量産コンポを使ったミドシップがあったが、これはもっとレーシングカーに近い。

420-08.jpg
2ペダルATというところが現代のスポーツカー。

420-09.jpg
シートバックが思うように倒せずやや窮屈なのが難。

420-10.jpg
スマート・フォー・フォー。209万円。軽自動車のサイズ感をもちながら普通小型車であるところが価値。

420-11.jpg
6段自働MT。2ペダルであるがレバー操作でマニュアル操作して乗る方が自然。

420-12.jpg
小さなクルマだからこそ4枚ドアで角度的に大きく開くところが便利。

420-13.jpg
キャデラックCTS-V。2リッターでさえ速いクルマなのに、コルベット用V8を詰め込んだのだから高性能は当たり前。でも、普段の実用走行も穏健にこなす。

420-14.jpg
4気筒もV8もエンジンの縦寸法はそれほど変わらない。

420-15.jpg
同じCTSでも「V」の文字を見逃してはいけない。

420-16.jpg
ポルシェ・ボクスター・スパイダー。単にボクスターの中から選ぶならば2・7の方が回して気持ちいいけれども、今度は911と同じ3・8リッターを積むところが価値。

420-17.jpg
3つの足踏みペダルと6段MTを選べる。つまりポルシェの中でも面白い1台。

420-18.jpg
エンジンとギアボックスの位置関係が逆転しホイールベースも長いところが911との大きな違い。ヨー慣性モーメントが小さく安定性も高い。スロットル・オン/オフ時のUS/OS特性変化が小さいなど優位点あり。

420-19.jpg
今年の試乗車の中ではこの2台が面白かった。詳細はENGINE4月号を読んでください。私はセールマンにはなれないと自覚している。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫