クルマのある風景(439)=クルマ旅の日常風景

 2016-05-24
第四日曜日は黒川の朝市。また今週も岐阜にやってきました。

439-01.jpg
往復の温泉めぐりも日常化してます。「物味湯産」の手形は2冊目の真ん中あたりです。ここは飯田の南にある水晶山温泉。諏訪から飯田へ出るのにはR153が地図上では最短のように見えますが、信号設定が意地悪な感じで移動速度が遅くて大嫌い。そこで県道18号で天竜川沿いに走ることが多いのですが、途中に火山峠というのがあります。カザンではなくヒヤマと読むようです。クネクネ曲がった峠道は勾配を緩やかにし棚田の景色を見ながらのんびり流すのには快適。クルマも少なくほとんど前後が空いてます。そんな傾斜地の端にバイパス的直線ルートの細い農道を発見。そこに軽トラが踏み込んで短絡して前に出てくるのを目撃しました。タイミングがよければ遅いトラックなどの前に出られそうでオモシロイ。

439-02.jpg
朝市は10時過ぎると家族連れも増えてきます。ナオさんの五平餅のほかホウ葉寿司や特製コーヒーで朝食。藤井農場のトマト苗なんかも売ってます。

439-03.jpg
紙芝居は読み手が代わって助手も加わった。

439-04.jpg
田んぼの土手にはスカンポや紫色の小さな花が咲いています。

439-05.jpg
桜が終わって次はナンジャモンジャの花。枝に雪が積もったようなふんわりした繊細で柔らかな風情がイイ。でも大木になるようで適当にちょん切られてしまう例もある。

439-06.jpg
帰りはいつものように道の駅木曽福島でモーニング・バイキング。この日御嶽山は噴煙が見られた。

439-07.jpg
明るい時間に走ってみたいと思ってまた麦草峠へ。

439-08.jpg
帰路の温泉は南相木村の滝見の湯へ。その先は馬越え峠、信州峠を経てR20へは甲府で戻る。峠の名前が入った文字を探すがなかなか見つからない。

439-09.jpg
峠を越えると畑は雪が積もったかのように真っ白で異様な風景。1000m以上あって高原野菜は白いビニールで全面覆われている。

439-10.jpg
信州峠を越えるのも初めて。頂上付近に標識もなく標高は不明ながらGPSの数字では1400mは超えていそう。

 甲府で給油して芦川あたりまでの登りでは17km/L台まで落ちたが、横浜に着くころには25km/L台までドラコン数字は上がってくる。アップダウンはあっても下りはほとんど燃料カットが効いて、燃費は平坦コースよりむしろ良好。R246の大井松田周辺は大渋滞していたがコッチの専用ルートは問題なし。いつもより30分速くでたが8時には戻れたから上々。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(2)

クルマのある風景(438)=峠越え

 2016-05-18
GWの次の週も今月2度目の岐阜往復。

438-01.jpg
R19で中津川を過ぎて南木曽に至る手前に道の駅「しずも」があります。ここの水も美味しい。

438-02.jpg
湧き水ですが効能書きあり。

438-03.jpg
木陰で一休み。

438-04.jpg
秋葉街道というのがR152なのでしょうか。その古道もあるようです。けもの道のような山道で我々にはちょっとムリ。

438-05.jpg
また分杭峠を越えました。ココから見ると山また山の景色です。ゼロ磁場もこの近くです。

438-06.jpg
結構山の中に入ってもほとんどが舗装されていますが、この日は久々に未舗装の道を走る。

438-07.jpg
高遠に出ないで茅野に向かったら入笠山のほうに出てしまいましたが、その先は土砂崩れで通行止め。金沢峠を経てまたR152に戻って杖突峠で茅野へ。R20に出てからはいつものルートで富士五湖ー大井松田ー大磯・・・です。

438-08.jpg
棚をつくってやろうと木材を買ってきて積んだが、パンダには2m長の長さはムリで半分に切ってのせる。ゴミ袋を積んだりリアシートも荷物満載。ま、実用車本来の使い方をしています。

 峠越えは楽しみのひとつで、毎回違うルートを通ることになります。白川の山の中からの帰路は、まず恵那にでる手前に中野方峠(651m)ー南木曽からR256で清内路峠(1290m)、分杭峠(1424m)、中沢峠(1317m)、芝平峠(1450m)、金沢峠(1300m)、杖突峠(1247m)、鳥坂峠(1020m)、明神峠(900m)、とたくさん峠を越えます。GWの次の週の日曜日でしたが道路は結構空いていて、岐阜を出たのはいつもより遅い10時過ぎでも横浜の自宅に10時頃着とまずまず。今回の温泉は昼神温泉とお風呂にも入ってですからね。走行距離計は73000kmを超えましたがレッドポイントでオイル交換をしてもらいますます快調、こんなにアップダウンの激しい一般道ルートでもドラコン数字では25km/L。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(437)=GW

 2016-05-06
今年の連休もまた東白川にツチノコを探しに行ってきました。

437-01.jpg
昼頃の時点でツチノコ参加申込者の数は2300人とのこと。昨年よりかなり人もクルマの数も多い。

437-02.jpg
これで5回目になる。いつもは会場内でウロウロして待っているが、今年はマゴ達について現場へ登ってみる。

437-03.jpg
山というか茶畑の中が設定されたツチノコ捕獲エリア。こんなに大勢。3班にわかれて探す。結局は本物もツチノコを模った金銀木のツチノコ像もゲットできず。今年の賞金は127万円。

437-04.jpg
こちらはアマゴの手掴み場。放流されたサカナより人の数の方が多いような感じ。

437-05.jpg
田んぼには水がはられ、山は新芽の緑で賑わう所謂「山が笑う」季節となりました。

437-06.jpg
R19号線道の駅「しずも」は昔の宿場町の雰囲気を再現したようなイイ感じ。連休の真っ最中なのでクルマも多い。

437-07.jpg
帰りは奥蓼科の「親湯」で一風呂あびる。ここは信玄の隠し湯のひとつ。

437-08.jpg
奥の黒い部分からどんどん湧き出している。源泉の温度はぬるい程度で熱くはない。

437-09.jpg
R20で韮崎あたりから甲府へ向かうと富士山が真正面にみえる。富士山はやはり高いですね。
 GWゆえ渋滞するかと思ったが、一般道はそれほどでもなく、岐阜から横浜の自宅までで11時間。ふだんより1時間程度遅かったかナー・・・。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(434)=ジャガーXE 20D

 2016-05-06
ブログの紹介は遅くなってしまいましたが、3月の中ごろに松島を訪れました。WebCGにそのうち載るでしょう。
434-01.jpg
メッセ会場付近にて。後方の港には船が見える。

434-02.jpg
松島にある日本三景の碑。

434-03.jpg
小さな島がたくさん浮かぶ独特な景観。やっぱり松島は他の観光地とはちょっと違う。

434-04.jpg
おさかな市場は新しくなっていました。以前にもまして外人観光客も多く賑わっていました。

434-05.jpg
松島といえば牡蠣です。ここも焼いて食べるのが流行り。3個500円は安い、そして美味い。

434-06.jpg
瑞巌寺も入り口の庭部分など一部は見ることができました。

434-07.jpg
三陸牡鹿半島、車窓の風景。

434-08.jpg
とある漁港の波止場から。

434-09.jpg
ジャガーXEディーゼルのドラコン数字。コレは高速道路での一部区間燃費。フツウに平均20km/Lは持ちそうだが渋滞したり都内などの繁華なところでは17~19km/Lくらいか。詳細はWeb CGでご覧ください。

434-10.jpg
まずジャガーらしく直進性と乗り心地の良さが美点。DEはターボ過給による動力性能にもちろん不満なし。静粛にして燃費のいいジャガーはとても魅力的。思いのほか廉価な設定。装備品の簡素な仕様で充分。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫