クルマのある風景(531)=雫石・慰霊の森

 2017-07-31
今年はコレだけで往復。1泊2日、連続する51時間で1350km走りました。

531-01.jpg
29日深夜零時頃出発、都内を抜けて4号線を走り、盛岡の東横インには4時半頃着。盛岡へ戻っている友人と夕飯を食べる。
30日は朝早く慰霊の森へ登り、皆さんが集まるころには下山。数年前に土砂崩れで流れてしまって登り口も草が生え揃って旧に復している。

531-02.jpg
名前が刻まれている向かって左手の黒い大理石は新しくされていた。重みに耐え切れず亀裂が入ってしまい危ないので新しくされる・・・と昨年聞いていた。

531-03.jpg
上り口からの階段は552段ある。72歳になるのでフーフー・・・。来年また登れるのかなー・・・とここ数年毎度思う。管理していてくださる顔見知りになっている地元の婦人会の方とも、毎回同じ老人の会話をする。

531-04.jpg
4号線は信号機も多く遅いので、帰りは県道で湯田にでて、R13で帰る。道の駅「さんない」で休憩。

531-05.jpg
ここはR13号線の山形の手前、道の駅「天童」へは3時前に着。秋田の雄物川周辺は数日前に水害を受けたが、道路からみる限りでは被害状況はよくわからなかった。

531-06.jpg
将棋駒の形をした足湯に浸かる。

531-07.jpg
この道の駅は広々としており、遊び場もある。下からの噴水とミストが涼を呼ぶ。

531-08.jpg
そのまま米沢に向かったが、熱い小野川温泉よりもやはり蔵王温泉に入って行こうということになり、イチバン上にある露天風呂へ行く。ここの醤油で煮た玉コンニャクは絶品。しばらくこなかったら、やや味が変わっていて砂糖で甘くした味付けにガッカリ。甘くしちゃあダメ。もとの醤油だけの方がいい。

531-09.jpg
露天風呂にはまだ明るいうちに着く。パンダの正面にみえる草原は冬には雪の斜面となりリフトが設置されている。ここは強酸性の湯なので洗い場はない。タオルでこすっただけでもヒリヒリしみるから、かけ湯して静かに浸かるだけ。しかし強いので長湯は禁物。ずーっと前だが湯当たりして倒れた経験がある。

531-10.jpg
そして横浜の自宅には3時過ぎに帰還。次におきたのは昼過ぎ。スーパーに買い物に行く。今回は1353km走って61・03Lを消費、22・2km/L。そして燃料代は5916円しかかからず、4・37円/km。二人の盛岡往復の移動費用としては格安。道路代もかからないし、移動速度が遅いことは結局疲労度も少ない。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(530)=黒川の朝市

 2017-07-25
黒川の朝市は毎月第四日曜なので今月は24日。で、8月はお休みなので次回の朝市は9月の24日となります。


530-01.jpg
何とパンダが2台(!)孫娘が先に目ざとくみつけた。「おんなじだー・・・」で、記念撮影。黒川の朝市で始めてのできごとだろう。

530-02.jpg
静岡のブログ読者の方で、新車の慣らし運転を兼ねて寄り道してくださった。コレは日本に7台しかない限定車とのこと。イタリアのサッカー・チームのステッカーが貼ってある。

530-03.jpg
内装もシートベルトがトリコロールだったり、シートの織り地はゴールネットだったり・・・、こうしてみると赤もイイですね。ボクの車はもう11万3000km超えました。「車検だったんですね・・・」とかお話する。先月の朝市ではシトロエンC4に乗った読者の方とお話する機会がありました。わざわざ来てくださって有難う御座います。

530-04.jpg
チラシが置いてありました。この農家レストランまんまにはまだ行った事がありません。こんどチャンスがあったら行ってみましょう。

530-05.jpg
この卵とこんにゃくを買いました。このヒトが作るものはオイシイんです。

530-06.jpg
黒川産は無農薬のものが多いです。

530-07.jpg
今回もナオさんの五平餅は無事マゴの口へ。私も2本いただきました。マゴを娘のところに送り届けて、そのまま横浜へ戻る。
月末は盛岡行きなのでまたしばらく会えない。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(529)=ゼロ磁場と富貴の湯

 2017-07-25
今月の岐阜往復は一回。往きはゼロ磁場の温泉へ、帰りは富貴の湯に寄る。
529-01.jpg
久しぶりにゼロ磁場の温泉に行く。R19で茅野、そしてR152の杖突峠を越えて高遠の少し先、分杭峠の手前にある。ここの温泉はトロトロの湯質だが、この日はよりトロトロ具合が濃い感じだった。

529-02.jpg
分杭峠の手前を右折、中沢峠を越えて駒ヶ根のR153号へ。そして飯田ー昼神ー南木曽ー恵那へと抜ける。

529-03.jpg
今回は2泊3日の旅。マゴは赤とんぼという少年スポーツのイヴェント・・・と休日とはいえなかなか遊んでもらえない状況。そして横浜の自宅では、家内の家庭菜園の水やりが心配。雨が少ないのですぐ帰ることになる。レインXを塗ってあるので水をよく弾く。帰りは南木曽の先の富貴の湯へ。そしてUターンしてR19で木曽福島で昼食。権兵トンネルを抜けて伊那ー高遠ー白州と回って、最終的にウチには10時半に帰宅。

529-04.jpg
ウラの家庭菜園で穫れた茄子ときゅうり。マゴたちはもぎ取るのが面白いらしい。

529-05.jpg
トーモロコシはまだちょと白くて早いが結構甘い。昨年はリスにあらされてしまったが、今年は網をかけて防備。それほどの量があるわけではないが、家内の労作ゆえ大事。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(526)=宮が瀬ダム

 2017-07-17
道志温泉へのみちすがら宮が瀬ダムの水がきになりました。

526-01.jpg
連日の暑さですが、我々老人にはプールよりも温泉です。また道志温泉に行ってきました。

526-02.jpg
伊勢原から七沢温泉を抜けて道志みちに出ました。すると横浜の水瓶ともいえる宮が瀬ダムの水位が気になりました。

526-03.jpg
降りすぎるところもあるのに、降って欲しい水源地には雨が少ないようです。

526-04.jpg
このダムが出来るころにも見ましたが、土手の土がこんなに見えていると夏が心配です。

526-05.jpg
暮れなずむ宮が瀬ダムの風景です。適切な天の配分を希望します。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(525)=シトロエンC3

 2017-07-08
シトロエンC3が新型に生まれ変わり都内で発表会が催された。

525-01.jpg
プジョー・シトロエン・ジャポン取締役社長クリストフ・プレヴォと新型C3。

525-02.jpg
5座5ドア全長4m未満、トランク容量300L、新型車の特徴。プレゼン資料より。

525-03.jpg
C4カクタスと同じ思想でサイドバンパー機能をもたせたプロテクターが貼り付けられる。現地仕様ではオプション。

525-04.jpg
インテリアデザイン。

525-05.jpg
現状ではガソリン110psエンジンと6ATの組み合わせだけ。

525-06.jpg
テールランプ周辺は旧モデルの印象を残す。

525-07.jpg
この淡いグリーンがイイ感じ。

525-08.jpg
216万円と思ったより廉価な設定。これでMT仕様があれば200万円ギリギリ?。

525-09.jpg
この顔はWRCカーなどですでにお馴染み。

525-10.jpg
テールランプの中も点灯させるとなかなか凝っている。

525-11.jpg
会場の隅にはご先祖様の姿も。

525-12.jpg
しばらくぶりで走った都内ではもうオノボリサン状態。ここは渋谷の交差点風景。ちょっと見ないと景色はどんどん変わってしまっている。日本人より外国人の姿を多く見かける。こんな環境でもウチのパンダ君は、横浜ー原宿ー横浜と往復しても15km/Lをキープ。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(524)=スズメバチ騒動

 2017-07-06
読者の皆様、暑中お見舞いもうしあげます。
暑いですねー。今週はちょっと岐阜までと涼みにもいけませんので、近所の道志温泉へ行ってきました。

524-01.jpg
数日前によったばかりですが・・。夕方に家を出ても夜には帰宅可能。ちょっと汗を流して帰れば、そのままベッドで快適に眠ることができます。道志の湯も気持ちいい泉質でどんどん流れています。

524-02.jpg
翌日ふと外を見ると、なんとスズメバチがベランダの軒先に巣を作っているではありませんか。こんな至近距離でもコチラが仕掛けなければ襲ってはきません。まだ友好関係にあります。

524-03.jpg
区役所に電話すると、巣を撤去することはやっていません、と業者を紹介してくれました。それなら他にも・・・とネットで調べると8000円から15000円で駆除してくれることが判りました。ちょっと高いなー・・と思って、更にネットを辿ってゆくと自分で駆除する方法が載っていました。ペットボトルの横面をH字型にカットして、上は中へ下を外側に折り返し、中にファンタグレープと焼酎を入れれば、蜂はその中に侵入したまま出られず焼酎で酔いつぶれてしまうようです。そこでファンタグレープを買いに出たのですが、近所の薬局やコンビニではFグレープを置いてなくて、生協までアシを延ばし小一時間かかってしまいました。

524-04.jpg
で、こんな感じに2本試作してみました。焼酎は料理用の在庫があったようです。

524-05.jpg
巣の近くにぶら下げてみました。ところがなかなか蜂は入ってくれません。

524-06.jpg
翌朝みると、スズメバチは夜勤組もいるようで、夜のうちに天地方向に2倍くらいの大きさになっていました。これはもう躊躇せず早急に巣を撤去することにしました。じっくりと観察して、ビニールのゴミ袋を使いその中に削ぎ落として口の部分を紐で絞める作戦を立てます。スズメバチは攻撃的な性格のようですから、向かってきたらすぐ対処できるように蜂用のスプレーを買ってきました。ビニール製捕獲器の作動は部屋の中で何度か練習をしました。蜂の活動が一瞬滞るタイミングを見て、下から袋を持ち上げ首を縛って完了。作戦は上手く行きました。交戦などのバトルも皆無。もちろん身体の防備は完璧、白っぽいシャツを着て、頭には白いヘルメットも被りました。

524-07.jpg
外にでていた働き蜂が戻ってくる前に部屋に入り、以後はガラス戸越しに観察。4~5匹が自分達の巣が無くなってしまって困惑しているようでした。この下に転がしてあるビニール袋の中に蜂と巣が入ってます。しばらくはそのままにして様子をみます。

524-08.jpg
かくしてスズメバチの巣撤去作戦は無事におわりました。それにしても、いろいろなことがおきるものですねー。ヤレヤレ。
残った巣の残骸は少し時間がたって蜂が来なくなってからかたずけます。ネットによれば、茶色い紙袋などをふくらまして貼り付けておけば、先住者ありと勘違いしてその近くには巣造りしないようです。無駄な交戦を回避できたのはよかったと思います。捕獲した巣の中には女王蜂とか、何匹かいるようですが見ないまま捨ててしまいましょう。刺されたりする被害はなかったものの、近所迷惑でもありますし排除はやむなしと考えます。ゴメン。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(523)=車検

 2017-07-01
パンダの車検。
523-01.jpg
3年で12万キロはいくと思ったのですが、こんなもんでした。燃費のドラコン数字はR19茅野あたりで満タン後、横浜までの数字ですからほぼ下りなので良好。11万2千キロの総平均燃費は21・6km/Lです。

523-02.jpg
もちろんNARDIはそのまま車検OKです。タイアは回転方向を変えないで前後を入れ替えてもらいました。ミシュランはあと1万キロはもってくれるでしょう。1回目の車検費用は諸経費(6万円弱)も含めて約15万円でした。この少し前10万キロあたりでブレーキ関連(ディスクローター/パッドなどの交換)の大整備を済ませていますので、今回はオイルや燃料フィルターの交換など比較的軽微なものですみました。

523-03.jpg
パンダ君の近影です。車検後にCARBOXで綺麗に洗車してもらったので白っぽさを増している。そう言えばワイパーブレード一度も交換していません。まだ十分つかえそうです。大したもんだ。  自分のブログながら、アーカイヴで3年前のパンダを見ると懐かしい。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫