FC2ブログ

クルマのある風景(580)=小田原フラワーパーク

 2018-04-29
そろそろバラが咲く頃と思って、フラワーパークに行ってみました。

580-01.jpg
クルマを駐めるにしても日陰を選ぶ季節になった。

580-02.jpg
この黄色い花がきれい。

580-03.jpg
花の名前はパキスタキスルテア。

580-04.jpg
ランの類がいくつか咲いてます。

580-05.jpg
別のコーナーでは盆栽の展示もありました。盆栽は小さければ小さいほどイイというものでも無さそうで、コンパクトにまとめてあってもやや大きめの鉢が立派に見える。

580-06.jpg
外の池では睡蓮が見ごろになりました。木陰のベンチに腰掛け、この睡蓮を見ながらコンビニで買ってきたオニギリなどで昼食。
お目当てのバラはまだちょっと早いようで蕾がやっと膨らみかけていました。

580-07.jpg
帰りはやはり道志に回って温泉に入ってきました。

580-08.jpg
週に2~3回、家内と地区センターで卓球を楽しんでいます。館内の水道の前にこんな言葉が書いてありました。ソダネー・・・。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景〔579〕=ジャガー E-PACE

 2018-04-18
ジャガーE-PACEの試乗会が鎌倉でありました。

579-01.jpg
パッと一目見てジャガーとわかる最近の顔は、まずジャガーのエンブレムが利いている。

579-03.jpg
サイズ的に適度な使いやすい大きさのジャガーだろう。背も高く上から目線ゆえ状況をつかみやすい。

579-04.jpg
試乗会場は交通繁華な湘南の道路事情だったが、材木座裏通りの狭い道路でもすれ違いにそれほど気を遣わなかったのは意外だった。写真を撮る場所は限られた。

579-05.jpg
エンジンは今のところガソリン、2リッター4気筒のみ。もう気筒数だとか排気量で選ぶ時代ではなく、必要なパワー/トルクはスロットル開度で決めるだけでなくTMとのマッチングもあり、文字通りAペダルの踏み方次第で如何様にでもえられる。

579-06.jpg
いずれはディーゼルも加わるが、その先は電気モーターになるのだろうか。

579-07.jpg
MTの設定はない。

579-08.jpg
パドルでシフトすることも可能。Bペダルを踏むまでもない緩制動が必要な時など、エンジン・ブレーキを掛けるのに便利。

579-09.jpg
内装はジャガーに求めるものが満たされる。

579-10.jpg
ノブ先端のスイッチを押しつつレバー操作しなければならなかったりやや煩雑ながら安全性では初心者にも対応。

579-11.jpg
リア・トランクにはちゃんとスペアタイアが入ってます。

579-12.jpg
トランクの内装もジャガーのクオリティー。タイア交換などはもう奥様の仕事ではない時代なのだろう。

579-13.jpg

579-14.jpg
価格の幅も大きく、いろいろな選択が可能。ローバーにするかジャガーにするかは好みで選んでくださいということだろうか。
  
 個人的には手の届かない価格帯ではあるが、裕福なヒトにとってはXC40といいこのE-PACEといい、いろいろ魅力的なクルマが登場してきました。その中でも実際に実用に供するならばこのサイズ感はイイですね。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(2)

クルマのある風景(578)=道志の桜

 2018-04-14
道志のサクラも咲きました。

578-01.jpg

578-02.jpg
そろそろ道志のサクラも咲いただろうと見に行ってきました。
ちょっと残念だったのは、今回から入湯料が500円に値上がりしました。一般のヒトは700円。横浜市民は特別待遇で500円ですから、まだ優遇感はあります。この調子で来月あたりから他の物価なども値上がり傾向となるのでしょうか?。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(577)=ヴィアッジャトーレの車旅

 2018-04-07
「ヴィアッジャトーレの車旅」・・・というブログをアメーバで始めました。同じFC2で・・・と思ったのですがアドレスを変えないと出来ないことがわかりました。で、走行記録写真集のようなものです。各車100枚くらいあります。

 (1)は1993年、プジョー106黒、半年で約42000km走りました。ドイツ基点で欧州全土。
577-01a.jpg 

1993・1994年、同じく106赤も半年で42000km走行。2台で年間84000km走りました。
577-01b.jpg

(2)は1994年、エクサンティアで欧州海岸線巡り18715km走行。
577-02.jpg

(3)2004年、ルノー・メガーヌ19572km、北極圏の夏を走る。
577-03.jpg

(4)2005年、クライスラーPTC、北米ルート66、カナダPEI 赤毛のアン。17362km。
577-04.jpg

(5)2006年、プジョー207、英国アイルランド。
577-05a.jpg

 2006年、プジョー107、仏ルルド。207と107の2台で10818km。
577-05b.jpg

(6)2007年、ボルボS40、バルト三国・北極圏・スカンジナビア、9898km。
577-06.jpg

(7)2007年、フィアット・チンクチェント、シチリア、5134km。
577-07.jpg

(8)2008年、プジョー308、カミーノ、スペイン・ポルトガル、9310km。
577-08.jpg

(9)2009年、ルノー・メガーヌⅣ、トルコ・ギリシャ・イタリア、9210km。
577-09.jpg


(10)2010年、シトロエンC3、東欧・イタリア、8220km.
577-10.jpg

(11)2011年、シトロエンC4、イタリア、5870km。
577-11.jpg

(12)2012年、ダチア・サンデロ、イタリア、5790km。
577-12.jpg

(13)2015年、シトロエンC4カクタス、イタリア、6460km。
577-13.jpg

タップしてパッパッパッ・・と写真をめくる感覚で見るだけですが、21万kmの旅が20分程度で済みます。PC作業で疲れたりした時、暇つぶしで、何度でも構いません時々訪れてみてください。そろそろ終活でいろいろ片付けてます。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(567)=パンダとサクラ

 2018-04-07
我が家のサクラも咲きました。

576-01.jpg
この家が出来たときに友人がお祝いにプレゼントしてくれたものです。当時B110サニーのトランクの中に入ってきた苗木の大きさだったものが、今ではこんなに大きくなりました。八重なので少し遅れて咲くから、周囲のサクラが散ったころが見ごろです。

576-02.jpg
XC40の試乗会で箱根にいったとき、大涌谷の近くではこんなにまだケムリが噴出しているところもありました。

576-03.jpg
久しぶりに箱根を楽しみました。試乗の枠が遅いグループだったので、少し早めについて昔よく走ったところなど懐かしく駆け巡ってきました。観光客は外人客があんなに多くなっているんですね。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(575)=ボルボXC40

 2018-04-05
  欧州カーオブザイヤー2018を獲得したXC40が日本でも発売になった。が、すでに予約完売状態。プレス試乗会は桜満開の箱根で行われた。
575-01.jpg
スカイラインは全面的に濃霧で覆われ、試乗枠は最後の夕暮れ時だった。ボルボは不思議なクルマだ、走行条件が悪くても泰然自弱としていられる安心感がある。

575-02.jpg
XC40は新世代ボルボのプラットフォームが採用され、今までのようなサイズ感ではなく60や90シリーズと大差ない感じ。しいて言えば全長は確実に短い。

575-03.jpg
高く座るSUVの恩恵で視界がいいし、狭い箱根の山道でも取り回しは良好。すれ違いも気にならない。

575-04.jpg
乗ると、コレイイナー・・・とちょっと欲しくなってしまった。

575-05.jpg
全長に対して前後オーバーハングは短くソリッドな感覚で、動きは大きさの割りに敏捷で軽快。

575-06.jpg
顔はボルボそのものスッキリしている。

575-07.jpg
ボルボは4気筒ターボ2リッターで全車両域をカバーする。が、本国にはある1・5リッター3気筒が加われば更に軽快な感じになるのだろうか。それに6段MTなんかが組み合わされればちょっと欲しくなってしまいそうだ。現実にはボルボは高価で私のような年金生活者にはムリ。宝くじ当たらないかなー。

575-08.jpg
Rデザインの限定特別仕様車にはこんなスウェーデン国旗がつく。

575-09.jpg
いろいろ細かな点でXC40はよく考えられて使いやすさを増している。ティッシュペーパーの箱が入るコンソールだのゴミ箱などは日本人も共感。試乗後ひとつ聞き忘れたのは濡れた雨傘などは何処にしまうのだろうか?。これ以外、収納にかんしてほぼ完璧。北欧のヒトはあまり傘をささないからなー・・・。

575-10.jpg
走り出す前にリセットするのを忘れた。ドラコン数字は本日のプレス連中に酷使された通算ながら、山道を駆け巡った1・7トンの重量車で全線ほぼ急坂の130kmの平均が9・1km/Lならば、相当イイ結果だと思う。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(3)

クルマのある風景(574)=道祖神

 2018-04-04
帰路で面白い道祖神をみつけました。

574-01.jpg
この日の御嶽山は白く冠雪。

574-02.jpg
道の駅・木曽福島ではまた朝食バイキングが復活。でもパン食好みの筆者にとっては洋食メニューが無くなってしまって残念。

574-03.jpg
でもまー、納豆と生卵で食べる和食もまずまず。コーヒーが無くなり、自販機のコーヒーはあんまり美味しくない。

574-04.jpg
帰りは木曽温泉に寄る。その途中でこんなマンモス像とか巨大な亀を見つけた。

574-05.jpg
アンモナイトの化石は見るが、こんなアシつきの生体形の像は初めてみる。

574-06.jpg
こちらは高遠から杖突街道にはいり、塩供という部落でみた道祖神、馬頭観音などの石碑とともに祀られている。文字が漫画みたいでもあり絵のようでもあり面白い。作者不明。

574-07.jpg
付近には守屋公治という名工がいたらしく、銘は彫ってないもののその人の作とも伝えられる。近所のヒトの話。

574-08.jpg
今回行きはながたの湯、帰りは御嶽山の近くにあるヤマユリの湯へ向かう、がまだ通行止め、・・・だったりで1000kmを越えた。満タン法の計測では区間燃費:21・9km/L。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(573)=水戸野のさくら

 2018-04-04
今年も水戸野の桜を見にきました。

573-01.jpg
これは鎌倉あたりの桜並木。岐阜へ行く前に墓参してから回ったので中心部通過を避けて材木座海岸へでる。浄明寺あたりの街路樹もほぼ満開。その後もずーっと桜はアチコチでキレイ。山梨県満開、長野県は高い地点は少し遅い。道中ずーっとこんな感じで、日本もこの季節に旅行するのはイイナー・・・と思う。

573-02.jpg
こちらが白川町・水戸野のしだれ桜。駐車場が増設されて茶屋もできた。

573-03.jpg
土手の水仙も綺麗に咲いた。

573-04.jpg
手前の水田には水が張られている。田植えはまだもう少し先。水への映りこみは昼間より夜の方が綺麗。

573-05.jpg
夜間照明により雪洞のように明るい。真っ暗な夜空が背景になって、遠く県道からもポッカリ浮かんでいるように見える。

573-06.jpg
岐阜行き最大の目的はマゴ達の顔を見たいがため。桜見物は言い訳。もう自分の上履きは自分で洗うようになった。

573-07.jpg
ウコッケイはビニールハウス内で飼われている。仕切りの金網をメスの方は簡単に飛び越えて出てくるがオスは大きくて重いせいか飛び越えない。タマゴは1個あった。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫