クルマのある風景(587)=帰り

 2018-05-24
今回の帰路はやまゆり荘の湯に寄る。

587-01.jpg
御嶽山は雲の中。もう夏の空になってきた。広大な駐車場の片隅です。前の石碑と絡めた写真以前にも掲載。

587-02.jpg
R20の道の駅・蔦木宿。一休みするには木陰が欲しくなる季節だ。

587-03.jpg
我が家のウッドデッキにもジャスミンの木陰ができるようになった。

587-04.jpg

587-05.jpg

587-06.jpg
こちらは花の街スペッロの生垣やジャスミンが這う壁。2015年の旅でみてイイナー・・と思った。甘い香りが漂う。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景〔586〕= 240Z型充電器

 2018-05-21
BDPでこんなイイモノもらってしまいました。

586-01.jpg
アイホンなどの充電器というか充電池です。240ZGというクルマ型なのがイイ。

586-02.jpg
100Vから充電中は赤いテールランプが点灯、満充電でヘッドランプが点灯する。

586-03.jpg
USBケーブルで接続する。

いいでしょう(!)・・・・、どうも有難う。うれしいです。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(585)=ウコッケイ

 2018-05-20
とりあえずウコッケイの赤ちゃんです。

585-01.jpg

585-02.jpg

585-03.jpg

585-04.jpg
 とっても可愛い。卵は8個あったらしいが孵ったのは7羽。首筋に黒い筋があったり、ふたこぶの頭はフツウのヒヨコとちょっと違う気がする。すでにウコッケイ特有の姿になっているのだろうか。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景〔584〕=ローズガーデン

 2018-05-12
バラが咲き終わってしまうと心配しながら小田原フラワーガーデンへ。

584-01.jpg


584-02.jpg


584-03.jpg


584-04.jpg


584-05.jpg


584-06.jpg


584-07.jpg


584-08.jpg


584-09.jpg


584-10.jpg


584-11.jpg
もう時期的にはピークを過ぎていた。でも新しい花は次々に咲いてくる。芝生の庭園にはピクニック用の敷物も敷いてあり、座ってランチをたべるのにも用意万端整っている。とりあえず写真をアップしてすぐ岐阜へ向かう。ウコッケイの卵がかえって小さな雛の可愛い姿が7羽も見えた、と動画が添付されてきたからだ。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(583)=岐阜からの帰り

 2018-05-09
岐阜からの帰り

583-01.jpg
この日の御嶽山。

583-02.jpg
木曽福島のf駐車場では消防車が展示されていた。

583-03.jpg
いろいろな状況に対応すべく特殊な道具類なども見せてくれた。これは油圧で押し開いたり切ったりする道具。

583-04.jpg
子ども達は着せてもらって大喜び。重いんですよ。

583-05.jpg
運転席に座らせてもらっている子どももいる。

583-06.jpg
二本木温泉。

583-07.jpg
このあたりは標高も高いのでまだサクラが咲いている。3家族が押し寄せて一気に帰ってしまうと残るマゴ達は寂しくなる。それで別れを惜しんで、朝一緒に出て木曽福島で一緒に朝食を食べ、二本木の温泉に一緒に入り、グリーンファームまで行って動物と遊んだりし、伊那で一緒に昼食を食べてからそれぞれの家へと分散。帰宅したのは我々が一番遅く11時半。今はLINEで通信できるので便利。今年のGWもまたオモシロかった。


カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(582)=モネの池

 2018-05-08
岐阜県関市にある通称「モネの池」を見てきました。

582-01.jpg
ネットでみて、ああ岐阜県の関市にあるんだ・・・、すぐ近くだ・・・と思ったので取りあえずつれてってもらいました。

582-02.jpg
関市板取白谷の根道神社の石段のところにあります。

582-03.jpg
思っていたより観光客の数はおおくて、部分的に渋滞してます。
水がキレイで池の底までみえます。睡蓮の咲く頃が旬なのでしょうが、咲いてなくとも一見の価値あり。

582-04.jpg
モネの睡蓮池より規模は小さいですが、橋の欄干もありこの場所から写真を撮る人を多く見かけました。

582-05.jpg
こちら側から見るとフツウの池ですが、山の谷間にあって光が水面で反射せずに底まで見透かせる角度が撮影ポイントだと思います。上から水底を覗き込む感覚で自分の背景が山で陰の暗さで光を反射させない、且つ真上からの光が明るい、そして水がきれいなことが要件。

ps 大きなお世話かもしれません。仏ジベルニーの本家モネ睡蓮池の写真です。2006年撮影。
582-06.jpg

582-07.jpg

管理面をはじめ日本庭園の池という意味では岐阜の池が素敵ですね。山間の地の利を得て見せ方がうまい。でもフランスに作ってしまった日本庭園も雰囲気は伝わってきます。川の流れを取り込んだ造りも上々です。この白谷・根道神社の池をフランス人が見ても真似はしないでしょうね。モネ自身は水面より上の風景を見ていたわけですから。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(581)=ツチノコ探しは雨で中止

 2018-05-07
今年もGWはツチノコ探しに岐阜へ行きました。が、残念ながら雨予報で中止。

581-01.jpg
いつものルート、道の駅田切りの里で昼食。北アルプスにはまだ雪が見える。

581-02.jpg
清内路には花モモの花が残っていた。往きは昼神温泉に寄る。

581-03.jpg
なんとウコッケイは卵を温めていた。

581-04.jpg
この休みの間に生まれるとイイナ・・と思ったが、帰るまでにはまだ。

581-05.jpg
下の孫娘は今月から空手を習い始めた。

581-06.jpg
ツチノコFがなくなったので、庭でバーベキュー。この時期ゆえアユもあり。

581-07.jpg
恵那周辺の田んぼには水が張られており、一部は田植えも終わっている。来る途中の長野県や山梨県、静岡県はまだ。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫