FC2ブログ

クルマのある風景(656) = 大菩薩の湯

 2019-09-08
エアークロス試乗会が終わってから、ちょっと寄り道して大菩薩の湯へ。

656-01
下の方に見える町の灯は塩山か。御坂みちを下りてR411を少し登れば大菩薩の湯に着く。

656-02
ここの湯はギシギシした洗う感触があり汗もすっかり流されて、湯上り後はさっぱりする。畳の休憩所もあり30分ほどウトウトしてから帰る。帰路も同じく御坂から河口湖ーR138-籠坂峠ーR246-大井松田ー大磯ーR1で9時過ぎには帰還。

スポンサーサイト



カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)

クルマのある風景(655) = シトロエンAIRCROSS

 2019-09-08
655-01
シトロエン・エアークロスのプレス試乗会は河口湖で行われた。C3とC5。

655-02
C3はカクタスのサイズ感を引き継ぐ。

655-03
クゥォーター部分はブラインド処理され視界が確保される。

655-04
ハッチバック・ゲートはバンパー高から大きく開く。

655-05
ダッシュボードはシトロエンなりの個性を見せるが昔のような奇抜さはない。

655-06
プレゼン資料より。

655-07
プレゼン資料より。結構派手ですね。

655-08
ノーマルのC3とエアークロスの寸法差。

655-09
こちらがC5のエアークロス。

655-10
二段の目つきはシトロエンにしては控えめ。日本車のギラギラする獰猛さに比べれば大人しい?。

655-11
一世代前の鮮烈なC5に比べれば常識的なカタチになってしまった。

655-12
乗り比べると結構大きなクルマです。個人的にはC3ACのサイズが使いやすいかなー・・・。パンダはちょっと小さい。

新しいサスペンションは従来バンプラバーで処理していた領域がより巧妙に繋がれ、大きな窪みやアスファルトの工事処理など一見して酷い入力を覚悟する場面でもすんなりいなしてくれ、強行突破できるような大入力処理も含めて、どこでもフツウに走ってしまう不思議さ?があり、ハイドロ・サスの新次元を感じさせる。ボディもしっかりした剛性が確保されているから、普通に使った場合の耐久性という意味でも長寿命を予感させる。まァ、ともかくシトロエンの乗り心地は全域で絶妙。御師匠様は一時期、「我々のような立場の者はシトロエンをアシにしてはイケナイ」と申された(エグザンティアを足に使っていた頃)。普段乗っているベースラインがコレだと評価軸が・・・。ですよね。
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(2)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫