FC2ブログ

クルマのある風景(845)= エンジン修理完了

 2021-04-23
 エンジンの修理が完了しました。ヘッドガスケットが抜けているかも?、と診断されたのでCARBOXで診てもらいました。燃焼室内水混入ということで、ま、ついでにアチコチやってもらいました。ヘッドを脱着して分解清掃、ヘッド面研、タイミングベルトも交換、スパークプラグも交換・・・と、結局修理代は20万+の大修理になってしまいました。古い年式のクルマに乗るということはこういうことですよね。
845-01
リザーバータンクにプクーッと気泡が登ってきて・・・ヘッドガスケットを疑ったのはベテランメカニックの診断でした。そういえば20万㎞を超えたあとだったの思うが、静岡BPの渋滞でドカンとラジェーターが爆発して、レッドポイントの赤座さんに助けてもらったこともあった。今にして思えば、アレもヘッドガスケットがやられていたのかもしれない。あの頃はヒート気味になるとブクブクと音を立てて煮えていた。知らぬが仏でそのまましばらく乗っていたわけだ。今回は軽度のうちに見つかった。

とにかく我が家に戻ってきた。庭にはシャクナゲの花が綺麗。これは榛名湖のところで買ってきたものでもう20年以上になる。

845-03845-02

845-04
これは以前に富士山バックで撮ったもの。神奈川県側からのショット。やはり富士山は真っ白く冠雪していると立派。

 
 前のムルティプラは30万km乗りましたが、あれは8万㎞位だったかの時にタイミングベルト交換を頼んだ際に整備ミスで絶命。エンジンをイタリアから取り寄せ載せ替えました。あの時はベルトの張り方をミスってバルブとピストンが干渉してしまい、80万円を超す出費となりました。それでも納得できるだけの魅力がありました。ムルティプラは不思議なクルマですね。今度も長く乗れるとイイナー。今はまだ4万9000㎞。

スポンサーサイト



カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)

クルマのある風景(844) = 排気臭触媒マフラー

 2021-04-08
しばらくそのままにしていたら排気臭が気になりだした。本当はもう麦飯石そのものを交換するべきなのだが、とりあえず中性洗剤の水溶液を噴霧した。すると嫌な匂いは気にならなくなった。やるべきことが沢山あって、老齢化してきた身には何事もおもうように運ばない。
844-01.jpg
中はもう真っ黒に汚れていますが、中性洗剤の水溶液をこのまま出口から噴霧してやったら、多少は石の表面の汚れが洗い流されたようで消臭効果は復活した。

844-02.jpg
ちょっと気になっていた七面山への道に踏み込んでみた。身延山の先です。

844-03.jpg
向こう側まで登りきるつもりはなかったが、道幅が狭くなり険しくなってきたのでヘアピンカーブを利してUターンして戻る。パンダの小回り性はこんな時に便利。ムルティなら踏み込まない。

844-04.jpg
大きな石がゴロゴロ落ちてきている。この道はコンクリートが一部施されているが、ガードレールはもちろん無いし路肩も確保されていないので、落ちれば千尋の谷ゆえ命が無い。TVでみるぽつんと一軒家の領域。山野は桜をはじめ花が綺麗だった。

カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫