クルマのある風景(106)=ホンダFIT-3

 2013-09-25
ホンダ・フィットが三世代目に生まれ変わった。ハイブリッドモデルが主役ではあるが1・3も捨てがたい。購入価格まで含めて考えると燃費の差で取り戻せるかどうか。RSという6MT車も健在。

106-01.jpg
試乗会は横浜マリンタワーを起点に行われた。これがプレス試乗会の受付におかれていた。

106-02.jpg
先代のイメージを残しつつ、丸かった末端処理のエッジを立ててシャープに仕上げたようなところもあるが、全体に迫力をましている。

106-03.jpg
ディテールの斜めに走る線が交錯するさまは大桟橋の雰囲気にちょっと似ている。

106-04.jpg
サイドのえぐりはまろやかなふくらみを拒否する強さがありかえってドアの厚みをを薄く見せてしまっている。ような気がする。

106-05.jpg
プレゼンの資料から。こんな時にも小さなカシオはメモをとる代わりにいい仕事をしてくれる。
エンジンは新しくなり1・5と1・3があるけど1・3が魅力的。

106-06.jpg
ハイブリッドとRSには1・5が使われる。

106-07.jpg
DCT。7段ギアボックスはモーター内にある3要素をつかさどるプラネタリーとツインクラッチとこんな風にコンパクトに結合されている。

106-08.jpg
今回の改良で一番好感をもったのがコレ。ボトミング的な大入力に対してフンワリと優しく受け止めてくれるダンパー/スプリングの初期作動はこれまでにない上々の感触。その後のダンピングも良好で全体にフラットな走行感覚はヨーロッパ車にそん色ない。ボディもサスペンションも剛性感は欧州車を思わせる。

106-09.jpg
各社おお流行りのブレーキシステム。初期のものの中には途中でペダルを踏んでしまうとキャンセルされてしまう例もあったが、ホンダはどんなことがあっても止めてくれる。踏む力が弱いと判断されれば必要な分を踏み増してくれる。ここまでやってから採用すべきだろう。

106-10.jpg
ハイブリッド車の燃費記録。これは乗り始めた時の数字でボクだけの記録ではない。横浜の渋滞モードの更に試乗会モードの中では上々。プリウスは同じMM21の試乗会で30の数字を記憶している。あの時と同じような走行内容ならばもっと良い値を記録するだろう。

106-11.jpg
コチラは1・3の燃費数値。これも同じくプレス仲間の連中がみんなでいじめた数字だろう。普段のアシであるパンダ100は1・4で同じく100馬力で6MTだが、同じような状況では12㎞/Lはもつ。CVTならもっと良いはずだから同じ走行内容で想定すればもっといいはず。燃費だけで選ぶのはどうかと思うが、一応この数字を参考にして試算すると、1・3の10㎞/L対ハイブリッドの20㎞/Lで5万km走るとして、1リッター160円計算で約40万円の開きとなる。価格差は37万円だからこの辺の走行距離が釣り合う。だから距離を乗る人ほどハイブリッドは有利か。個人的には1・3の5MT仕様(136万円)に興味あります。

106-12.jpg
ここは中華街の関帝廟の通り。新しいフィットは中華街の風景にもよく似合う。

106-13.jpg
立体的で複雑な凹凸を作り出している最近のクルマは製造原価も高そう。

106-14.jpg
コレは6MTのRS.試乗の順番として一番先に乗ったこともあり、フィットの中でも一番好印象。

106-15.jpg
このサイドパネルがちょっと平板に見えてしまうところがエグリの強さゆえだろうか。でも全体でみれば好印象を受ける。 この日は雨模様で、この写真を撮っているときにザーっときた。

  モデルチェンジはそれなりの進化を伴うことは過去の例をみてもわかるけど、今回はとにかく走行感覚としてしっかりした剛性感が増して、実用車レベルの低価格車然とした雰囲気を払拭したことがイチバンの成果か。率直に言ってトヨタ製ハイブリッド車で感じる華奢な感触とは無縁。欧州仕様も基本的にはコレと同じと言われているしそれだけの競争力を有する。

  ハイブリッドとそうでない仕様の比較は燃費だけではない・・ということはみなさんわかってらっしゃると思うし、それ以外の部分もご承知と思うので敢えて書かない。個人的な興味である乗って面白いかどうか、という点についてはそれは乗る側の問題である。スポーツカーがスポーティにできているかどうかが問題なのではなく、乗り手がスポーティに操れるだけの能力や心構えを備えているかどうかが問題。格好やスペックや装備がいくらメーカーの考えるお仕着せレベルにはあったとしても、乗り手の意志に応えられないようではダメ。逆にフツウの格好をしたタダのセダンであっても、スポーティな運転操作に耐えるようであれば、スポーツセダンと呼ぶ。だからハイブリッドもそれなりに特性を理解して扱ってやれば面白い。フィットハイブリッドはこれまでのハイブリッド車の中で一番デキがいいと思う。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
HVのコストでバカにならないのは電池だと思うのですが。
携帯ですら電池交換と機種変のコストを計算しているのに、大容量の車の電池交換のコストがはっきりしないのは、、、
多分ガリバーなどの中古車屋さんが答えを持っていると思うのですが。

レガシーシステムをブラッシュアップするやり方の方がトータルで見ると賢いのでは,,,
【2013/09/26 11:41】 | 坂巻 正夫 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫