クルマのある風景(109)=美濃白川の山村暮らし

 2013-09-30
マゴと遊んだり、高山へいったり、老後の楽しみを満喫。

109-01.jpg
こんな細い水路だって勾配があるので流れは速い。小石だってごろごろ押し流されてしまう。

109-02.jpg
自転車の練習風景。少し慣れてきたのか今回は転倒を経験。でも草地の土手に軟着陸で大事にはいたらず。ブレーキングがまだまだ未熟。

109-03.jpg
こんな錆びついた滑り台で・・・と思われるかもしれないが、ピカピカ光った金属面より黒錆びの表面はツルツル滑る。錆が潤滑剤になってるんですね。

109-04.jpg
白川町にある楽集館という図書館は子供向けコーナーが充実しています。こんな立体本もあります。児童書とはいえ数千円もする高価本がたくさん置いてある。

109-05.jpg
横浜へ戻る前日には久しぶりに高山へ秋の果物を買いに行ってみる。思い立った時間が遅く朝市の終わる12時ぎりぎり着。もうかたずけ中だったが何とかセーフ。

109-06.jpg
とりあえずみたらし団子。ここのはちょっと焦がす程度に焼いてあり香ばしくておいしい。

109-07.jpg
そしてお昼は飛騨牛のほうば焼き定食を食べる。1500円。とれたての松茸いりお蕎麦もありますよ・・とすすめられたがやっぱりコッチにする。お店のオバサンとそんな会話も楽しい。高山はそんなところも好きだなー・・。

109-08.jpg
市内の公共駐車場は20分100円とやすい。これは果物を買うだけだったので陣屋前の朝市広場の横にちょっと路駐。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
岐阜は美濃から飛騨までと広いと思います。高山の朝市も、町並みも楽しいですね。
高山の「トラン・ブルー」というパン屋さんは、世界大会3位の凄腕。毎日食べるパンがこんなにすごいのかと驚きました。是非一度よってみてください。そういえば、自動車も「ブレッド・アンド・バター・カー」などといいますよね。
【2013/10/01 22:45】 | N7 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫