クルマのある風景(010) = シトロエン Nemo

 2013-02-08
このクルマは以前FBMで紹介したことがあります。
シトロエンのNemoという1・3リッター・ディーゼルの5MT車です。
010-01
興味があって、どうしても乗ってみたいと思ってCARBOXから借りてきてしまいました。

010-02.jpg
エンバーゴがあってまだ名前は書けませんが、ある車の試乗会で千葉往復、そしてJAIAで大磯を往復した430㎞ほどの実用燃費は、車載のドラコンによれば19㎞/L台と良好。ターボが本領を発揮する2500rpm位からパワーはぐんぐん出てくるが、1000~1500rpm位の間の低速トルクが細い。MTなのでもちろん乗り方でカバーできるけど、やはりこの区間をチューニングしたくなる。ドイツに出張したりして開発に協力してきた手法が利用できそう。
また後日お知らせできるでしょう。

010-03
シンプルながら愛嬌ある顔立ちも魅力。試乗会であった同業者はいずれも興味津々。ディーゼルは今時みなさん欲しがりますよね。いろいろな装備品を選べるので正確な価格は知りませんが、リア・ハッチバックで1・3DEで、235万円とかそんなもんです。また返却時にいろいろ聞いてきます。

原工房にはこのクルマのプジョー顔で、1・4リッター・ガソリンのリア観音開きの仕様が入ってました。日本ではどっちが人気あるんでしょうね。いろいろ組み合わせは自由にできるらしい。スライドドアは便利ですよ。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
 Nemo、以前のカングーよりさらにコンパクトに見えます。ハードウェアはフィアットだと思いますが、やはりシトロエン独自のチューニングなんですか?
 未公表のクルマを推測するのもちょっと楽しみです。これはきっとパンダじゃないか、だとしたら、ツインエアにマニュアルがあるのか。とか。記事を楽しみにしています。
【2013/02/09 08:27】 | N7 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫