くるまのある風景(119)=横浜戻り

 2013-10-23
今月はまだ月半ばというのに、横浜と岐阜の往復は3回目?になるのかナ。調べないとわからないくらい頻繁に行き来している。(ブログはちょっと遅れ気味ですが。)

119-01
この日は雨模様で山の中間に雲が発生して、朝は幻想的な景色になっている。たまにはパンダで往復しようということでパンダです。家内はピッチング気味な固い乗り心地が長距離では疲れる・・と言いだしている。それでパンダ君の出番は少なくなっている。荷物をたくさん積んで後軸を重くすればかなり改善される。

119-02
そうだ久しぶりに吹き矢をやってから帰ろう・・・と思って、白川福祉センターによる。ぜんぜんダメ。集中力が持続しないのかまとまらない。こういう時は道具のせいにしたりする。「矢」がうまく吸い付いてくれなかったり、曲がって飛んだり。ぴったりパイプにくっついてしまってほっぺが膨らむだけで出なかったり・・・。息が弱いからかなー・・?、とにかくまっすぐ飛ばすチカラがない。こんな時には早々に退散。

119-03
R257西なぐらのアグリステーション。停まってはみたけど休業、残念。雨はザーザー降っている。

119-04
R257引佐付近の食堂で昼食。ここは普段から気になっていた店。天小屋。

119-05
かき揚げ丼とミニそばのセットメニュー。結構ボリュームがあっておなか一杯。かき揚げは量もあるし、とにかく野菜はウマイ。そばも固ゆででウマい。

119-06
このお蕎麦屋さんで教わった「鈴木家」にちょっと寄ってみる。国の文化財指定になったとかの名家で、最近まで実際に生活していたらしい。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫