クルマのある風景(012) = 伊那グリーンファーム

 2013-02-13
評判を聞いて、行ってみたいと思っていた伊那グリーンファームにちょっと寄って帰る。

012-01
中津川に泊まって、翌日はちょっと用事で黒川に抜ける。その蛭川村から黒川への峠道はこんな感じ。Navi画面のとおり屈曲しているだけでなく、日蔭は完全凍結しており時々滑る。


012-02
ここは付知付近にあるおそば屋さん。ラーメンもうまい!。


012-03
19号にちょっと出て、R153で塩尻に向かう。伊那でグリーンファームを探す。ナビには出てこないから、コマ書店で検索。グリーンファームは「ヘンなところ」でなんでも売っている感じ。古い農機具だとか家具だとかダルマストーブだとか新鮮な野菜だとか・・・本屋さんは二階。道をへだてた反対側の農場には画面中央部にちょっと見える「ダチョウ」なんかも飼われている。日曜日など休日にはニワトリとかひよことか犬・猫なども売りにでるらしい。

012-04
来週はランの市があるらしい。この紫色のランは白いランに色水を吸わせたもの。ちょっとビックリする。

012-05
二つのアルプスを背景に大きく開かれた高原にあり、そこにいるだけで気持ちいい。近くに「かんてんパパ」もあったが、5時までということでもう入れなかった。

その後は塩尻にでてR20甲州街道。甲府から精進湖ー河口湖ー籠坂峠ー御殿場ー大井松田ー大磯と抜けてR1で帰宅。その日のうちに帰れた。今回のドライヴは約1200km走って15・4㎞/Lという平均燃費。雪道でもあったからまずまずの好燃費か。長野・岐阜はハイオク170円台のGSも多く、ガソリンは高い印象。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫