クルマのある風景(135)=美濃白川の山村暮らし

 2013-11-10
秋。
135-01
この辺の山々の木々はヒノキか杉かよくわかりませんが針葉樹で青々としています。道端の低い木々は雑木とかたずけてしまうには問題あるでしょうが、やはり季節の変わり目には紅葉します。赤よりも黄色が目立ちます。これは近所を散歩していて見つけた赤い葉っぱ。名前はしりません。

135-02
これも葉っぱは赤くしかも赤い実をつけています。

135-03
このヤギは草を食べてくれるのでアチコチ移動させられますが、思っている以上に力が強く時々鎖を切って脱走するようです。でも何とか仲良くなれないかなと近づいてみました。じーっとみているとこんな風に後ろ足で立って挨拶してくれました。眼はカワイイ。

135-04
ですが、時々ドスンドスンと繋がれた木に角で頭突きを食らわせます。その力は相当に強く、まともにくらったらたまりませんね。少しづつ慣れてくれるといいんですが。

135-05
娘が持ってきてくれたトマト。まだまだ瑞々しく甘くてウマイ。

この日は朝から雨。外気も10度Cくらいと寒くなりつつあります。そろそろというか今度来るときにはスタッドレスタイアが必要になりそうです。


スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫