クルマのある風景(144)=美濃白川の山村暮らし

 2013-11-28
モーターショーを見て原稿が終わればまたすぐ岐阜へ。
144-01
混雑していたのは箱根まで。沼津への下りはすいていた。伊豆半島の手前には牛臥山がきれいに見える。

144-02
道の駅掛川には3時半ごろ着。なにしろ箱根の頂上まで今日は3時間もかかってしまった。休日の昼間なんかに出発したんじゃ混んであたりまえ。

144-03
R257へ入るともう食事も難しい時間なので引佐で夕食。付知のおんぽいの湯で温泉に入って・・・と思ったが時間的に間に合わない。で、ここはJR恵那駅。駅のコンビニで買い物をして黒川のウチへ。もう真っ暗。

144-04
翌朝は霜が下りていた。ムルティのフロントウィンドウはこの通り。

144-05
でも太陽が昇ると数分で溶けた。明日からこの反対向きにムルティを停めよう。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫