クルマのある風景(159)=美濃白川の山村暮らし

 2013-12-26
黒川散歩。

159-01
この朝は-4°Cまで下がったらしい。ムルティ君も寒そう。でもセル一発で元気に始動。ウィンドーの氷も陽があたればすぐに溶ける。

159-02
日蔭になる西南方向の木には樹氷ができる。そこに陽があたるとキラキラ光って綺麗。

159-03
散歩道の途中には山から流れ出る渓流もあるが、冬季の冷たい水はもともときれいな水ながら更に澄んで透明感をます。水流は結構速いのだが川底まではっきり見える。

159-04
田んぼにたまった水はこんな風に凍る。

159-05
この辺は山から流れ出る水が豊富で、冬になっても水量は変わらないようにみえる。その水も落ちる時にどこかにあたって弾け、飛沫が飛んで凍るとこんな氷の花が咲く。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫