クルマのある風景(168)=京都へ

 2014-01-12
京都へ。

168-01.jpg
昨夜は引佐からレッドポイントの206で黒川へ。外を見るといつもはムルティがある場所に206が朝日を浴びて光っていた。昨夜は-4度Cまで下がったが乾燥していたのか霜はナシ。

168-02.jpg
胡麻草峠の森を抜けて反対側に出ると、岸壁に滴る水が凍ってツララとなりそれが逆光を反射してキラキラ綺麗。でも手持ちのデジカメではウマく撮れないかもしれないと思いつつ一応シャッター押しておく。

168-03.jpg
各務原のレッドポイントへ行くともう早速作業は進められていた。やはり燃料ポンプが動いていなかった。で、なんと在庫アリとのことですぐ交換OK。ラッキー!。ムルティの燃料ポンプはあまり耐久性がないといわれている。レッドポイントでも新型(顔が変わった型)ムルティのポンプを最近交換した例があるという。26万㎞も走ったウチのムルティは長寿記録かもしれない。

168-04.jpg
交換作業は大変。シートを外しフロアマットも剥いで、全部外に出して中から取り出す。タンクの中にあるタイプだ。とにかく、ヨロシクお願いします・・・。ということでそのまま京都へ代車の206で向かう。

168-05.jpg
各務原のおがせにある迫間不動にちょっとお参りして、ついでにこの峠の茶屋で昼食。

168-06.jpg
R21号線。関ヶ原付近から雪が降ってくる。その辺も見越して赤座さんはちゃんとスタッドレス着きの206を貸してくださった。愛情さえ感じます。

168-07.jpg
この日は5時に約束があったが15分ほどの遅着で間に合う。R8号線で米原から彦根・大津と抜けたのがマチガイ。信号が多くて渋滞がひどい。宝ヶ池付近で食事して四条まで送ってから、せっかく来たんだから・・・と京都駅に寄ってみる。実は京都駅に入るのは初めて。家内は新幹線で来たことがあるらしく案内してもらう。

168-08.jpg
駅ビルの内部はスゴイことになっていた。階段のイルミナーションがいろいろ変化する。馬になったり謹賀新年になったり・・・。駅には駐車場もあって1時間600円。

168-09.jpg
屋上から京都の象徴、コンニャク・タワーも見える。このタワーの下に京都駅があるとばかり思っていた。JRの駅はもっと南にある。

168-10.jpg
で、帰路はもう1号線で山科を越えて大津にでる気も失せて、大原に出て途中ー琵琶湖西岸ー湖西周遊道ー長浜ー関ヶ原ルートを採る。写真は長浜あたりのコンビニ。こちらは道路にも雪があって真っ白。もう暗いので写真はムリ。奥琵琶湖から関ヶ原あたりまで、木々に雪や氷が付着して樹氷が綺麗だった。あとで考えると写真撮っておくべきだったと思うが、もう外は寒いし路肩には寄れないしトラックも怖いのでムリだった。

 この日の京都往復で480㎞ほど走行。でも面白かったナ。206はイイクルマだ。やはりMTはイイ!。 
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
始めて投稿します。長浜市在住です。長浜市は滋賀県の1/6を占める広域市で私は北陸高速長浜IC付近在住です。

以前のブログでも京都から岐阜帰られるのに湖西経由で帰られた記憶がありますが、空いていて速く帰られるのなら以下のルートをお勧めします。
大原→途中→琵琶湖大橋(200円)→県道(湖岸道路)559号→県道26号→県道2号→湖岸米原市で右折国道8号案内に従い8号線へで岐阜。
県道559号→26号→2号は一本道で湖岸道路です。延々と琵琶湖に沿って走ります。彦根あたりは若干混みますが信号少なく快適です。流れは速いです。オービスが彦根に1箇所のみです。

湖西回りだと道は面白いですが冬は雪で流れが遅いです。

私も3年前までMTの306に12年ほど乗っていました。
今はゴルフ6の1.2リッターですがプジョー廃車を後悔しています。
【2014/01/12 17:50】 | しゃぎり #YAWa3hBg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫