クルマのある風景(016) = V40 岡山 カブトガニ

 2013-02-27
早速ボルボV40を借り出して岡山へ行ってきました。

016-01
早朝4時頃に出発すれば昼には岡山に着けます。ここは山陽道吉備SA.眠くなってちょっと仮眠。

016-02
情報センターで牡蠣を焼いて食べられるところを聞く。瀬戸内海の「笠岡」を教えてもらう。
道の駅で生の牡蠣は売っていたけど、焼いて食べさせてくれるところはなさそう。

016-03
カブトガニの博物館があったので入ってみる。シニアは入場無料。いるいる水槽の中にはアメリカ産?の大きなやつが。30㎝以上はありそう。ひっくり返って裏返しになって遊んでいても、尻尾をつかって器用にもとに戻る。動きがカワイイ。

016-04
いくつかある水槽の中にはツガイで飼育されていて、ほとんどが二両連結で泳いでいる。その説明がコレ。オスは怠け者だ。

016-05
オウムガイを至近距離で見たのは初めて。デカイし目玉が不気味。

016-06
そのカブトガニのお菓子があるという。「玉利軒」というお店で開発したらしい。探して行ってみるとご主人が親切に説明してくれて、大中小の3サイズをいくつか買い込んだ。中のアンコが緑色で抹茶味になっている。

016-07
笠岡はカブトガニの生息地になっている。その現場を見ることはできないが、瀬戸内海沿岸に沿ってしまなみを見ながら岡山市内へ。

016-08.jpg
夕陽がしまなみの間の海に沈む景色はなかなかイイ。瀬戸内海はのどかだなー。しまなみが続くと山並みになる。

 ボルボV40は快適。とにかく疲れない。最初の給油は神戸西宮の名塩だったが、高速道路を淡々と流した結果は12・7㎞/Lと燃費も良好。フツウに走っていればエンジン回転は2000rpm前後しか回さないですむ。V40はボルボの中では小さいけれども侮るなかれ、大きなボルボと変わらない。ボクの評価基準はもちろん長距離走行での快適性が第一ではあるが、単に乗り心地云々ではなく「飽きない」かどうかはもっと重要。V40は一緒に暮らしてもイイと思えるほど。ディーゼルとかMTも今後追加されるといいナ。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫