クルマのある風景(177)=美濃白川の山村暮らし

 2014-02-02
峠の日向ぼっこ。

177-01.jpg
1月は2往復しかできなかった。3日空いた隙間を有効に使おうと思って夕方5時過ぎに出発。掛川まで3時間40分かかる。箱根山頂まででいつもより25分遅れだったのでまずまずか。

177-02.jpg
ちょっと時間を気にしたのは、三方原にあるうどん屋のラストオーダーが9時半ということでギリギリ。でも何とか間に合う。ここの讃岐うどんは美味しいんです。夜間は引佐すぎるともう店はほとんど開いていない。

177-03.jpg
期待したわけではないけど雪はまったくナシ。外気温も5度くらいあって暖かい。

177-04.jpg
昨夜は恵那に0時前に着いて、コンビニで朝食のパンなどを買って黒川に入る。野菜をたくさん食べるように・・・と、最近家内はスープを作ってくれる。種類も多くオイルと黒酢、そして胡麻ダレなどで味付けしてありなかなかうまいんですよ。

177-05.jpg
峠の凍結個所は一か所だけ。マゴたちを預かって温泉にゆく。

177-06.jpg
付知おんぽいの湯はマゴ達も大好き。

177-07.jpg
付知のオデン。

177-08.jpg
峠を超える時日向ぼっこする人たちを見かけた。その風情がなんともほほえましい。

177-09.jpg
軽トラも風景に溶け込んでいる。

177-10.jpg
一度は通り過ぎたが、引き返して写真を撮らせてもらう。今までは寒い日が続いて今日はちょっと暖かいと言う。峠の森の暗闇をぬけて、ぱーっと山並みが広がるこの峠からの眺めはいつもイイナー・・と思う
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫