クルマのある風景(182)=ENGINE大磯試乗会2014

 2014-02-15
新春恒例エンジ誌の大磯試乗会がありました。JAIA試乗会より前に行われたんですが、ここに上梓するのは原稿を送ってからになります。インプレの内容については2月末発売のENGINE誌をお読みください。

182-01
最新輸入外車33台とジャーナリスト29名を集めて朝8時スタートで大試乗会が始まる。スタッフはそのはるか前からクルマを並べたり水を撒いたり準備も大変。まだ朝日のあがる前で未明の大磯の海は茜色に輝いている。

182-02
今年のカメラマン部隊の新兵器はコレ。小さなプロペラ-を4個持ちその真ん中にカメラがあるラジコン飛行物体。オリンピックなどでも移動する対象を追いかけて活躍している。それをまじかに見るチャンスがあった。

182-03
担当車はあらかじめ編集部の方で決められており、最初はアストンマーティン。寒いけど用意されていたこのままオープンで箱根を往復。ターンパイクは一応上まで除雪OKだったが、本日の定点観察場所として湘南ビュー展望台を選び、あとのクルマも同じようにココで撮ることにする。だから日蔭の状態もその都度かわる。
182-04

2台目はミニ。
182-05

182-06

3台目はシトロエンDS3.
182-07

182-08

4台目はBMW・X5.
182-09
182-10


5台目はアルピナ。そしてこのクルマの原稿も責任担当。
182-11

182-12

6台目はロンドン・タクシー。
182-13

182-14

  この6台について短いコメントを書いて終了。その後自分の担当するクルマの単評をまとめて原稿にする。同じコースを違うクルマで同じように走らせるとまた見方も変わってくる。あー面白かった、というのが感想。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫