クルマのある風景(186)=美濃白川の山村暮らし

 2014-02-24
黒川散歩

186-01.jpg
水分を含んだ雪は凍るとやっかい。固くなってなかなか解けない。溝にたまった水は氷になってテカテカに光りよく滑る。とにかく歩きにくい。

186-02
庭の平らな部分がこんな風にボコボコになっている。風のいたずらなのかなー・・・。

186-03
側溝に脱輪した形跡。雪で道幅を間違えたか、下が見えなかったために寄り過ぎ。地元のヒトでも見誤ることがある。

186-04
雪のイナバウワー!。3日目になっても落ちずにあった。屋根の落雪に注意。下側は凍っているのでぶつかると痛いし重さがあるので怪我します。

186-05
ここは田んぼ。ボコボコした穴は下に稲とか作物があるのでそれらが熱源となって溶かすようだ。生物のもつエネルギーを感じる。外は日が当たればそれほど寒くはなく、空気が澄んでいる感じで冬の散歩は気持ちいい。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫