クルマのある風景(188)=ノスタルジックカー

 2014-02-24
パシフィコ横浜でノスタルジック2デイズが開かれました。
188-01
ノスタルジックヒーロー誌の主催で始まったこの催しは今年で第6回を迎える。日本最大級の旧車トレードショーで懐かしいクルマがいっぱい。

188-02
地の利ゆえか日産車が多く、今年はレパードがたくさん並んでいた。ラリー車は今や珍しく、フェアレディーZや510そのものも街でお目にかかるチャンスはめったにない。

188-03
三菱ランサーEXのラリー仕様。ランエボのご先祖様ですよ。

188-04
レビン/トレノも見なくなりました。ハチロクのご本家。

188-05
このプリンス・グロリアは東京オリンピックで使われたクルマらしい。

188-06
RT40コロナも懐かしいクルマです。

188-07
この型のマークⅡ3兄弟も一世を風靡しましたね。今はマーク・エックスが代わりなのでしょうが現在のクラウンに匹敵する存在でもありました。

188-08
スカイライン系が一番多いかもしれませんが、GTではなくこのS51(だったかな?)型バンが生き残っている例は珍しい。

188-09
「白いクラウン」のピックアップトラックも珍しい。今みるとなかなか魅力的。

188-10
スバル450ともちょっと違うような気がする。モディファイの仕方としては上手に仕上がっている。

188-11
ライレー。輸入車はあまり多くない。

188-12
フォード・コブラ。当時ゼロヨン加速で最速車、12秒台だったかな。4段MTの2速で400m付近を通過するのでシフトは1回で済んだ。

188-13
GTOレプリカ。たしかS30ベースだったと記憶する。時の経過はレプリカといえどもそれなりに価値をもつ。

188-14
ベレットGT、コンテッサ、「柿の種」ブルーバード、懐かしいですね。

188-15
このホンダS360は東京モーターショーに展示されたクルマ。ヘッドランプカバーの丸みがちょっとオリジナルと違うような気がするが、クルマとしては今でも魅力的。

188-16
トヨタ・スポーツ800。ガソリンを燃して使う燃焼式ヒーターが目立つ(ブルーに塗られている)エンジンルーム。

188-17
アルフィンドラムってこんなに高いもんですか。

188-18
ランプやレンズ類もまだまだストックがあるんですね。

188-19
2台で500円は安い。

188-20

188-21
EBBRO社のキャトル。カラーリングも素晴らしい。エンジンルーム内のシフトロッドもよくできている。

主催者側の発表によれば、来場者数:19,238名、展示車両:153台。
 次回、第7回は2015年2月28日~3月1日に開催予定。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫