クルマのある風景(019)=プジョー308

 2013-02-28
5008の試乗会では他にもプジョー車が用意されていて試乗も可能だった。その中から久しぶりに308に乗せてもらった。
019-01
308は登場直後にスペイン/ポルトガルを走ってきたが、顔は少し変わって上級車に近くなった。それにしてもウィンドー傾斜が大きく、ノーズからルーフ先端までで全長の半分くらいを占めるように感じる。

019-02
5008と並ぶと同じようなプジョー顔でも精悍な感じ。

019-03
ウィンドー傾斜はそれほど気にならないが、中で感じるのはダッシュボードの棚がガラスに映り込んで、前が見にくいことがままある。

019-04
個人的には、308は後ろ姿の方が魅力的。

 久しぶりに乗ってみると、やはりアシの良さが光る。タイアはそれぞれちゃんとストロークしてボディを水平に保つ様子が印象的。どうして他の車はこうできないのだろうか不思議に思うほど自然体。バネ系の強さが出しゃばらず、ダンパー主体でバネ下の動きをうまくコントロールしている。これが本来プジョーの持ち味。ロール感といい微舵の応答性といいニュートラルなステア特性といい、基本的な走行感覚がちゃんとしているから、登場後もう何年もたっているのに、チャンスがあればアシに欲しいな・・といまでも思えるクルマだ。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(2)
コメント
マイナーチェンジした
308はまだ乗ったことないので
興味深いです。

顔の派手さが目立った308
でしたが、実はプジョーらしいモデルなんですね。

ホント、大人数で乗らなくなったら渋いチョイスとして良さそうです。
【2013/03/13 11:04】 | ムルスマ #vboAnDWU | [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/04/06 03:25】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫