クルマのある風景(204)=美濃白川の山村暮らし

 2014-03-25
黒川の朝市楽座。

204-01.jpg
今年になって最初の朝市。とにかく早くいってまず「ナオさんの五平餅」を予約しとかなきゃ。

204-02.jpg
7時半ころからお店の準備がはじまる。いつもの常連は同じ場所に同じように並ぶ。焼きそば、たこ焼き、みたらし団子・・・アレ、五平餅がない!・・・。

204-03.jpg
この列は自然食品、梅酒とかかりん水、天然発酵の蒸しパンとかお焼き・・・。無料の貸本などもある。

204-04.jpg
関の刃物研ぎのオジサンも健在。3月から11月までの第四日曜日に開かれるこの黒川の朝市楽座は、久しぶりに顔を合わせる人たちの会話が弾む。

204-05.jpg
「ナオさんの五平餅」は昨年2度しか食べられなかった。大人気で予約しとかないとありつけない。だからいつも売り切れ状態で地元のヒトでもまだ食べたことがない・・という。でも在住1年になるといろいろ要領もわかってくる。たまたまご本人に会えて話ができた。本日は休業とのこと、そこを何とか・・・、と頼み込んだら、10本くらいなら自宅で焼いてみます。となって佐久田神社にほど近いこともありご自宅に押し掛けた。庭で焼いていたら近所のヒトから30本ほど予約されてしまったと言う。やはり評判の味なんだ。お米は地元白川産でタレが秘伝。このタレがたくさん用意できないので量産はムリとのこと。焼きたては特に美味しい。

204-06.jpg
家内が農園の土を耕していたら冬眠中のカエルがでてきた。バーバのシャベルの餌食にならなくてよかった・・と娘は子供たちに見せたが反応はナシ。ⅰパッドに夢中。

204-07.jpg
まだ霜は降りるが、朝の太陽光線の強さはご覧のとおり。光線もだいぶ角度がついてきた。

 今回の黒川行きは、朝市楽座と306のナンバーを外してくることが主な要件。ひさしぶりに夜間走行で横浜戻り。付知で温泉に浸かって8時半ころに出てきて、途中は給油だけでノンストップ6時間半くらい。今回はレッドポイントでエンジンオイルを交換してもらったこともありムルティ快調。960㎞の総平均で15・3㎞/L。途中の定点観察地点にもよらなかったので写真はナシ。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫