クルマのある風景(206)=雪割草

 2014-04-01
今年も雪割草の季節がやってきました。4月1日から10日までです。

206-01.jpg

206-02.jpg

206-03.jpg

206-05.jpg

206-06.jpg

206-07.jpg

206-08.jpg

206-09.jpg

206-10.jpg

206-11.jpg

206-12.jpg

206-13.jpg

206-14.jpg

206-15.jpg

206-16.jpg

206-17.jpg

206-18.jpg

206-19.jpg

206-20.jpg
今年は雪溶けが遅かったようですがもうちゃんと咲いてます。場所は岐阜県。県道70号線の途中から二つ森山の山麓に入ったあたりです。中津川の方からくるとR257の下野を左折、切越峠を越えます。ゆっくり走ればOK。白川の方からだと黒川の部落を抜けた先です。写真の雪割草展のノボリが2本ずつ立っているところが目印です。フツウのタイアでも登れますが車高の低いクルマは無理。マイクロバスでもバス停駐車場に置いて歩けばOK.入場無料。

206-21.jpg

206-22
こちらは10年前の2004年にノルウェイの北端、ノルドカップのクルマで行ける最北端へ行ったときにみた北極圏の雪割草(だと思う)。時期は5月の中旬。

206-23.jpg
またあの花が見たくなって、バルト三国を回ったおりタリンからフェリーでヘルシンキに渡ってそのまま北上、再度ノルドカップの駐車場へ。同じようにみえるが微妙に違うような気もする。これは2007年6月初旬。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫