クルマのある風景(208)=伊勢参り

 2014-04-09
遷宮後のお伊勢さんにお参りしてきました。
208-01.jpg
鳥居前の駐車場は一杯で、五十鈴川の河原にある駐車場へ。ちょうど桜が満開で土手の桜並木も綺麗。

208-02
鳥居のところに昨年十月に式年遷宮が行われたことが記してあります。

208-03
五十鈴川の橋を渡った中にある鳥居も新しくなってました。

208-04
神宮の入口。ここから先は撮影禁止。中に入ると新旧の社殿が並んでちょっとだけ見える場所がある。新旧の違いは屋根の厚み。20年立つと茅葺も朽ちて薄くなってしまうんですね。

208-05
森の中に上だけちょっと見える新宮殿。

208-06
「荒祭宮」。本宮殿もほぼこれと同じ造りと思われる。左右2本の太い棟持柱で屋根の部分を支える。壁の柱に屋根の重みがかからない構造。

208-07
五十鈴川の川面にはシラサギの姿があった。

208-08
名物「伊勢うどん」。ちょっとやわらか過ぎてコシがない。我々には美味しいとおもえない。

208-09
みたらし団子。こちらはやわやわな食感こそ美味しい。ただの醤油焼きと甘ダレがある。どっちも美味い。

208‐10
名物の「赤福」。一つ食べてしまってから、そうだ写真撮らなきゃ・・・と思い出した。ウマイ。

208-11
魚類を焼いて食べさせる店。ぶら下がったイカ焼きが面白い。

208-12
駐車料金は最初の1時間無料。その後は1時間350円で加算。

208-13
二見が浦。今回は引き潮で砂浜が岩につながっていた。しめ縄の張替は年に3度行われる。

208-14
今年は岡山へいけなかった。焼き牡蠣を食べたいと思ってネットで調べたら鳥羽が近い。で伊勢から回る。鳥羽駅に近い「海女小屋」という店に入る。

208-15
「焼き牡蠣」というメニューが最初からある。焼くと小さくなっちゃいますよ・・なんてヤボはいわない。自分で焼くのもいいがやはりプロの手にかかると絶妙。3個1皿500円。

208-16
家内はコレに地ビール。

 朝早く黒川を出て、R41-大垣ー養老街道ーR21-伊勢ー鳥羽で、そのままR23で蒲郡ー豊橋にでてR1へ、浜松ー掛川ー箱根・・・とウチに帰ってきてしまった。この日の走行距離は700㎞程度だから大した距離ではない。平均燃費=16・8㎞/L。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫