クルマのある風景(220)=美濃白川の山村暮らし

 2014-04-30
黒川の朝市楽座。

220-01.jpg
第四日曜は黒川の朝市、やっぱり気になって間に合うように来てしまいます。

220-02.jpg
神社の前のたんぼにも水がはられてムルティが2台見えます。水田にブルドーザーのような重機が入ってかき回していますが、沈まないのはたんぼの底が岩盤のように固いのでしょうか。

220-03.jpg
今回はエレキバンドが入ってました。

220-04.jpg
ベンチャーズなど60年代の懐かしい曲が流れる。そんな年代の参加者も多くまさにお祭り気分は盛り上がる。

220-05.jpg
近隣の主婦たちの手による手作り食品が売られている。コンビニ弁当とは違った味わいがある。

220-06.jpg
栗おこわ饅頭は道の駅でも売られていたような気がします。プリンも美味かった。

220-07.jpg
大量販売ではなくちょっとずつ味わいながら売り手と買い手の会話を楽しむ、そんな家庭的なテーブル販売がおもしろい。

220-08.jpg
ここも顔見知りのヒト同志の会話で、飲み物などを茶わん一杯づつ作ってくれます。

220-09.jpg
桐材でできた丸テーブル。軽いのでちょっと持ち出して使うのに便利。1000円だったかな?。

220-10.jpg
わっぱ弁当箱も見ると欲しくなって買ってしまいます。が、実際に弁当としてつかうこともなく、今は小さなハサミとか小物入れになってます。

220-11.jpg
野草弁当(!)材料はその辺にありそうなものですが、一つ一つ手の込んだ味付けで処理してある。

220-12.jpg
ここはパン屋さん。天然酵母をつかったヘルシー食品。

220-13.jpg
野草弁当買って食べてみました。いろいろ盛りだくさんに詰め込まれています。中にはちょっと苦いコーナーもありました。

 今月は忙しかったなー・・。まだ積み残しもありますが、黒川の朝市までは4月のアーカイブに入れておきたかったので、とりあえず写真だけでも見てください。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫