クルマのある風景(230)=パンダリーノ

 2014-05-26
浜名湖でパンダのお祭りがありました。
下手な説明をするより、写真を見ていただいたほうが雰囲気は伝わると思います。
230-01.jpg
フィアット・ジャパンとしては、このMotto Easyという限定車を発表する機会でもあったようです。

230-02.jpg
199万8000円。カタログモデルの最廉価版よりさらにお得な装備品が盛り込まれている。

230-03.jpg
パンダⅡのこのシリーズのオレンジやグリーン系2トーンは本当にキレイですね。

230-04.jpg
パンダⅠは思っていたよりズーと数も多いし、今見てもⅡやⅢと比べても新鮮。

230-05.jpg
お立ち台に乗って盛り上がっているヒトもいました。イタリア車の祭典という感じで本国並。

230-06.jpg
このお二人も広げたモノも全部、パンダ1台に積んできたんですね。収納能力もすごい。

230-07.jpg
テントに椅子とテーブルをサッと広げればどこでもピクニック気分が味わえる。

230-08.jpg
まだ準備中のようでしたが、日傘がいい。

230-09.jpg
店舗としても立派な本格派。

230-10.jpg
これもぜーんぶ積んできたんですね。

230-11.jpg
ここもまだ開店準備中のようでした。

230-12.jpg
クルマと同色のオムスビテントいいですねー。昼寝にサイコウ・・。
230-15.jpg

230-13.jpg
椅子だけでもサマになります。ハッチゲートは屋根になり日蔭作ります。

230-14.jpg
日傘、テーブル、椅子・・とこのセットが見た目に一番よさそうな感じ。

230-16.jpg

230-17.jpg
ブルーのパンダ100初めて見ました。いい色ですね・・。

230-18.jpg
パンダⅢの4WDも来ていた。

230-19.jpg
フィアット500Lも参加。けっこうデカイ!。

230-20.jpg

230-21.jpg

230-22.jpg

230-23.jpg

  主催者側の発表では、当日の参加台数201台、参加者500人以上と大盛況。今年で7回目となる。FBMとはまたちがってイタリア車のお祭りらしく若々しい活気にあふれており、楽しい時間を過ごさせていただきました。28万キロ走った大古車の我ムルティはちょっと異端でしたが同じフィアットゆえ、ジジィがマゴ達に遊んでもらっている雰囲気でもありました。みなさんありがとうございました。

  元CG誌編集長の田中誠司さんから電話があって、当日トークショーやってもらえませんか・・・ということで現フィアット・クライスラー・ジャパン,マーケティング本部BCSの田中さんと二人でお話することになりました。本当は自分のパンダ100で出席したかったのですが、今は息子が使っているので保険関連の確認できずムルティを使いました。で、終わってからそのまま岐阜へ。昨夜台湾から帰ったばかりで、ムルティプラは5日間眠ったままでしたが目覚めも快調、コチラは4時間しか眠ってないので疲れたー・・。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/05/28 18:22】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫