クルマのある風景(241)=美濃白川の山村暮らし

 2014-06-22
第四日曜日は佐久田神社(黒川)の朝市。

241-01.jpg
今回は雨で人出もすくなく低調ながら、枋葉寿司やみたらし団子などいつもの顔ぶれはそろっている。五平餅はピンチヒッターの登場で無事「予約」入手。

241-02.jpg
この季節ゆえの商品は家庭菜園など自宅で簡単に植えられる野菜物の苗などがお目見え。

241-03.jpg
パン類は雨ゆえにビニール袋に入れられ完全防備。

241-04.jpg
この人は毎回、少数精鋭主義でお客の好みに合わせてこまめに売っていく。台上には並べないが在庫はちゃんと別の箱にしまってある。飲み物などは一杯ずつ茶碗につくってくれる。

241-05.jpg
コーヒーは紙コップながら一杯100円。ウマイ。

241-06.jpg
普段のアシ車でもある軽のハッチバック・バンは雨の日はこうして店舗に早変わり。実に便利。この場所は例月ならば関の刃物屋さんのクルマがあるはず。今回は欠席か。

241-07.jpg
神社前の駐車場にはクルマも少ない。田んぼには仕切りがしてあって昨年の五分の一程度しか苗が植わっていない。このまま空けておくのだろうか、別の試作をおこなうのだろうか。そういえば昨年は確か稲の田んぼだったところが、今年は豆の畑になっているところも多くみかける。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫