クルマのある風景(244)= ムルティプラで福島へ

 2014-06-27
ジャガーFタイプの試乗会へはムルティプラで往復した。

244-01.jpg
夜中に出発して羽鳥湖周辺には朝の6時頃に着いた。湖が近いせいか霧が大量発生。英国みたい?。

244-02
とりあえず英国らしい風景をバックに記念撮影。

244-03
ジャガーFタイプの試乗車を隣に止めてカシャツ!。

244--04
英国らしい場所を探してブリティッシュ・ヒルズを作るなら、「羽鳥高原」=「ハドリアンズウォール」という語呂合わせに通じるだろう・・・と英国人が考えたかどうかは知らない。

244-05
この写真は2006年に英国・アイルランドを旅した時のもの。湖水地方の北にある石積みの壁で、観光バスで巡るほど大規模なもの。羽鳥ときいて真っ先に思い出したのはこのハドリアンだった。

 ムルティで、東京都内を横断して福島を往復するのは心配だった。あの渋滞とACを使ったエンジン負荷では、またジュワッと蒸気が噴き出すオーバーヒートが起きるのではないかとヒヤヒヤ。が、結果は何事も起らずACは寒いほど効いてオン/オフする状況だった。往復555㎞の平均燃費は14・1㎞/Lとまずまず。こうして実績を積み重ねていくうちに信頼性は回復してくるんだろうナ・・・。福島は岐阜より近い!。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫