クルマのある風景(247)=ムルティプラ

 2014-07-05
NARDIをとりつける。

247-01.jpg
各務原のレッドポイント整備工場。今日はかねてからの念願というか悲願がかなう日。

247‐02
これは過日、赤座さんにお願いしてNARDI取り付け用のボスの制作を依頼したときのもの。オフセット違いでどのくらい変わるか予めオリジナル状態を測定しておく。ウィンカーやワイパーSWのレバーとの間隔は1㎝ほど空いて、ステアリングリムが手前に引き寄せられてジャストフィット。

247‐03
NARDI専用のムルティプラ用のボスは無いので、Momoとかパーソナルのボスを加工して制作。エアーバッグをキャンセルする配線も作ってもらう。パンダリーノでナルディ屋のオジサンに会い、ムルティ用のボスありませんか?と頼んでおいたが未だに連絡はない。最近はハンドルを変える人が少なくなっているようだ。

247‐04
これにリングとホーンボタンが入って完成。リングを忘れてきたので、また後日ちゃんとした装着写真を撮ります。ちなみにこのNARDIはプジョー504につけて5万キロ走ったものを再使用。

  個人的にはエアーバッグは要らないと思っている。シートベルトをいつでも確実に締めているからポストに当たることはない。エアーバッグは中に火薬が入っており誤作動で爆発した例も聞いている。そんなことよりも、ボクが重視しているのはその装置が組み込まれたホイールそのものが重いこと、回転バランスがわるいことなどにより、慣性モーメントは巨大なものになっている。それにウレタンのグニャッとして柔らかい感触が好きになれない・・・といったことがNARDIに交換する理由だ。以前は保険の割引対象になっていたこともあるが、今はなくなっているしもちろんこのまま車検取得OKである。

  帰り道、飛騨川沿いのR41号はもとより、黒川までの県道70号ではその違いに驚いた。乱舞はしないが狂喜に近い嬉しさあり。もっと早く換えておくんだったと後悔。ハンドル1本でこんなにクルマそのものの印象が変わった例は久しく無い。一言でいえばドライビングの精度が大きく向上した。慣性モーメントを後日測ってみようと思っているが、とにかく直進性は良くなり安定性を増した。あの重い分銅のようなオモリがちょっとした路面反力による動きを増幅し、自分の意志とはかかわりなく微少に振れていたと思われる部分を減衰できずにいた。その動きが抹消されて、ピタリとセンターに寄せられて走る様はホイールアライメントの何たるかを教えてくれる。カッチリしたウッドリムは路面フィールを寸分の遅れなく伝え、あたかも路面のゴミなどをミリ単位で回避できるような気にさせてくれる。だからそれまではコンナモンダロウ・・とおもっていた走行感覚において、無駄な微少域の動きがなくなってしっとりとした落ち着きがでてきた。雑というか、安っぽい走行感覚から一気に高精度な乗り味に変わった。ウチに戻って家内を乗せてSMに買い物に連れていった。なんか乗り心地よくなったみたいだネー・・。


スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(3)
コメント
こんにちは。

いつも楽しく拝見させて頂いております。

ステアリング交換いいですね。
以前は車を変えた時には先ずステアリングとオーディオを変えるのが慣例だったのですが、現在はエアバックの普及やナビとオーディオの一体化等の影響でボスやオーディオの選択肢が狭まってきている現状を憂いています。
そういう私も大事に保管しているイタルボランティコルサを今の車に付けたいと思って長い間ボスを探していたのですが全く見当たらなかったので、ブログを拝見した歳に嬉しくなりました。
そこで自身も参考にしたいと思っているのですが、ボス製作は結構お高かったですか?
下世話な質問ですいません。
【2014/07/07 09:43】 | かずのり #- | [edit]
こんにちは

笹目さんがCG時代に、本棚の間にステアリングをぶら下げて実験して以来、ステアリングの慣性モーメントが頭から離れません。

私はエアバックの付ステアリングの重さもさることながら、最近のステアリングリムの形状が「ムンズ」と握って「エイ!」と切るような形状、太さになっているのがとても残念です。

特に最近歳を取ってからは速く走ることよりも、気持ちよく走りたいので、細目のリムをつかんで、ススッと回したいんですが・・・
【2014/07/08 06:59】 | megane16v_99 #- | [edit]
こんにちは。

笹目さんがS13シルビアにNARDIを付けてレポートされた時に、私も同じNARDIを買って試しました。

当時は今以上に運転が下手で、Fタイヤのショルダーを削ってしまうこともありましたが、NARDIに替えてからはショルダーの荒れ具合がステアリングを通して伝わってくるようになり、驚きました。カウンターを当てるのも楽になりました。クルマ自体が持つキャスターアクションに両手を任せるだけで、自然と立ち直るようになりました。

ただ良いことばかりでなく、ホイールバランスのちょっとした狂いも、正直に伝えてくるようになりました。ははぁ、だから自動車メーカーは慣性モーメントの大きいステアリングを選ぶのかと、ひとりで納得していました。

最近のクルマは、ぐいっとステアリングを回しても破綻しないようにするのが流行りに感じます。でもぐいっと切っていたら、運転は上達しません。ペダル操作とシンクロさせながらそーっと切らないと、クルマの挙動は掴みきれないと思っています。だから握りが太いステアリングは嫌ですね。NARDI万歳!

【2014/07/10 18:59】 | Rotarycoupe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫