クルマのある風景(265)=R418

 2014-08-16
またちょっと用事で戻る。今回は時間に余裕があってR418に踏み込む。

265-01.jpg
平谷峠、標高1160m。峠の頂上付近は道幅も広いが途中は狭くクネクネと曲がっている。対向車はまばらだがすれ違いには注意。減速または停止して譲り合う場面もある。

265-02
道の駅・信州新野千石平。立派な建物。野菜や果物、漬物にジャムなどの農産物が主体だが品数豊富。

265-03
秘湯もたくさんありそう。まだ試したところはナシ。

265-04
滝もあります。小規模でも姿かたちのいいカメラに収めたくなる滝が所々にあります。

265-05
トンネルもあります。

265-06
台風11号の通過直後だったせいか、倒木や折れた枝などで道がふさがれている個所もあった。

265-07
枯枝や落石などもアリ。ヘアピン・コーナー出口付近などにあって突然目に入る場合もあるから要注意。

265-08
枝の陰には落石や崩れた岩などもあるから踏まない方が賢明。タイアのサイドウォールを切らないように注意。

265-09
ダムの水は泥で汚れていて満々とたたえられた水量は動かなくとも不気味。この周辺の林道や山道はガードレールの無いところや、木々もなく直接眼下に渓谷や湖がみえるような水際を通るところもあるからくれぐれも注意。インもアウトも攻めてはいけない。路肩を示すペイントが無いところは陥没したり崩れていて土の無いところもある。、

265-10
初心者は踏み込まない方が賢明。お進めしません。速度を落とせば個々には対処可能ではありますが、区間が長いので集中力が持続しないと思います。2時間連続のスラロームとかジムカーナとか、そんな感じで走らされてしまうんです。

265-11
写真の左側、水窪方面から出てきたところに通行止めの看板あり。浜松側からきたら引き返すポイント。

  こんな林道を使ったこともあり、いつも寄る道の駅掛川まで7時間もかかってしまった。パンダはもう7000㎞走った。一泊ののちまた岐阜へ。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫