クルマのある風景(295)=パンダ4×4ツインエアー

 2014-11-24
パンダに待望の4WD仕様が登場。エンジンはガソリンのツインエアー。それに6段MTが組み合わさる。

295-01.jpg
外観はほとんど今乗っているディーゼル4駆と同じ。外寸は軽自動車とあまりかわらない。

295-02.jpg
FCA日本仕様は限定車で、カラーは赤白緑のトリコロールのみとなる。

295-03.jpg
搭載されるエンジンはフィアット500やパンダFFと同じ2気筒900cc。

  WebCGの取材であったので、あちらにインプレッションはくわしく載ってます。個人的な興味はディーゼル4駆の5段MTに対してコチラは6段MTなので、もっとクロースしたギアシフトで楽しめるのでは・・・という点に期待。それはディーゼルの4500rpmマックスの回転数に対して、こちらは6500rpmまで使える高回転域までの伸びとの組み合わせとなる。たしかにその点ではオモシロいと思った。エンジンの重さをはじめとする重量の違いもあって、違う乗り物感はあった。だから一概には比較できないが、コッチが先に出ていたならコッチを買ったかもしれない。価格差があまり大きくないので燃費以外に経費や購入コストにかかわる金銭的な優位差はなさそうに思う。ま、言ってみればどちらを買ってもイイ、というと無責任ではあるが、正直なところそんな感じだ。距離を乗らない人にはガソリンの方がイイのかも。で、D4は燃費経済性だけかといえばそうでも無く、特に2000rpm前後のパワー感がいい。もちろん20㎞/L以上走る燃費はうれしい。でもツインエアーは上の方で伸びるから回して乗る楽しみは大きい。だから自分でもドッチがイイかわからなくなっている。4×4の部分が大きな魅力ではあるが、FF2駆だってパンダはオモシロいし、軽いFF車は雪道でもフツウに走れるから、今の時点で仕切り直して新しく買うにはドレがいいか、と考えるとこの3台の中からどれを選ぶかわからなくなっている。もう少し時間をかけて考えれば判るのかもしれないが、わからないような気もする。はっきり言えることは、現実に今所有しているクルマに十分満足しているということだと思う。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
Panda 4x4 はとても魅力的なモデルですね。限定車とのことですが、手持ちの車両が車検を迎えるときに乗り換えられるよう残っていて欲しいとか、AT 仕様ならもっとよかったのにとか仕様もないことが頭を巡っています。また 4x4 の楽しいお話をお聞かせください。
【2014/11/30 21:36】 | YasuakiH #8iCOsRG2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫