クルマのある風景(297)=BMW 2シリーズ・アクティブツアラー

 2014-11-25
BMWに2シリーズ登場。
ミニとの共通化は以前からリリースされていた。が、外観はもとより乗るとまったく違うクルマに仕上がっている。

297-01.jpg
ノーズ部分は3シリーズと見分けがつかない。218iという呼称の1・5リッター3気筒6ATに試乗した。個人的にはFR3シリーズより好感をもった。というか最近のBMW車の中では一番好き。

297-02
プレゼン資料より。

297-03
3気筒と4気筒エンジンもミニと同じ。

297-04
室内もこれまでのBMW同様に高いクォリティをもって仕上げられている。

297-05
ガラスサンルーフには電動のシェードが備わる。

297-06
唯一気になったのは、ピラーの内貼りが白になっていて映り込む。前方が暗い背景だと見にくい。三角窓は下のパネルが下降していて見やすくなっている。

297-07
試乗車は用意されていなかったが、225iXには4気筒2リッターが積まれ4輪を駆動する。

297-08
後ろからみてもBMW。

  個人的には3シリーズはもとより、5シリーズもFFになるとイイと思う。更に言わしてもらうならば12気筒(縦置き)のFFも乗ってみたい。BMWが作れば面白いクルマが出来上がると思う。売れるかどうか判らないが興味あり。全車がそうなってしまうと面白くないし、FRはFRなりの個性をもってずーっと残すのもアリとは思うが、やはりスッと遅滞なく動く感覚はFFの方がイイ。単にパワーをもって豪快に走ることが楽しいということでもないようなきがする。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
今回も他では見ることができない含蓄のある記事で、まったく恐れ入ります。

私も、トルセンデフが付くのであればFRしかないと考えますが、最近ではVSCもTCSも付いてしまいますから、故意にそれらをカットしない限りFRらしい楽しみは表現できません。

また世の中はエコで小排気量志向ですから、この点でもFFの欠点が表れにくく有利です。

強いて差を探せば、FFに比べてFRはハイトの高いタイヤを履いてもコントロールしやすいことくらいでしょうか。しかしこれも最近はロープロファイルが一般的になったので、FFの弱点とはなりません。

詰るところ、FFの欠点が現れにくい時代になったと思います。横っ飛びするくらいにまで攻め込めばFFもFRも関係ない挙動が出ますが、FFとFRの違いを感じる程度のペースでは、電子制御が勝手に挙動を押さえ込んでしまうように感じます。

だったら、FRに拘らなくても良いんじゃないのというご意見にはまったく賛同いたします。トルクステアも含めて、良いサスペンションが設計できるようになってきていますしね。
【2014/11/26 00:39】 | Rotarycoupe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫