クルマのある風景(302)= 美濃白川の山村暮らし

 2014-12-05
南丹・美山へ、ついでにちょっと京都へも寄りました。

302-01.jpg
朝4時頃岐阜白川を出て、今回は琵琶湖の北をまわって朽木から南丹に入る。その峠がパンダの後方「佐々里峠」。朽木から美山までクルマ1台もすれ違わなかった。

302-02
狭い山道のわきには滝のような急流もあり。民家もまばらで人影もない、この辺で小熊と大きな猿とリスに出会った。ほとんど2速・3速で走る登り下りの急坂とヘアピンカーブの連続。

302-03
美山に近くなり由良川のほとりには落ち葉のコラージュ。綺麗。

302-04
道端にはこんな東屋風の休憩所がある。お弁当をたべるのには最適。

302-05
美山の茅葺民家の集落。前回はムルティで来て一泊した。横浜からの京都行きで市内の定宿東横インにも飽きて、近くに民宿はないかと思ってネットで探したところだったが、南丹市といっても京都周辺と勘違いしていてこんなに離れているとは思わなかった。でもイイ所だったのでまた訪れてみたくなった。

302-06
そして京都ではまた北山の進々亭でランチを食べ、四条の錦市場へ。なぜか外国人の観光客が増えた。

302-07
よもぎ餅を焼いて食べさせてくれる店あり。1個160円。食べながら歩いて観光。

302-08
「ぐらい」という表記が面白い。始めはもっと沢山いてサイズによって適当に値付けしてうったのだろうか。

302-09
錦市場ではこんなものも売っている。いちおう買ってみた。

302-10
焼きサバは基本的にはウマイ。けど、料理するその人によって味はサマザマ。マルヒメの焼きサバ寿司だってお婆さんが作ったものと若い人が作ったものではまったく違う。で、最近は寄らなくなってしまった。

302-11
パンダ4Dは車高が高いので立体駐車場には停められず、ダイマルに停めて歩く。2時間以内なら3000円以上の買い物で無料になる。地下の食料品売り場でカブの千枚漬けを買って帰る。写真のここはご存じ五条大橋のたもとにある弁慶と牛若丸の像。京都を出たのは5時頃。帰りは琵琶湖の南側を通り、関ヶ原からR21、R41と抜けて黒川には11時半戻り。この日は約20時間のドライブで540㎞ほど走る。ドラコン燃費は23㎞/Lくらいで軽油は130円くらいに安くなったから、この日の経費は3000円といったところ。安いでしょう。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫