クルマのある風景(322)=美濃白川の山村暮らし

 2015-02-27
横浜戻り。

322-01.jpg
ちょっとブログの更新が滞ってしまいました。これは今月はじめ頃に横浜へ帰る時の風景です。朝8時頃ケモノよけの電線も張って戸締りOK。晴れてきて青空も顔を出し気持ちのよいスタート。

322-02.jpg
恵那に抜ける遠ヶ根峠はこの時間まったくの日陰。路面は凍結しているし樹木は樹氷になっていて美しい。

322-03.jpg
シャーベットが凍っていてジャリジャリと音を立てるけど、この程度ならノーマルタイアでも走れる。光があたって溶けだして水が流れ出すとよく滑る。

322-04.jpg
枯れ木や枯れ枝は氷結して白い花が咲いたように見える。こちら側は光が少ないのでモノクロ写真のようにも見える。

322-05.jpg
この辺は峠の頂上付近で青空が部分的にあって白と青の対比が美しい。蛭川村から恵那にかけては晴れ。山ひとつ越えるとこんなに違う。この日は峠ですれ違ったクルマ1台もナシ。

322-06.jpg
一気に移動して、こちらは国道1号線の箱根を下って西湘バイパスに下りたところの風景。雨も止んで虹がきれいに見えた。

322-07.jpg
二重の虹の一方は相模湾の海に架かる。その端末も海に反射してキラキラ。こんなに濃い色の虹を見たのは初めてかもしれない。この日の移動は休憩も給油も全部入れて約9時間。明るいうちにもどれた。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
何時もくだらない投稿するな
【2015/02/28 19:04】 | 石井 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫