クルマのある風景(326)=美濃クラシックカー・フェスティバル

 2015-03-22
うだつのある古い街並みで知られる美濃市、その街中をクラシックカーがパレードしました。

326-01.jpg
市役所内の駐車場で待機するクルマ。日本車のほうがやや多いかもしれない。
326-02.jpg
ドイツ製3輪車。正確な名前はあとで調べます。
326-03.jpg
アルビス。
326-04.jpg
フォードA。
326-05.jpg
三菱デボネア。
326-06.jpg
フィアット・チンクエチェント。
326-07.jpg
ピニンファリーナ・デザインのブルーバード410。
326-08.jpg
トヨタ2000GT。
326-09.jpg
トヨタ・スポーツ800。
326-10.jpg
マツダ・コスモ。
326-11.jpg
マツダ・ファミリア・バン。
326-12.jpg
イスズ117クーペ。
326-13.jpg
トルコ・ケバブの屋台車。
326-14.jpg
紙芝居の自転車。黄金バットの絵が入っていた。水飴は見かけなかった。
326-15.jpg
当時の若者たちも当時流行ったこんな服装で参加。
326-16.jpg
マツダ・ファミリア・ロータリークーペ。
326-17.jpg
スバル450.
326-18.jpg
マツダR360クーペ。
326-19.jpg
シボレー・コルベット。

 読者の方から教えていただいて見学に駆けつける。関東方面の旧車ファンにはあまり馴染みの無いイヴェントではあるが、日本車の古い型のクルマも大事にきれいにして保管されているんですね。文化遺産なんですからイタリアのように古い車は無税にしてもらいたい。そんな風潮を一般化するためにもこうしたイヴェントはもっと盛んになるといいですね。これは3月8日に開催されたものでブログ上梓は遅くなってしまいました。毎年この頃に開催されるようです。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(2)
コメント
スミマセン、教えてください。
マツダコスモの次の青い丸目のワゴン車は何でしょうか?
【2015/03/22 15:19】 | filmore #- | [edit]
青い丸目のワゴン車は初代ファミリアバンですね。
当時マツダ(東洋工業)の主力は3輪トラックで、この需要のことも考えてセダンより先にバンがデビューしたのかな。記憶が定かではなく申し訳ないです。当時ホンダも乗用車より先に軽トラックを作っていたはずで、今では想像もつかないような戦後復興期の時代背景があったのでしょう。

ファミリアロータリークーペ、砲弾ミラーとホイールリングから写真の車は70年にマイナーチェンジしたプレストロータリークーペGSでしょうか。オリジナルが保たれていて素晴らしいです。個人的には通常型ミラーとホイールキャップを持つ、デビュー直後のロータリークーペが懐かしいですが、見かけることは本当に少なくなってしまいました。このファミリアは現代の軽自動車と同じ全幅でありながら、そう思えないほど当時のデザインは存在感があります。現代の小型車にもこのような存在感のあるデザインが欲しいです。
【2015/03/23 00:16】 | Rotarycoupe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫