クルマのある風景(327)=パンダ 4D

 2015-03-22
パンダでこんなことがありました。

327-01.jpg
突然、赤いオイルランプ点灯。すぐ路肩に寄せてオイルチェック。今現在4つ目の銘柄をテスト中で、CARBOX横浜にて数日前に交換したばかり。なので当然オイルレベルはフルだし透明度ある新油がゲージについてくる。

翌日、CARBOX豊橋の方が近いので工場に持ち込んでチェックしてもらう。横浜店にも連絡してオイルに問題がないことを確認。原因は不明ながら、そのまま走って横浜に移動することにする。道の駅掛川付近で、今度は黄色いビックリマークと共にエンジンマークも点灯。ここに至ってそのまま走る気にもなれず、掛川でレッドポイントの赤座さんに電話。するとそのまま走り続けるのはマズイ。最近のエンジンはコンピューター制御なので、やはりどこかに問題があるのかもしれない。そのまま走ると機械的には問題なくともコンピューターが判断して、大事を採って回転を制限するなどの制御が介入するかもしれない、という。結局は赤座さんに積載車で救援にきてもらうことになった。

327-02.jpg
待つこと3時間ちょっと。各務原から掛川まではこの前ムルティのラジェーター破裂できてもらった静岡のときより少し近い。しかしチェックするためのコンピュータなども積むための準備もそれなりにかかったはず。掛川で診断してもらった結果は、オイル交換時にコンピューターの方をリセットしていなかったために、初回から3万kmほど無交換で走ってしまったことになっていた。

  作業時間も含むと5時間半の休憩となったが、基本的には問題ないことがわかった。とにかく赤座さんあなたは神様です。どうもありがとうございました。その夜12時少し前に無事帰宅されたとメールあったが、我々はそれより少し遅れた。ついでに夕食も食べて帰宅。オイル交換など昔は自分でやったもので、コンピューターの数字リセットなど無かった。不便な世の中になったもんだ。ちなみに赤座さんの積載車にはアルファ156ワゴンが載っていた。あのクルマは赤座さんが独自にチューンナップを施した仕様になっている。いつか別の機会に乗せてもらおう。

  新しいクルマになっても足止めを食らうことはあります。また個人のパソコンですがアップデートのサインを迂闊に受け入れてしまった結果、パスワードを忘れてしまったりしてモタモタしていたらロックされてしまった。メールが使えず数週間たってしまったり、このところちょっと不運。ブログ更新が滞ってしまったのもコノせいにしてしまおう。いろいろ予期せぬことが起きるもんですね。パンダ君はもちろん快調に距離をのばしており、これを書いている時点で3万4000kmに達した。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(2)
コメント
嫁の車も、オートライトの感度を変更するだけでディーラーのパソコンの世話になりました。キーレスの登録のように、車体側で何か決まった操作をしたらリセットと設定変更がされることを期待していたのですが、最近の車はソフトの入ったパソコンがないと何もできないことを痛感しました。

これではオイル交換も、ディーラーへ行きメーカー指定の銘柄を指定の時期で交換するしかなくなってしまいます。欧州のように2年または3万キロが指定されているならそれでも良いかもしれませんが。ちなみに一部欧州車ディーラーで言われる1年または1万5千キロは、上記2年3万キロに日本の交通事情によるマージンをとったものらしく、日本車の取扱説明書にある1年または1万5千キロとは指定オイルの性能も含めて技術的意味がまったく違うものであると聞いたことがあります。このあたり一度整理してみたいところです。
【2015/03/23 00:34】 | Rotarycoupe #- | [edit]
笹目さん。今晩は!!

笹目さんのPANDA 4x4. ちょくちょくお目にかかります。

自分のPANDA 4x4も、黄色い三角マークが点灯して、ウイングオートでチェックしてもらいました。

原因は、排気系が問題だった様でresetしてもらいました。
【2015/04/03 19:21】 | 小木曽 好彦 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫