クルマのある風景(334)=レンジローバー・ディスカバリー・スポーツ

 2015-04-16
RRディスカバリー・スポーツのプレス試乗会は西湖周辺で行われた。

334-01.jpg
パッと見るとイヴォークに似ている。中身もイヴォークそのものに近いが、3列シート7人乗りのお手頃サイズSUVの中では高級な造りがウリ。

334-02.jpg
イヴォークのようにルーフが低くはなく、ドアもフツウに大きくクォーターピラーも太い。標準車SEは17インチタイアを装着。

334-03.jpg
シフトレバーもサイドブレーキレバーも無くて、センターコンソール周辺はスッキリしていると言えるけど、個人的には普段慣れ親しんだ風景とは異なりとっさの場合などの操作に対する不安もある。慣れれば解決するのだろう。

334-04.jpg
ボディ外販にはアルミが使われ、車検証重量は1・9トンを超えるけれども、外側が軽いと向きが変わる瞬間などの慣性重量は軽く身軽な印象を受ける。スポーツを標榜するゆえんでもある。

334-05.jpg
エンジン上方にはこんな空間もある。さらに対歩行者用エアーバックも用意されている。

334-06.jpg
プレゼンの資料より。全長が短めなこともスポーツを名乗る要素のひとつ。

334-07.jpg
ハルデックスのセンターデフはユーザーにアウディを加えてから劇的に改良された・・・と個人的には思っている。オン/オフではなくやはり4WDはフルタイムが基本。

334-08.jpg
こちらはHSEという高級仕様。タイアは18インチとなる。

334-09.jpg
乗り心地も含め、乗り味としては17インチ車の方が動きも軽快で好感がもてる。

 このクルマを普段のアシに使える人にとってはイイ買い物だと思う。クルマ自体はよくできている。 SEで492万円。フルオプションの最高価格車は692万円。

スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫