クルマのある風景(335)=パンダ4D

 2015-04-16
パンダ君、快調ではありますがパンクに見舞われました。

335-01.jpg
RRの試乗会で西湖に向かうとき。籠坂峠付近はこんな風に雪景色。

335-02.jpg
西湖の湖畔にて。

335-03.jpg
その前日ボルボ試乗会で真鶴に行ったとき、会場に着いてクルマから降りて何気なく振り返ると、右後輪がつぶれているのを発見。ジャッキであげてタイアをまわしてみると、釘がブッツリ刺さっていた。
  
335-04.jpg
たまたま道を挟んだ反対側に自動車修理工場があって、そこに頼みこんですぐ修理してもらう。タイアを外すでもなく、ジャッキであげたまま数分で終わる。修理代金は2160円。もうそろそろ交換時期ですね・・・といわれる。

 36000kmにして初のパンク。というよりムルティでバーストして以来かな。ま、パンクなんかは時の運ですね。いつでもどこでも起こりうることです。ああ不運!。でもすぐ直って簡単に処理できてラッキー!でした。CARBOXはスペアタイアを積んで売っているのでパンク修理キットは入っていないんですね。完全にバーストしてしまったときにはもちろん助かるのですが、こんな簡単なパンクなどは自分で修理してしまったほうが早いかもしれません。アレも技術を要するので事前に練習が必要かも。私も以前は自分でやってました。
スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(2)
コメント
事故もお怪我も無くてよかったですね。イザと言う時にドライバーを守るのはクルマが持つべき大きな役割だと思いながら拝読しました。

ところで最近のクルマはパンクしにくくなってる気もします。うちのPOLOも10年前の9Nモデルではスペアタイア、5年前の6Rモデルではパンク修理キットでした。タイヤの進化や車両の軽量化もあるのでしょうか。

フィアットのWebサイトによると現行PANDAもリペアキットでした。笹目さんの車両もそうですか?
【2015/04/18 09:19】 | YasuakiH #8iCOsRG2 | [edit]
祭りと花は絵に成ります
この程度まで減ると、刺さりやすくなる。
外して貼って養生すると高いので
仕事で車を使ってた頃は全交換何回かしました

限界4,5万キロ
スタッドレスとしては良く持ちますね
【2015/04/19 12:43】 | 農家 #Gc2eJV/2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫