クルマのある風景(342)=岐阜へ

 2015-04-30
コンチネンタルCC5。

342-01.jpg
コンチCC5はマレーシア製と書いてあります。外したタイアはチェコ製でした。

342-02.jpg
ラウンドショルダーでCPは高すぎず、切り始めはマイルドというか過敏でないところがイイ。ゆえにUSはやや増した感じ。静かで乗り心地がイイところが最大の美点。転がる感覚も上々で燃費にも貢献しそう。

342-03.jpg
自製の麦飯石臭い触媒マフラー?はあれから1100kmほど走ったがもちろん効果は持続している。麦飯石はほとんど汚れていないけど、写真を撮って拡大して見るとステンレスの金網に少し黒いススが見受けられる。針金を隠す処理は忙しくてまだやっていない。横浜に帰ってタイアとオイルを交換してすぐまた岐阜に向かった。
・麦飯石=二酸化ケイ素ということは、ゼオライトもそうだから、放射性物質セシウムやストロンチウムなどを除去する効果もあるのではないか?・・・とすると福島の放射能汚染水なども濾過できるかもしれない。考えた人はいないのだろうか。圏内全部にばら撒くほどの量の確保は難しいんでしょうネ。でも中国から輸入すれば・・・。

342-04.jpg
このうち100kmくらいはCARBOXの往復と横浜市内の走行。これで給油すると20リッターと言ったところか。

342-05.jpg
で、その総平均は車載のドラコン数字で23・0km/Lだからかなり良い。少なくともウチを出発したときは18・8km/Lだったし、箱根を越えて沼津でやっと20km/L台にのった。その後のR1やR257は連休中ゆえそれなりにクルマは多く平均速度は39km/hでしかない。このタイアCC5はよく転がる、さらに走行音も静かという印象をもった。

スポンサーサイト
カテゴリ :クルマ旅 トラックバック(-) コメント(2)
コメント
このタイヤ、ヨコハマが扱っているんですね。
自分の車にあるサイズがあれば試してみたい、って思ったのですが、残念です。


BP5レガシーですが、特に飛ばすわけでもないので
音とか摩耗性とか、そういうのにこだわって使いたいのですが、
交換のタイミングで、廉価のコンフォートタイヤにしています。(国産メーカー品、製造は東南アジア)

前回の記事で偏摩耗の少なさにちょっと驚いています。

【2015/04/30 20:09】 | こうじ #- | [edit]
コンチネンタルは横浜の子会社らしい
バルムタイヤの工場製かな

角が丸くなるタイヤは雨天雪道でのグリップが落ちます。
終期まで角が落ちないのはピレリーと
国産短寿命高級タイヤですね。
【2015/05/04 12:17】 | 農家 #Gc2eJV/2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫